『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:派遣社員の経理から、正社員・事務職への転職に成功!──だったけれど・・・?


25

転職前

BEFORE
職業
教育・保育
職種
経理
従業員規模
501~1,000名
年収
200万未満
会社名

転職後

AFTER
職業
メーカー
職種
事務
従業員規模
5,001名以上
年収
250万~300万
会社名

目次

あいさんの転職ストーリー

1これまでの私

26歳の頃から、派遣社員として、経理のお仕事を。

当時私は29歳で、契約社員として学校法人の経理を担当しておりました。
繁忙期である決算時期は残業もありましたが、基本的には定時で帰れる仕事でした。

経理というと「簿記の資格が必要」というイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。
かくいう私もその一人で、入社前に資格を取りましたが、実務経験がまったくなく、最初はかなり不安な気持ちもありました。

ですが、実際の経理の仕事は簿記をさほど使えなくても、出来ることが多かったように思います。


今の会社でもそうですが、最近は経理システムが大体自動でやってくれるんですよね。貸方借方や科目の分類さえ分かっておけば、全くの未経験者でも問題なく処理できるのです。

私は契約社員でしたが、実際ほぼ一人チームだったこともあり、正社員以上に忙しかったですね。
自分の技量はその分上がっていきましたが、他チームの社員は普通に定時に帰るなか、自分だけ残業だったりと、不満を感じることも多々ありました。


2転職のきっかけ

契約社員3年目にさしかかり、将来を考えることも多くなりました。

次の契約満了時には30歳。──転職するには厳しい年齢になってくるな、という思いがありました。
かといって現状の環境に満足しているかというと、、、仕事内容や環境、どれをとっても及第点とは言い難く、、、優秀な人はすぐに辞めてしまうような会社でした。

私から見ても、若手社員は若干頼りなくて、、、上もそれを理解してか、彼らの仕事のフォローを私に任すようになったりと、やや悪循環な状況でした。

そんな状況でしたので、私はあるときふとした会話の流れから、上司に向かって

私、ここで長く続けようという気持ちはあまりありません

ということを言ってしまったのです。

すると、その上司はすぐに、派遣の若いスタッフ(紹介予定派遣の方でした)を一人採用し、かつ、私の上の役職にあてがってきたのです。
──まるで、いつ私が辞めても大丈夫だといわんばかりに。

・・・なんだか、もうそこでやる気がなくなりました。

ここまで私なりにがんばってきたので、「やりきった」感もありました。

ここで「こんなに頑張ってるのに」と思うより、「この経験を次の環境で生かそう」と思うようにしようと、私はこの会社を去ることを決めました。


3転職中

転職活動中は、・・・とにかく不安でした。

最初は「これから転職するんだ!」という思いもあって、求人へ書類審査も大体パスできて、勢いを出せていましたが、
面接の選考ではやっぱり、結構な数を落とされましたね。


転職サイト、転職エージェントを複数登録し、ハローワークにも行きました。

ですが、ハローワーク求人は私には合わず、転職エージェントはメールが多く来るだけで自分の意向とは異なるものが多かったです。
──で、結局は自分で動いて探せる「転職サイト」が一番性に合うと思い、そこをメインに活用しました。

何度も心が折れそうになりましたが、同時期に転職活動していた友達がいたのはありがたかったです。

「お互い不安だけどやるしかないよね!」と励まし合って、不安定な時期をなんとかやり越したのです。また、友達とほぼ同時期に内定を貰えたのも嬉しかったですね。
転職って、やっぱり孤独に陥りやすいものだと思います。ですので、そんなときに何でも相談できる人が一人でもいるのといないのとでは、全く状況は変わってくると思います。


転職活動期間は、およそ2か月間。
内定を貰い活動が終わりを告げた途端に、一気にどっと大きな疲労がやってきたのを、今でもよく思えています。



4転職後

転職先は、業界では上位に食い込む上場企業。

私は転職先のメーカー会社の、正社員として入社しました。

(これだけの大企業だし、社内体制や福利厚生もしっかりしてるのだろう)

そう期待していたのですが、入社1日目でその期待は儚く打ち砕かれました。

社員のデスクはプリント物が乱雑に積まれ、フロアは清潔とは程遠い状態で、いたるところにホコリが溜まっていました。
デスクの引き出しを開けたら、他人の資料がびっしりと入っていて、自分のものを入れる余裕もありませんでした。

一日に何度も、上司の怒鳴り声が聞こえてきました。
よくよく聞いてみると、精神的に追い詰められて休職と復帰を繰り返している方が何名もいるとのこと。


更には、育成する担当の人の教え方が、みんな揃って下手なんです。それでいて、こっちが間違えると本気で怒ってくるのです。
「朱に交われば赤くなる」とでも言うのでしょうか。「社員に教える」文化というか風土が培われていない組織なのだな、と思いました。


最初は頑張ろうと思っていたのですが、無理に合わせていこうとしていくうちに、疲労がどんどんたまってしまい、、
身体が壊れる前に結婚して辞めようと、心に誓いました。


5その後、どうなったか。

転職を終えて、新しい職場にも慣れて、いま思うことは──。

「振り返って、今思うこと」…ですか?

そうですね、「人の優しさのありがたさ」を知れましたね。つらい時って、優しくされると本当に救われます。

あと、「世の中にこんな人間がいるんだ」と勉強になりました。これは、反面教師的な意味合いも込めて。
私の感覚ですが、上場企業のような大きな会社よりも小さい企業の方が、私の将来のことを考えて助言してくれる人が割合として多かったように思いました。


◇ ◇ ◇


あと、「好きな人を支える仕事がしたい」と思うようになりました。

今ままではやりたいこともなく生活のために稼ぎ、やりがいが多少感じられれば良いと思ってきました。
今回の転職を経て、いろんな人と出会って、自然と、「これからは誰かを支えたい」という気持ちが強くなりました。

今回の転職が私のゴールかというと、そうではないと思います。もしかしたら、次へのステップの繋ぎのような感じなのかもしれません。
ですが、ここでもいろんな人と接して、新しい環境に触れていき、成長することはできると思っています。


良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.17
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

>