『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:「転職後の職場が全く馴染めない」──そこで僕が思ったこと、振り返ったことは。


14

転職前

BEFORE
職業
農業用品・工具の販売
職種
販売員
従業員規模
100名
年収
360万円
会社名

転職後

AFTER
職業
小売業
職種
販売事務
従業員規模
1,000名
年収
320万円
会社名

目次

カモシカさんの転職ストーリー

1これまでの私

鹿児島の地で、農業用品・工具の販売の仕事をしていました

転職したのは今から一年前。

当時僕は、農業用品や工具等の専門の商品の接客、販売業の仕事をしていました。


家族構成は一人暮らし。仕事中心の生活でしたが、「その中でどうやって毎日を楽しく過ごせるか」をいつも考えてました。


職場では、「もっとこうしたら良いんじゃないか」と思いついたらそれを工夫して取り入れてみたり、部下の面倒をみたり。
…あとは、負けん気も強かったり、ちょっと短気だったり。


仕事に関しては、それなりに充実して、やりがいをもって向き合えていたと思います。


2転職のきっかけ

仲間たちが、ひとり、またひとりと辞めていって

転職のきっかけは、同期の仲間たちが次々に退社していったことですね。
なんだか、「取り残された」気持ちがすごく強くなっていって。

(俺自身も、このままでいいのだろうか・・・)

そう思っていくうちに、「自分も転職したほうが良いのかな」という気持ちがだんだん色濃くなってきたのです。


更には、職場で「一番の親友」としていた仲間も退職が決まって。そこからはもう、「早く自分も転職しよう!」の一点でした。

ところで、この当時のことを振り返ってみると、ちょっと不思議な気持ちになったりします。


だって、今思い返すと、結局は「同期が辞めていったから」。それが唯一の転職理由だったのですから。
僕が会社を辞めようと思った理由は、それ以上でもそれ以下でもなくて。

もちろん当時は、職場のここが不満だ、体制のここに疑問がある、とか、もっともらしいことは色々思っていました。
だけど、それらは今になって見てみると、あまり大したことではなかったな、と。


ただただ、苦楽を共にした同期が辞めていくのを、そこに留まって眺めるだけなのが辛くてしょうがなかった。

誰だって、その立場になったら、そう思うなんじゃないでしょうか。


3転職中

辞めようと思っても、「じゃあどこで働きたいか」が分からない

転職活動中は苦労しましたね。


なにより、「転職先を探す」ことに苦労しました。

そもそも、ここで働きたいという企業自体、見つからなくて。

常にイライラしてました。

なんとか「まあここなら良いかな」と思ったところでも、面接日程の調整が大変だったりして。(僕は在職中から転職活動をしていたので)


この時期、助けになったのは、相談を聴いてくれた友人(少し前に退職を決めた同僚たち)と、リクナビNEXT経由でサポートしてくれた転職エージェントの方でした。

友人達からは、「諦めるな」と何度も励ましてくれて勇気を貰えました。

転職エージェントの方からは、履歴書の作成フォローや面談シュミレーションをやってくれて、とても助かりました。


だけど、なかなか内定は貰えずで。何度も面接に行っては落とされました。悔しかったし、気分も無性に苛々しましたし、、、大変でしたね。


何度かの面談を経て、ようやく僕は、小売業を営む会社の販売職の内定を貰えました。


4転職後

転職後の新しい職場で、待ち受けていたものは──

転職後がどうだったかというと、正直あまりなじめませんでした。


なによりも、仕事内容が嫌でした。
面談の時に提示された職種と違うところに配属されまして。
それがどうしても納得いきませんでした。


前職よりも年収を下げてまで入ったのに…。なんでだよ…」と、いつもそんなことを思いながら仕事をしていました。

そんな感じだったんで、勤務姿勢にも出ていたのでしょうね。
良く上司に怒られました。

(しかも30にもなって、なんで俺は毎回こんな風に怒られなきゃいけないんだろう)

そんな風に年甲斐もなくいじけていました。若い子ならともかく、30のオッサンが不貞腐れて暗い顔して背中を丸めてて──。

まあ、傍目から見たらなんとも見苦しいものだったことでしょう。ですが、そんな僕に対して同僚の人達は励まそうと声をかけたり、飲みに誘ってくれたりしてくれました。

──そうなんです、同僚の人たちは、良い方が多くて。人間関係は(その上司を除けば)とても良い職場でした。


職場ではやはり、人間関係が一番重要なんだと思いましたね。

でもやっぱり、仕事内容は嫌でしたけど(苦笑)。


5その後、どうなったか。

ようやく少しずつ、今の状況を俯瞰して見れるようになってきて。

これから転職しようとする人に僕がアドバイスできることがあるとしたら、それは「転職先はしっかりと調べて決めないといけない」ということですね。


「転職しなければならない、でもどこもあまり興味はない・・・。でも早く決めないと」──そんな風に焦ってもあまり調べもぜずに転職してしまったのが、今回一番よくなかったと思っています。


良かったことは、職場の人間関係。
仕事はやっぱりチームワークが良くないと上手くいかない・・・当たり前のことですけどね。そしてその、当たり前のチームワークを良くするためには、人間関係がなによりも大切。今回の転職ではそれを学べました。


残念に思えることは、なによりも業務が楽しくないこと。そして、給与が下がったこと。
さすがに業務は段々と慣れてきましたが、モチベーションは未だに低いままです。


◇ ◇ ◇


え?結局、僕のやりたかった業務は何だったのかって?

それは、商品開発です。自分の考えで企画して、商品として形にしていく──そういうことをメインの仕事にしていきたいと、ずっと思っていて。
──現時点は、そこからかなり遠い業務内容なんですが。


でも、諦めてはいません。いろいろな業務を覚えて、店長になればきっとその道は開けてくるだろうと。
更には、将来的に管理職につくまで頑張っていきたいと思います。

そして、部下を育てて、また気の合う仲間たちが出来ていって、そういう人たちと本気で仕事が出来たら、最高ですね。


そのためには、向上心を忘れずに、そして、もっとあらゆる仕事に興味を持っていかないとって、思っています。
──わかってるんですよ、自分でも。今のままの自分じゃダメだってことも(笑)



「カモシカさんと境遇が近い…」という方にオススメの転職サービス

業界大手の転職サービス。全国、全業界にわたる情報の網羅性が高い──リクルートエージェント

サービス名 リクルートエージェント
特徴 転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

質の高いサービスが評判!未経験業界へのキャリアチェンジもしっかりサポートしてくれる──WORKPROT(ワークポート)

サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)

業界別に、自身の市場価値、適正年収を診断できる。過去の転職実績データ、現在の企業の求人状況から算出──MIIDAS(ミイダス)

サービス名 MIIDAS(ミーダス)
特徴 200万人の転職実績データから傾向を分析し、転職者の市場調査を確認できるという、株式会社インテリジェンスが運営する転職支援サービス。
「面接確約」のオファーメールが届くのも、他の転職サイトにはない嬉しいポイントです。
企業名 株式会社インテリジェンス(1989年6月)

カモシカさんが利用された転職サービス「リクナビNEXT(リクナビネクスト)」▽

サービス名 リクナビNEXT(リクナビネクスト)
特徴 求人企業の多さは安定の国内No1!。転職を少しでも検討し始めたら、まずは登録して間違いのない、ブランド力、実績共に信頼できる転職サイト
企業名 株式会社リクルートキャリア(1977年11月)

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.67
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

>