『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:8年間システムエンジニアで勤務。人間関係に疲れ、転職して、その後。


10

転職前

BEFORE
職業
IT企業
職種
システムエンジニア
従業員規模
300名以下
年収
400万円
会社名

転職後

AFTER
職業
IT企業
職種
システムエンジニア
従業員規模
300名以下
年収
450万円程度
会社名

目次

テンショクさんの転職ストーリー

1これまでの私

システムエンジニアとして就職して、8年が経過して。

私は比較的小さなIT企業で、システムエンジニアの仕事をしていました。

もともと、プログラムなどは大学に入るまでは全く触れてこなかったのですが、IT系の企業がこれからどんどん盛り上がって来るという話をよく聞くようになって。
それで、私は「情報系に強い大学」を選択し、実家のある静岡から東京の大学に通うため上京しました。


その後IT企業に就職して、8年程が経過しました。

その頃私は30歳目前。


彼氏もおらず、たまにある休みは一人で海外に行ったり、国内の変わったところに旅行に行くことでストレス発散をしている独身女性でした。


趣味ですか?──そういうのは、あまりないかもしれません。

あるとすれば、仕事終わりに週2回程度ジムに行き体を動かしていたことくらいでしょうか。

ジム通いも、仕事中ほとんど座って作業していて運動する機会がほとんどなくなってしまい、健康診断で引っかかってしまったことがきっかけでしたから。



2転職のきっかけ

批判の目が、私だけに集まってくる。

私がもともといた会社は非常に働きやすいという評判のある会社で、就職活動の時なども先輩たちが非常に親しみやすい人たちで、

(きっとここは、居心地のいい会社なのだろう)

と思い、入社しました。

ですが、入社してしばらく経った頃に私はある小さなミスをしてしまい、そのことをきっかけにその「親しみやすい」雰囲気は少し変わってきてしまったのです。


思えばその頃、一人の女性社員が辞めたことが思い出されます。

その人は周りからの評判はあまり良くなく、信頼されていないような感じでした。

そう、まるで批判の対象がその人から私に移ったかのように、周囲の目が冷たくなっていったのです。


それ以来、私の仕事に粗がないかを徹底的にチェックされるようになり、小さなミスでもあろうものなら上司にネチネチと文句を言われるようになりました。


しばらく耐えていたのですが、だんだんと私に対する評価も低くなり、耐え続けている意味がわからなくなってしまいました。

この会社は表向きは非常に仲が良さそうなのですが、実態は「一人の人間を敵にして他のみんなが結託する」というやり方を取っていたのです。

私と同じことをした同僚は何も言われず、私だけが批判される──そんな状況でした。


そんな日がずっと続いて、私はとうとう転職を考えるようになりました。


3転職中

転職活動に踏み切って。そして、家族や友人達の協力も得て。

転職活動を始めた時に心の支えになったのは、家族の存在でした。

私の家族は「会社でうまくいかないようなら実家に帰ってきても良い」と言ってくれたので、その言葉を受けて心が少し楽になったことを覚えています。


また、大学の同期などにも連絡を取り、同業の会社がどのような感じなのかや会社の実態を事前にリサーチすることもできたので、最初の就職活動よりいくらか楽に進めることができました。

さらに、学生の頃は働くということがあまりわかっていませんでしたが、一度社会人を経験したことで、見えてきたものもたくさんありました。 例えば、「自分にとって譲れないものや妥協できる点」を身を以て実感した経験があるので、転職エージェントの方や求人企業との面談の際に自分のことを明確に話すことができたことなどです。


そして私は、無事転職を決めることが出来ました。

前職と同じ、システムエンジニアの仕事でした。


4転職後

転職先の新しい職場で、良かったこと。「やりづらい」と感じたこと。

新しい就職先においても社内いじめが完全にないかというと、そのようなことはありませんでした。

以前の私のように、明らかに目を付けられていそうだな、、という人がいて。
なんとなく、人は集団になるとそういう行動(いじめや非難の集中)が起きやすくなるのかもしれない、と思いました。


幸いなことに私の直属の上司はかなり良くできた人で、今のところ良好な人間関係で仕事を進められています。


特に転職してよかったと思う出来事としては、新しい会社では「人事の人たち」がある程度力を持っていることです。

そのため、私たちの訴えをすぐに反映してくれたり、人事を通して相談することができるので、匿名性のある処置や、泣き寝入りにならないようなシステムが存在することが新しい会社の良いと思うところです。


逆に転職して「ここは少しやりづらいな・・・」と思うことは、社内結婚している人が一定数いることです。
そのため、社内はアットホームな雰囲気が強く、それはそれで良い面もあるのでしょうが、新しく入ってきた身としては少しやりづらさも感じています。


5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うことは。そして、現在意識していること。

転職活動中に同期の友人と話している中で、

友人

「IT系の企業は基本的に男性社会で、女性は軽視されている」

という話を聴きました。

やや極論な言い方ではありますが、現状そんな傾向はどの会社でも(程度の差はあれど)存在すると感じています。


更に、これは私の「独断と偏見」によるリサーチですが、いじめられるような女性は、弱々しい人よりも、少し男性的な印象のある女性のほうが多いです。

私は友人からも「サバサバしている」と言われるタイプで、少し思うところがある場合には相手に直接文句を言ってしまうことがあります。

そのため、客観的に見ると社内いじめの対象となりやすい性格なのかなと思いました。


◇ ◇ ◇


最近は、新しい職場で「女性らしい一面」も少しは見せられるよう努力しています。

率先的にお茶出しをしたり、お菓子やお土産を配るなど、前の会社ではやらなかったことをすることで、周りからの目が優しくなったように感じます。


「そんなの、本質ではない」と思われる方もいるかもしれませんね。

でも、そう思う方はきっと、社内のいじめや不当な扱いを受けてこなかったからわからないこともあると思います。

誰だって、職場の人間関係は円滑に過ごしたいでしょうし、そして環境が安定しているからこそ、仕事にも精を出せるのではないのでしょうか。



IT・エンジニア向けにお薦めの転職サービス

1位レバテックキャリア

IT・Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。

2位Forkwell Scout

Forkwell Scoutは、IT・エンジニアに特化したスカウト型転職サービス

転職者へのスカウト率がなんと70%!かつ、スパム・DM的なスカウトがなく、エンジニアと企業との、かけがえのない出会いを創出していける求人サービスです。

3位DODA ITエンジニア

国内最大級の求人案件と信頼を誇るDODAで、さらにITエンジニア向けの転職に特化したサービスが、この「DODAエンジニアIT」です。 大企業や上場企業から中小、ベンチャーに至るまで多種多様なITエンジニア向けの求人にアプローチできるほか、業界に詳しい専任アドバイザーがしっかりサポートしてくれます。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

>