『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:シューズメーカー勤務。その後リストラを受け、衣類メーカーに転職!

転職前

BEFORE
職業
シューズメーカー
職種
営業
従業員規模
5名
年収
300万円
会社名

転職後

AFTER
職業
衣類メーカー
職種
商品管理職
従業員規模
1,000名
年収
300万円
会社名

目次

ゆうすけさんの転職ストーリー

1これまでの私

大学中退後に、従業員5名のシューズメーカーに転職して。

転職前の私は、大学中退後にシューズメーカーへ就職して三年目の営業職でした。

大学を家庭の事情で中退してしまったために規模の大きな企業に就職することが出来ませんでしたが、ハローワークなど支援サービスを利用して、地道に就職活動を続けていった結果、たまたまシューズメーカーに縁があって就職することになりました。

当時は両親と3人家族で実家から通勤をしていて、「いずれは家を出たい」という思いを抱えながら仕事に励んでいました。

何もわからない状態で入社をしましたが、小さい会社ということもあり比較的重要な仕事を任されることも多くありました。

不安も大きかったですが先輩社員にも恵まれ、一つ一つ仕事をこなしていくことが出来ていました。



2転職のきっかけ

頼りにしていた先輩が退職して。そしてその1年後に──。

もともと規模の小さな会社だけあって月々の売上に左右されてしまうことが多かったです。
経営状態の浮き沈みが激しい会社ではありましたが、それでも先輩社員がなんとか注文を受けてきているおかげで会社が成り立っているような状態でした。

ですが、その先輩社員も私が入社2年目の時に、”理由が分からないまま”退社することになったのです。

違和感がありながらも特に事情を聞くことは無かったのですが、その一年後に経営不振により事業縮小することとなり、私は会社都合で退職することになりました。

──おそらく、先輩が辞めたのも、そんな会社の将来性に起因してのことなのでしょう。


私自身もそのころは社会人という立場にもある程度慣れてきて、他の会社の情報などを聞く機会が増えていくことで自社の経営状況に不安を感じるようになっていました。
そして、

(いつか、もっと規模が大きくて安定した企業へ転職したい・・・)

という希望はありました。


ですが、そのタイミングが急に来てしまったのです。


ショックもありましたし、戸惑いも大きくありました。


そんな不安定な状態で、私は転職活動を始めることになりました。


3転職活動中

会社都合退職の宣告を受けてからの、転職活動。

退職は2ヶ月後ということに決まりました。

会社都合とはいえ、全く仕事をせずに転職活動が出来るというわけでは無かったので、ある程度の仕事を抱えながらの転職活動となりました。

初めての転職ということで右も左もわからない状況だったので転職エージェントに登録をしてどうやって進めていくべきか、何を準備すれば良いかなど必要な情報を得ることにしました。

会社都合での退職を告げられたその日に幾つかの転職エージェントに登録をし、その中で一番初めに連絡のあったDODAに依頼をして支援をしてもらうことにしました。

担当のコンサルタントはとても丁寧に説明をしてくださり、書類のやり取りや選考状況の連絡もとてもこまめにしてくださったのでスムーズに転職活動を進めることが出来ました。


そして、転職活動を始めてから2社目の面接で採用が決まり、無事に転職をすることが出来ました。


転職を終えての感想は、とにかく”ホッとした”ということです。
DODAの担当エージェントさんにも感謝しています。


4転職後

転職後の新しい職場で、待ち受けていた環境は。

従業員数5人のシューズメーカーから規模が一気に増えての、従業員1000人の衣類メーカーへ転職することになりました。

最初の1ヶ月は、新卒社員のように驚きと戸惑いの連続でした。

これまで少人数で仕事を回していたことで様々な業務を浅く広くというようなかたちで進めていましたが、転職先では自分の任された業務に集中出来る反面、高いクオリティを求められます。


「これまでの経験を活かす」というよりは「新たに一から学び直しをする」といった感覚でした。


それに加えて、シューズメーカーと衣類メーカーでは多少共通している部分はありながらも全く異なった業種であり、衣類メーカーとして覚えなければならないことも多くありました。


中でも印象的だったのが、エクセル(Excel)の扱いが全社員一定の水準で出来るということでした。

シューズメーカーに勤務していた頃は使いこなせるとはお世辞にも言えない程度のスキルだったので、転職後は周りと比べて余りにも劣っていたので恥ずかしい思いをしました。


5その後、どうなったか。

転職をして、気付けたこと。そして、これから目指していきたいことは。

今回転職活動をすることで、いかに自分の視野が狭かったかということに気が付かされました。

転職活動中に様々な企業へ足を運び面接をしてもらうことで自分自身を見つめ直し、自身の甘さを知る機会になりました。


また、今になって思えば転職前の自分の業務内容は、内容の薄いものだったと感じています。

職務経歴書を作成する際にも何か一定の成果を上げたわけでは無く、記載する内容には随分苦労しました。

これからまた転職することも考慮すると、自分の活動について「数値面」でもこだわっていく必要があると痛感しました。


また従業員数5人という狭い環境で仕事をしていた自分には、得意先との関わりがあるとはいえ「学ぶための場」が少なかったですね。

従業員数が多ければ多いほど関わりが増えていき、その分「学ぶ機会」も増えていくものだと思います。


そういった意味では、

(もう少し早く「転職」の判断が出来ていれば、もっと成長できたのではないか)

という思いもあり、少し後悔している部分もあります。


◇ ◇ ◇


転職活動中は、「こんな中身のあまりない自分を、採用してくれる企業があるのか」と不安になったことが何度もありました。

ですが、十分すぎるほどの転職先が見つかりました。

転職先には大きな期待と恩を感じていますので、その期待に応えられるよう自分の価値を示していきたいと思います。

現在の私が主に担当している業務は、「商品管理職」と言って数値面の管理が主な業務内容になります。

今後は商品管理職としてだけでなく事業部全体の数値まで管理できるような業務に取り組んでいきたいと考えています。


従業員数が多い企業は日々の学び・発見が多くあります。
その中で自分がどこまで上に進んでいけるかということを常に意識しながら、会社に貢献できるような業務に励んでいきたいと思います。



「ゆうすけさんと境遇が近い…」という方にオススメの転職サービス

全国20代、30代の転職成功実績多数!キャリアアドバイザーの親身な対応が評判の【マイナビエージェント】

サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)


職務経歴書や面談へのサポートも充実!全国展開のエージェント──DODA(デューダ)

サービス名 DODA(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)

初めての転職はじめ、20代の転職を専門のキャリアアドバイザーが手厚くサポート!──ハタラクティブ

サービス名 ハタラクティブ
特徴 ハタラクティブは、株式会社レバレジーズの運営する、20代に特化した就職・転職支援サービスです。
職歴がない方、正社員未経験の方含め、これまでの就職成功実績50,000人!若年専門のプロがパートナーとなって、就職・転職支援をサポートします。
企業名 レバレジーズ株式会社( 2005年4月)
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>
>