『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:医療事務から飲食業界へ、未経験の転職!


15

転職前

BEFORE
職業
医療・福祉
職種
秘書・経理や労務、総務など
従業員規模
300人以上
年収
300万円程度
会社名

転職後

AFTER
職業
飲食業
職種
販売店員
従業員規模
50人程度
年収
250万円程度
会社名

目次

a_honさんの転職ストーリー

1これまでの私

仕事のやりがいは、「人のためになること」。

私は父、母、姉が3人、弟が一人の6人家族で育ちました。


転職前は3年半ほどサービス業で店員をしていました。
店長に携わる経験もでき、大変ですが学びも多く、充実した毎日を送れていました。


その後は携帯ショップ店員に転職し、その次にずっと挑戦してみたかった医療関係の事務の仕事に就くことになりました。


なぜ医療関係の事務に挑戦したかったかというと、以前高校時代に商業高校に通っていたときに、授業で医療事務を学んで、そこで非常に興味を持っていたからです。


当時の仕事のやりがいは、「人のためになること」でした。

サービス業に従事したときにそのことに気づけて、「人に頼りにされることや感謝をされることが、こんなにもうれしいことなのか」と感じていました。



2転職のきっかけ

上司との関係性に、強いストレスを感じ始めて。

転職しよう」と考え始めたのは入社してから1年後くらいからです。


直属の上司が、とても感情的であったことが一番の理由です。

あまりに理不尽なことで怒ったり、無理難題を押し付けてきたりなど、私への対応はかなりひどいものでした。

そして、悪いときには悪いことが重なるものです。
スタッフ間のいざこざのトラブルにも巻き込まれたりして、私自身 精神的にかなり辛くなっていました。


それでも頑張ろうとは思っていたのですが、ある日そのトラブルについて直属の上司に相談したときに、ちょうどその上司の虫の居所も悪かったのでしょう。

上司

「(そのトラブルには)お前にも責任がある。それくらい、自分で何とかしろ」

と言われ、それ以外にも(ここに書くことが躊躇われるような)ひどいことを沢山言われました。

それを受けて、私はもう限界だと思いました。

(絶対にすぐにでも転職をしよう)

と、決めたのです。


3転職活動中

退職の少し前に、今の主人に出会えて。

私が退職を決意する少し前から、職員の方で相談に応じてくれる方がいました。
──その人は、現在の主人です。


職種は違いましたが、同じ職場で働いていました。
スタッフの方にひどいことを言われたり、上司からもひどいことを言われて非常に辛い思いをしていたのですが、主人に話を聞いてもらうことによって大分救われました。

そして、私が転職する少し前から付き合うことになりました。

私はが結局転職することになったとき、主人は非常に残念がっていました。

主人

「一番頼りにしていたのに、これからはだれを頼りにすれば良いのか」

と言ってくれて。そのような言葉を言われて、とてもうれしかったです。

辞めるまではとても辛かったですが、主人と出会えたのはなによりもの幸運だったと、今でも思います。


転職活動も主人のサポートを受けながら、なんとか次の職場を決めることが出いました。


4転職後

転職後の新しい環境で、待ち受けていた状況は。

私は退職してから、飲食店で勤めることとなりました。
飲食業界は私にとって、初めての分野です。


そのお店は以前からお客として数回利用したことがあり、とても気に入っていて、

(働くなら、こんなお店が良いな)

と思っていたからです。


主に接客販売で、お客さまの注文を聞き、レジをして商品を提供するという仕事内容で、特に難しいものではありませんでした。


職場のスタッフは20歳前後の大学生のアルバイトがほとんどでした。

最初のうちは(会話の内容が合うかな)というのが心配でしたが、みんなが楽しく話しかけてくれてありがたかったです。


さらに私は、入社してからすぐにリーダーにつくことになりました。
──と言いますのは、私が職場で最年長だったからです。


ですが、そんな状態にも臆せず、以前の店長経験を活かしつつ、みんなをリードし楽しく仕事をすることができました。


5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。

私は仕事をする上で、「人間関係」というものは切っても切れないことであり、働くうえで最も重要なのではないかと考えています。

いくらやりたい仕事で、仕事内容が楽しくやりがいを感じていても、人間関係がうまくいっていなければ、精神的に辛くなり続けることが困難になります。


私はどちらかというとすこし頑固なところがあって、「間違っていることは間違っている」と上司であっても言うタイプの人間です。

しかしそれが(行動として)適切とは言い切れませんよね。

仕事をするうえでは様々な考え方の人がいますし、その人の人間性、性格などを受け入れて上手にやっていく必要があります。
──それが、いくら自分が苦手なタイプの人であろうと。

多くの人がそのように考えて、みんなでうまくやっていこうという気持ちがあれば、人間関係はうまくいくと考えています。


私は様々な仕事を経験してきた中で、たくさんの人に出会いそのことを強く思いました。

みんながみんなを思いやることが、すごく大切であると思っています。



「a_honさんと境遇が近い…」という方にオススメの転職サービス

女性向けの転職サービスで定評!キャリアアドバイザーの親身な対応が評判の【マイナビエージェント】

サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

20代、第二新卒に特化した転職エージェント・サービス。女性支援にも強い!──JAIC(ジェイック)

サービス名 JAIC(ジェイック)
特徴 JAICは、既卒・第二新卒・フリーターの方(29歳以下)に特化した就職支援サービス
これまでの転職支援で、既卒・第二新卒向けの転職成功率は80.3%!これまでの実績で培ったノウハウで、適切なサポートが期待できます。
企業名 株式会社ジェイック(1991年3月)

「Type女性の転職」で、きめ細かいサポートが女性転職者から評判の【Type転職エージェント】

サービス名 Type転職エージェント
特徴 Type転職エージェントは、1994年から人材紹介事業を行っている業界では大手のベテラン老舗エージェント。転職活動者への親身なOne To Oneサービスが非常に好評です。
Type転職エージェントを利用した転職者の、約71%が年収アップという驚異の数値も。
転職市場に精通した、領域別の専任アドバイザー」として活動するキャリアコンサルタントは、転職活動者の目指す業種や職種に合わせて、まさに「専任体制」の手厚いサポートを受けられます。
企業名 株式会社キャリアデザインセンター(平成5年7月8日)

内定率83%、定着率92%の実績を誇る第二新卒・既卒・フリーター向けの転職サービス【ウズキャリ】

サービス名 ウズキャリ
特徴 ウズキャリは、大学を卒業してからまだ就職していない「既卒・フリーター」と、新卒入社後、3年以内に退職した「第二新卒」に特化した就職支援サービスです。一人ひとりにしっかり面接時間を設ける、マンツーマン式カウンセラーサポートが利用者からとても高い人気を得ています。
企業名 株式会社UZUZ(2012年2月)
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>