『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:「好きなことを仕事にしたい…!」アパレル販売員から、ECサイト運営に転職!


10

転職前

BEFORE
職業
アパレル
職種
販売員
従業員規模
500人程度
年収
200万円
会社名

転職後

AFTER
職業
アパレルECサイト運営
職種
Webディレクター・プランナー
従業員規模
300人程度
年収
300万円
会社名

目次

たきさんの転職ストーリー

1これまでの私

「好きなことを仕事にしたい…!」と思い、アパレル業界へ。

2015年に都内の一般大学を卒業しました。

経済学科だったので銀行や証券など金融業界に就職する友人が多い中、私は

「好きなことを仕事にしたい…!」

という気持ちがとても強くて。

肩身が狭く長かった就職活動を経て、晴れてアパレル業界に就職することができました。

私は中学生の頃からファッションに関心を持っており、将来はファッションの勉強がしたいと思っていました。

しかし、高校3年の進路選択の際、両親に

「大学までは普通に勉強しなさい。その後は好きにやっていいから」

と説得され、都内の一般大学へと進学しました。

大学4年間は毎日好きな服を着ておしゃれを楽しみ、放課後や休日は好きだったアパレルブランドにてアルバイトをして充実した学生生活を送っていました。



2転職のきっかけ

1年経って、「・・・もう無理、耐えられない」となって。

就職先のブランドは特に好きだった訳ではありませんでしたが、アパレル業界で急成長している注目企業だったので、内定を頂いたときは本当に喜びを感じました。

アルバイトもしていたので、今までの経験を強みにして毎日業務に励みました。

ですが、当然ながらアルバイトと社員の仕事は異なります。

それに、私が想像していた以上に社員の仕事は過酷でした。
毎日当たり前のような残業が課せられるうえ、残業代は固定で長く働いても給与は一切増えませんでした。


また、最初の3か月はまともな休みが貰えず、丸1日休みが頂けるのが1か月に2,3日程度で。

アルバイトも若い子が多く、少し注意するだけですぐ無断欠勤したり、急なシフト変更が多く、そしてそれをカバーするのが全て私です。

(まあ、仕事なんてそんなもんだよね・・・)

はじめはそんな気持ちもあって・・・というか、自分にそう言い聞かせ働き続けていたのですが、段々とストレスが溜まっていってしまって。

就職して1年後には、

(・・・もう無理、耐えられない)

と思い、私は転職を決意しました。

3転職活動中

転職先の求人探しは、自分でネットで調べて。

転職活動は在職中に行いました。

シフト制のためまとまった休みもとれず、もちろん土日は休むことができないので、まずはマイナビ転職やIndeedなどの転職サイトに登録をしました。

プロフィールや経歴などの必要な情報を入力し、驚いたのはすぐさまに大量のスカウトメールと転職エージェントからの面談予約電話の嵐があったこと。

スカウトの中には希望職種以外の全く関係のない企業からも届いていたりしたので、

(こんな候補の中で、本当に転職先を選んでよいのだろうか…)

と感じてしまいました。


それで、段々と自分で求人企業を探すようになっていって。

最初のうちは帰宅後や休憩中にサイト内で企業を検索していましたが、情報量の多さで結局どれがいいのかわからず、最終的には自分自身で既に知っている名前の企業や、googleなどで調べてヒットした企業の求人ページから応募するようにしていきました。



4転職後

転職後の新しい職場で、待ち受けていた環境は。

普段ZOZOTOWNなどのファッション通販サイトをよく利用することから、

(アパレル商品を取り扱うECサイトを運営する企業も良いかもしれない…)

と思い始めて。それで、たまたま見ていた企業が求人を出していて、応募したところ運よく転職することができました。

転職先の職場は今までの環境と本当に正反対でした。

土日祝休みはもちろんのこと、有給休暇も自由に取得できる、まさにホワイトな企業でした。

周りで働く上司も30代以降と年上が多く、大人の落ち着いた雰囲気で働くことができました。

また、よっぽどのことがない限り残業がないため、ほとんど毎日19時に退勤することができます。──これはありがたかったです。

仕事後はフィットネスにジムに行ったり、学生時代の友人とご飯に行ったりと、店舗時代には考えられないほどの仕事もプライベートも充実した生活を送れるようになりました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。そして、これから目指したいこと。

今回の転職で、気付けたことですか?

──そうですね、通販(EC)と店頭では形は違えど、結局は同じ「接客販売」だということです。

ECサイトでは店頭販売と異なり、目の前でお客様に接客することができません。
ですので、魅力を伝える商品説明文をはじめ、商品サイズ、商品画像など、その商品を売るために限られた画面上でいかに魅力を伝えるかが重要となります。


例えば、店舗では場所の大きさによって展開できる商品が限られてしまううえ、お客様も店舗に来られる方に限定されてしまいます。

ですが、EC上ではいくらでも商品を出品でき、世界中の方々に購入して頂けます。

インターネットの間口の広さと誰もがアクセスできる利便さは、これまで店舗販売しか経験していない私からすると、とても大きなカルチャーショックでした。

また、自分自身が仕上げた商品ページが「これだけ多くの方々が閲覧し、購入して頂けている」と思えたときに、とても大きなやりがいを感じられます。



◇ ◇ ◇



今意識していることは、「商品を掲載する際のクオリティ向上」です。

近年、EC市場は大きく伸びており、出店するブランド様も日々増え続けています。

その膨大な商品数の中で自分たちの商品を選んで頂ける鍵となるのが、「商品の魅力的な掲載方法」だと考えています。

長々と商品コメントで伝えるより、視覚ですぐにその商品の魅力が伝わるような紹介──それがとても大切だと思っています。


そのため、普段から多くの商品画像を見て参考にしたり、こうしたほうが良いのではないかと自分で考えて実践するようにしています。

また、プライベートでもデジタル一眼カメラを購入しました。

様々な写真を撮ることでカメラマンとしての撮影スキルを向上させたいな、と思いまして。

将来的には、多くの方に「この商品の掲載の仕方はすごい!」と思っていただけるような魅力あふれる情報を提供できるようになりたいですね。

女性にオススメの転職サービス

1位DODA(デューダ)

DODA(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア!幅広い業界に向けての求人案内数と、更には関東・関西・東海を中心に全国に拠点を持っているので、地方転職者含め多くの方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。更に 面談にお越しの方には、転職活動のノウハウがつまったガイドブックをプレゼント中!
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>