『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:東日本大震災後、心身が不安定になり転職して、そしてその後。


15

転職前

BEFORE
職業
高齢者福祉
職種
事務
従業員規模
150名
年収
200万円
会社名

転職後

AFTER
職業
地域福祉
職種
営業
従業員規模
300名
年収
240万円
会社名

目次

ぽてちさんの転職ストーリー

1これまでの私

大学卒業後、社会福祉法人に就職して。

当時、高齢者福祉に関する事業を行っている社会福祉法人に勤務していました。

「昔からそういう職を目指していた」──という訳ではありません。

なんとなく、知人の紹介で何も考えずに就職したというのが本音です。


職場は実家から離れた市町村だったので、独立し一人暮らしを始めました。

就職前に勤務条件や給与等の必要な情報を確認しておらず、入職してまず、その給与の低さに驚いたものでした。

毎月生活が苦しく、奨学金の返済に苦労しました。

一方で、仕事は面白かったです。


労務管理を担当させていただき、学校で学んだ経営分野の知識を活かすことができたからです。

また、たまに現場に顔を出しては、お年寄りと雑談をしたり、実際に人手が足りないと現場にヘルプで入り、介護補助業務を担当するなど、人との関わりを持つ福祉の面白さを感じ、それは私にとって、仕事のやりがいでした。



2転職のきっかけ

東日本大震災を経験して、その後。

2011年3月11日に発生した、東日本大震災。

多くの人にとって、忘れられない日であることでしょう。

私も、そして恐らく当時の職場の同僚の人たちにとっても、そうでした。


震災をきっかけに、私を含め職場の人たちの心に余裕がなくなって、苛々することが多くなりました。

私自身、周囲の人たちとぶつかることが多くなって。

どんどん人間関係はバラバラになって、職場はまとまらず、そして仕事は増えていって。

パンク寸前でした。


そんな時、私は上司から仕事の仕方で注意を受けて。
それに、私は納得することができず、そしていささか感情的になりながら、

「だったら私、退職します」

と口にしてしまったのです。



上司はじめ職場からは慰留されました。

そして退職の発言は、私自身も本意ではありませんでした。


ですが、もう私の中では引くに引けなっていたのです。

当時の私は精神的な余裕もなく、視野もとても狭くなっていました。

──そして、そのまま退職することになりました。

きっと、今ではもっとうまく立ち回れたことでしょう。



3転職活動中

ハローワークと友人に助けられての、転職活動

退職後の仕事は、まったく決まっていませんでした。

ですが、仕事が途切れては困るため、慌てて転職活動を行いました。

一方で、気持ちはとても沈んでいて。


とても転職活動を開始できる状態ではありませんでした。

(なんて、軽はずみに仕事を辞めてしまったんだろう…)

そんなことを悔やんで、やるせない気持ちになっていました。


しかし、ハローワークに相談に行った際に、前職で労務管理を行っていたときにお世話になった職員さんが声をかけてきてくれて。

事情を話したところ、

ハローワークの職員

「大変だったね。一緒に協力していきましょう」

と、親身に転職活動の相談に乗ってくださったのです。


また、たまたま求人紹介の仕事を行っていた友人がおり、その友人からも地域の求人情報や企業情報を丁寧に教えてくれました。

この2人の協力があって、当初気の進まなかった転職活動も次第に活力が出てきて、

(せっかくここまで前職で経験を積んだのだから、これまでの実績のある「労務管理」関係の仕事と、「福祉関係」の仕事に絞って転職活動を行おう)

と、精力的に活動していくようになりました。


最終的には、ハローワークの職員さんの勧めで受けた、福祉関係の会社に採用されました。



4転職後

転職先の新しい職場で、待ち受けていた環境は。

転職後、まずありがたかったのは、収入が上がったため、生活に苦労することが少なくなったことです。


また、福祉と言っても、利用者とかかわるわけではなく、企業や事業所といった地域資源とかかわることが主な仕事であったため、新鮮で面白さがありました。

しかしながら、当時20代だった自分には、経験も知識も足りず、仕事が滞ることも度々ありました。

例えば、今まで事業所内での事務的な仕事が多かったために、営業先との関わり方であったり、板挟みにあったときの対処方法など、経験が足りず、毎日悩み、怒らることも度々ありました。

転職してからというもの、仕事が思うように進まない現状や職場のプレッシャーから、毎日のように

(今日は仕事に行きたくない…)

と感じたものでした。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って思うこと。そして、これから目指したいこと。

転職をして気づけて良かったことは、「自分は事業所の中という小さい世界の中で仕事ができると思い込んでいた」ことです。


転職時、私は自分のことを「仕事のできる部類の人間」だと思いこみ、福祉という言葉だけを見て、やったこともない営業の仕事を選びました。

そこで人との関わりの繊細さや、交渉の厳しさを知り、自分の無力さを知ることができたのは、今ではとても大切な、良い経験だったと思います。

また、人との関わり方を考えるきっかけにもなりました。

社会の中には、人と関わるうえで大切にしなければならないルールやマナーがあります。

そのことを初めて考え知ることができ、今の自分の人間関係の根底となる学びになっています。


その分、自分の自信を打ち砕かれたことも沢山ありましたが。でも、学びや気づきも多くありました。



◇ ◇ ◇



転職して、人と関わることの面白さを感じるようになりました。

そして、より人に信頼されることの重要性に気づかされました。


信頼されながら、しっかり仕事を当事者に返していくためには、日々自分の技術を高めるための努力が必要です。

今は、その技術の証明と、当事者により自分が関わることに安心してもらえるように、国家資格の取得にチャレンジしたいと考えています。

また、自分は自分だけで成長してきたわけではなく、さまざまな人との関わりの中で生まれる、気づきや学びによって成長してきた実感があります。

そのため、その気づきや学びを与えてくれた繋がりがある地域に、自分の力を返し、より良い地域にできるように働いていこうと思っています。



20代転職者に、オススメの転職サービス

1位ハタラクティブ

ハタラクティブ
ハタラクティブは、株式会社レバレジーズの運営する、20代に特化した就職・転職支援サービスです。
職歴がない方、正社員未経験の方含め、これまでの就職成功実績50,000人!若年専門のプロがパートナーとなって、就職・転職支援をサポートします。

2位DODA(デューダ)

DODA(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)
JAICは、既卒・第二新卒・フリーターの方(29歳以下)に特化した就職支援サービス
これまでの転職支援で、既卒・第二新卒向けの転職成功率は80.3%!これまでの実績で培ったノウハウで、適切なサポートが期待できます。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>
>