『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:「培った営業力は、どこに行っても通用する」エンターテイメント事業から、IT会社に転職!


10

転職前

BEFORE
職業
エンターテイメント業
職種
営業
従業員規模
3000人
年収
450万
会社名

転職後

AFTER
職業
IT
職種
営業
従業員規模
2000人
年収
500万
会社名

目次

ひろみさんの転職ストーリー

1これまでの私

「人を笑顔にする仕事がしたい」

2015年4月に遊園地、ホテルなどを経営するエンターテイメント業に入社しました。

職種は営業職です。丸2年間勤めておりました。

私がこの会社に入社を決めた理由は「人を笑顔にする仕事がしたいから」です。

何より『遊園地』が大好きで、今まで生きてきた中で、何が1番楽しかったと考えた際に、一番に思いついたのが、前職の施設でもありました。


私は東京生まれで、一度もその土地から離れたことはありませんでした。

前職は全国規模で営業所があることから

(転勤も多くなるだろう・・・)

という不安もありましたが、それでも「この職場が、自分の働き甲斐に絶対つながるはずだ」と思い、入社を決めました。



2転職のきっかけ

「自分の営業力が、外でも通用するか試してみたい」

前職の営業内容は「自社施設に団体客を誘致していく」というものでした。

取引相手は旅行会社、学校団体、労働組合等などです。

私自身、自社施設をとても気に入っていましたので、とてもやりがいを感じられていました。

ですが、営業として仕事を重ねていくうちに、

(こうやって、コミュニケーションを取りながら相手に納得・満足してもらえる、そんな営業スキルをもっと高めていきたい)

と思うようになっていったのです。

2年間では継続して個人予算も達成し、優秀賞にも選んで頂きました。

やりがいと楽しさもありましたが、「自分の営業が他でも通用するのか試してみたい」という気持ちがどんどん強くなっていって。

また、可愛がって頂いていた3個上の先輩が大手企業に転職することになり、その出来事も私を一歩前に進めてくれたきっかけになりました。



3転職活動中

しばらくしてようやく、「ちゃんと転職活動しよう」という気持ちになれて。

2017年2月から転職活動を始め、通常業務も行いながら並行してやっていました。

日常の営業活動はとても忙しかったことから、日中は全く転職活動ができなかったので、家に帰ってきたから寝る間も惜しんで活動していました。

2月~4月までの期間は朝方3時まで転職活動の職務経歴書を書いたり、エントリーなどをしていたので、睡眠時間が1日平均3時間くらいで、体力的には非常に厳しかったです。


幸運なことに、前職の上司は私の転職活動を支援してくれて。

実際に面接に行く際は、ほとんどの企業が平日受付でしたので、「転職をはじめよう」と決意した際に、上司には正直に話しました。

そして、面接の時間帯のみ仕事の合間に行かせて欲しいとお願いをしました。

上司はすべてを理解して頂き、快く承諾してくれました。

上司の助けと優しさなしでは、転職活動はうまくいかなかったと思っています。


また転職を始めた際には、主にマイナビエージェントを活用していました。

担当のキャリアアドバイザーの方はとても真摯に相談に乗って頂き、希望に沿う企業を多数紹介して頂きました。

また案件の紹介以外にも、職務経歴書の添削や面接対策なども行ってくれたので、自信を持って面接に臨むことができました。

担当のキャリアアドバイザーの方には心から感謝してます。



4転職後

転職先の新しい職場で、待ち受けていた状況は。

私はIT業の営業職に入社をしました。

入社する前からのイメージ通り、アグレッシブな営業活動で、前職とのギャップを感じました。

予算に対しての考え方が前職とは圧倒的な差があり、数字を取ってこない部下に対して、上司が怒っている姿は日常茶飯事で、新しい刺激を受けました。

また、転職してから一番苦労したのが「職場内の人間関係」でした。


中途入社したからには年齢問わず、社歴が一番下になるので、新入社員の子たちにも敬語を使うことになりました。また、私の上司は同い年の人で、そういった環境は、慣れるまではとてもやりにくかったです。

同い年の上司

「悪いけど、そんなやり方じゃいつまで経っても数値なんて作れないよ」

──そう言われたこともあります。

私にとっての上司は、これまでずっと「年上の先輩」でした。

(ただ社歴が長いだけで、こういう高圧的な態度を取られるものなのか)

今までそんな経験はなかったので、慣れるまでは自分の感情をコントロールするのに苦労しました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うことは。

今回転職を行って、「営業能力は業種問わず通用する」ということに気付くことができました。

業種が違えば、売るものが違うのでクライアント、ターゲット層なども変わってきますが、根本的に「商品を売る」ということに関していえば、すべて一緒です。

このことに気づけたのが、一番の収穫であったと思います。


また前職では名前が全国的に知られている企業だったので、営業先で嫌な顔をされることはほとんどなかったですが、今の会社ではクライアントに嫌な顔をされるときのほうが圧倒的に多くなりました。

ですが、それでも挫けずに歩み寄ろうとすることが大事で、そして結果はその先についてくるものだということを学びました。

簡単に言えば、「全力で仕事をする」といったところでしょうか。

単純なことではありますが、これが営業として成績を高めていくための近道であると感じています。


◇ ◇ ◇


将来的には、この職場でもっと高みを目指したいと思っております。

体力・精神的にも辛いことは多々あり、やめていく社員も多いです。

しかしその中で、真摯に努力を続け、高みに上っていく先輩社員の方々も少なからずいます。私自身も、そんな成長を辿っていきたいと思っています。

また、将来的には海外転勤もチャレンジしてみたいですね。

そのために今は独学で英語を勉強しています。

チャンスが訪れた時にいつでも挑戦できる体制を作っておくことが、将来に向けて大切なことだと思っています。

「営業マンとして、高みを目指していくこと」が、今の私のモットーです。



20代転職者に、オススメの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>