『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:残業ばかりの金属加工会社から、医療機器製造業に転職して


15

転職前

BEFORE
職業
金属加工業・製造業
職種
営業事務
従業員規模
20人
年収
300万円
会社名

転職後

AFTER
職業
医療機器・製造業
職種
営業事務
従業員規模
30人
年収
350万円
会社名

目次

たけおさんの転職ストーリー

1これまでの私

毎日の残業、仕事に追われる日々。

3年前の25歳のころまで、自動車部品やカメラの精密部品を扱う、金属加工の会社で働いていました。

毎日のように残業があり、仕事に追われる日々を送っていました。

それでも私自身はコツコツと何かに取り組むことが好きなほうで、何とか仕事も続けられていました。


休日は友人と登山へ出かけたり、キャンプやスポーツをして過ごしてストレスを発散していました。

実家暮らしということもあり、プライベートの時間はゆったりと過ごすことができていました。



2転職のきっかけ

残業の時間になると、やるせない、惨めな感情が募っていって。

毎日のように残業がありました。

それだけならばまだ良かったのですが、残業代が一切支払われることがなく、毎日がサービス残業で。

(…これだけ働いても、この時間は給料にならないんだよな…)

そう思うと、段々とストレスが溜まっていくようになりました。

友人

「え、残業代出ないの?…それ、やばいでしょ」

周囲の人たちにはなすと、そんな反応を返されることも多く、

(やっぱり、今の職場は異常なのかもしれない)

段々とそう認識してくるようになりました。

小さな企業だったのでサービス残業は当たり前のように感じていましたが、同じように働いている友人たちは残業代はしっかりと貰っていることを知ったとき、なんだかいたたまれない気持ちになりました。

仕事自体のやりがいはありました。

でも、残業の時間帯になるといつも、やるせないというか惨めな感情が募っていって。

そして、

「これをずっと続けながら生きていくのなら、思い切って退職しよう」

と思い決断したのです。



3転職活動中

3か月間の、孤軍奮闘した転職期間。

転職活動は退職してから始めました。

結果、内定を得られるまで3ヶ月ほどかかってしまい、その期間は当然収入は一切なくて。…つらかったですね。最終的には親に資金面を中心に助けられながらの転職活動となりました。

実際に利用した転職サイトは、リクナビNEXT「はたらいく」の二つのサイトです。

またハローワークのインターネットサービスも同時に利用して転職活動をしていました。 特に希望している業種や業界はなかったので、「前職よりも給料が高いこと」「サービス残業がないこと」そして「福利厚生がしっかりとしていること」の3つのことを重視して転職活動をしていました。

ですが、私にはこれといって転職時に武器となるスキルと経験があるわけでもなかったので、なかなか面談でも評価してもらえずにいて。

相談する人もいなかったので、苦労しました。
長い長い、3か月間でした。



4転職後

転職先の新しい職場で、待ち受けていた状況は。

転職先の職場は、医療機器・製造業を営む会社でした。
従業員30名ほどの、小さな会社です。

前職とは全く異なる業種・業界でしたので、はじめのうちは仕事のやり方が全然違って大変でした。

事務作業も多く、ゴミ出しもやります。
毎日の朝礼では私も発言を求められたりと、これまで経験したことがないことばかりで、ここでもストレスがたまりました。

一番困ったのは、「相談できる上司や同僚がいない」ということでした。

基本的に「教えてもらいにいく」よりも、「自ら学んで自ら行動すること」を常としている会社だったのです。

ある時業務内容でわからないことがあって同僚に訊きに行ったとき、

同僚

「え…?何?業務のやり方を教えてって?」

「はい」

同僚

「・・・(軽い溜息)」

──といった具合で、しかも迷惑そうな顔をされて。
その時はつらかったですね。あの表情、今でも忘れられません。

しょうがなかったので、先輩の方々が行っていることを遠目から見て学んでいました。

ただし、皆が皆そんな人ばかりではなく、特に事務員の方々は優しい方々が何人かいて。そこだけ、とてもアットホームな雰囲気があったのは救いでした。

私はなるべく自分で学ぼうとしながらも、職場のドライな雰囲気にストレスがたまると事務員の方々にコミュニケーションを取りに行ったりと、少しずつこの職場でのやり方や雰囲気に慣れていきました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うことは。

転職を振り返って、今思うのは「転職エージェントも併用すれば良かった」ということですね。

今思えば、転職活動は本当に「孤軍奮闘」という感じでした。誰からかのサポートがあればもっと早く転職することができたんじゃないかな、と。

また、仕事を辞めてから転職活動をするのではなく、仕事を辞めずに転職活動をすることの重要さも知りました。



◇ ◇ ◇



今は正社員として働いていますが、できれば資格を取得して将来「独立」したいと考えております。

結局、私が転職活動や転職後の職場で苦労したのは、私自身のスキルや経験、そして知識が不足していたからというのもあるのでしょう。

ですので、今は働きながらスキルを積み、更には専門の資格を取得して、自身をよりステップアップしていきたいです。

現在目指している資格は、「社会保険労務士」「税理士」ですね。
今の仕事内容にも直結しますし、貢献性の高い分野ですのでやりがいがあると感じています。

私自身、今回の転職と2つ目の職場を経験して、自分で思っていた以上に働くことでの「やりがい」や「働き甲斐」を重要視していたことに気づきました。

そして、それらやりがいや働き甲斐を最大限発揮していけるためにはどうすればよいか──、それを考えたときに「独立」というキーワードが上がってきたのです。


もちろん、それを目指すことはとても大変な道のりだとは思いますが、若いうちからあきらめずに、チャレンジしようという意識を大切にしていきたいと思っています。 。



20代転職者に、オススメの転職サービス

1位DODA(デューダ)

DODA(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位Type転職エージェント

Type転職エージェント
Type転職エージェントは、1994年から人材紹介事業を行っている業界では大手のベテラン老舗エージェント。転職活動者への親身なOne To Oneサービスが非常に好評です。
Type転職エージェントを利用した転職者の、約71%が年収アップという驚異の数値も。
転職市場に精通した、領域別の専任アドバイザー」として活動するキャリアコンサルタントは、転職活動者の目指す業種や職種に合わせて、まさに「専任体制」の手厚いサポートを受けられます。

3位JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)
JAICは、既卒・第二新卒・フリーターの方(29歳以下)に特化した就職支援サービス
これまでの転職支援で、既卒・第二新卒向けの転職成功率は80.3%!これまでの実績で培ったノウハウで、適切なサポートが期待できます。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>