『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:女性トラックドライバーから、未経験でITエンジニアへ転職!

転職前

BEFORE
職業
運送業
職種
トラックドライバー
従業員規模
18名
年収
350万円
会社名

転職後

AFTER
職業
IT系
職種
開発(エンジニア)
従業員規模
68名
年収
420万円
会社名

目次

コウさんの転職ストーリー

1これまでの私

プライベートも充実してる、明るい女性トラックドライバー!

私が24歳までは、私は運送業として大型トラックドライバーの運転手をしていました。

私はどちらかというと明るい性格だと思います。
みんなを盛り上げたりしたりするのが好きで、よく友達とバカ騒ぎしたり…。


家族構成は、5歳年下の妹と、4歳上の姉、そして両親。
姉と妹は結婚して家庭を持っていますが、私は独身であり両親と一緒に実家に暮らしています。

家で料理をしたり、高校時代からの友人と買い物や旅行に行ったり、プライベートでは楽しく過ごせています。
だから、仕事で多少嫌なことがあっても、なんとかやれています笑。



2転職のきっかけ

ある日ふと、「そうだ、転職しよう」と思って。

先にお話したとおり、24歳の時まで、トラックドライバーの運転手として頑張ってきました。

ですが、この仕事が月日の経過とともにどんどん苦しくなっていたのです。

入社当時には人もまだ余裕があって、自分と会社が決めたルートでの配送を毎日こなし、肉体的にも精神的にも自分に負担のかからない時間で配送をしていました。

ところが、2年、3年と経つにつれ、退職をする人たちが多くなってきました。
とは言っても、その後任の人たちが入社してくる様子もなく、残された人たちで退職をした人たちの分までカバーをしなくてはならないことになって。

そういったこともあり、配送ルートの追加や、長距離の配送まで仕事を賄うようになって、気づいた時には超過重労働状態です。1回の勤務時間は長く、休みも少なくなりました。

休んだ日には私と同じように忙しくしている同僚に多大な迷惑が掛かってしまいます。

そんな、勤務の過酷さとプレッシャーから、私は肉体的にも精神的にも追い詰められていきました。


そしてある日ふと思ったのです。

「そうだ、転職しよう」

──と。



3転職活動中

友人「A」に提案され、未経験のIT業界を目指して。

転職しようと決めてからは、まず家族に相談をしました。


家族からは、

父親

「お前自身のやりたいことを、しっかり考えて転職をするように」

言われました。

そこで私はまず職業安定所に行き相談員の方と相談をし、そんな形で転職活動がスタートしました。

活動中、一番助けてくれた人は友人「A」でした。

なかなか自分が転職先が決まらずに「A」に相談したところ、「A」はいろいろな業界やそこでの仕事内容を教えてくれました。

友人「A」

「もしかしたら、ITとか良いかもしれないよ」

そう「A」からアドバイスを貰いました。 「A」もIT業界で働いており、ITでの楽しさが私のキャラクターにも合いそうだと提案してくれたのです。

色々考えた末、私は最終的に「A」の提案に賛成し、ITの仕事に就くことに決めました。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

転職後の職場の環境には、とても恵まれました。

精神的にも肉体的にも、とても良い状態で仕事を続けられています。

理由は、新しい職場では自分の働き方も一定の裁量を以って、つまりは会社にもいろいろな提案ができますし、自分に無理な働き方が強要されることもありません。

また、「ITの開発業務」という新しい仕事もマニュアルや計画書に沿って進められるので、(最初に覚えることは沢山ありましたが)それ程苦にはなんりませんでした。

また、作業が遅れてしまった場合には上司の手助けやフォローもきちんとあって、その点も安心感を持って仕事に励むことができました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

今回の転職で気づけたことは、「興味がないような仕事でも、きちんと向き合っていけると興味はどんどん 育(はぐく)まれる」ということです。

それと、「友人はやはり大切にしていかなければならない」ということですかね笑。


友人「A」は、私のために転職活動中を一緒になって一生懸命フォローしてくれました。
両親や姉や妹も私のことを心配してくれ、励ましてくれました。

本当に、周りの人たちの協力がなければ私は転職できていないと感じました。

後悔していることはあまりありませんが、あえて挙げるとしたら、私は自動車を運転するのが好きだったので、(トラックドライバーとして働くことは、これから先もうないのかな)と思うと、少し寂しい気持ちになります。


◇ ◇ ◇


今後取り組みたいことは、「自分自身をもっと会社にアピールし、自分が開発したことを会社にどんどん採用してもらうこと」です。

そのためには、自分自身のスキルをもっと磨く必要があり、いろいろなITの資格を取得し業務品質を最大限高めていくことにチャレンジしてみたいと思っています。

また、「自分が活躍する」ことだけでなく、会社としての活動が世の中のためになることをどんどん考えていきたいですし、その観点で言うと「管理職」としても仕事がしてみたいと思っています。


いつまでも、成長していける状態に身を置いていたいですね。



IT業界で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位レバテックキャリア

レバテックキャリア
IT・Web系のエンジニア、クリエイターに特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。

2位DODA ITエンジニア

DODA ITエンジニア
国内最大級の求人案件と信頼を誇るDODAで、さらにITエンジニア向けの転職に特化したサービスが、この「DODAエンジニアIT」です。 大企業や上場企業から中小、ベンチャーに至るまで多種多様なITエンジニア向けの求人にアプローチできるほか、業界に詳しい専任アドバイザーがしっかりサポートしてくれます。

3位WORKPORT(ワークポート)

WORKPORT(ワークポート)
「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>