『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:「憧れの仕事」と「続けられる仕事」の違い。どん底の日々から学んだこと。


10

転職前

BEFORE
職業
顧客案内
職種
サービス
従業員規模
3,000名
年収
300万円
会社名

転職後

AFTER
職業
手芸店店員
職種
サービス
従業員規模
10名
年収
250万円
会社名

目次

sayuさんの転職ストーリー

1これまでの私

夢の百貨店の案内係へ。

大学卒業後に入社した百貨店での話です。

百貨店で働くことはかねてからの憧れでもあったので、入社が決まった時はとても嬉しかったです。
求人応募は2名だけの狭き門で、英語や面接、筆記試験にパソコン操作など、できる限りの準備をしてきました。

どうにか膨大な倍率を潜り抜け、夢の百貨店の案内係となったのです。
入社の前日、支給されたおしゃれな制服を前に、私は心躍りました。

入社後は上司からの厳しい指導や、知識の習得に四苦八苦しましたが、充実した毎日を送っていたと思います。

私は人と触れ合う仕事が好きでしたので、お客様のニーズに応えられるような対応をできたと思えた時に、「この仕事をしていてよかった」と思ったのです。



2転職のきっかけ

絶え間ない叱責、忙しい日々の果てに……。

私と一緒に採用された同期の女性は落ち着いて凛とした雰囲気の方で、性格的にもすぐに仲良くなることができました。

ある日、電話帳くらいの厚さのある資料を手渡され、

上司

「この内容を1週間で覚えてきて」

と言われたことがありました。
その時も同期の彼女とお互いに励まし合い、辛くても乗り越えていこうと思っていました。

しかし日々上司からの確認テストがあり、覚えていなければ厳しく叱責される、といったことが繰り返されるたびに同期の女性はやつれていき、わずか1週間で退職してしまったのです。

急に抜けた彼女の分の業務も私に回り、忙しさは最高潮。

「早くやらないと……」

仕事はもはや義務としてしか感じられず、次第に精神的にも参っていきました。
毎日寝つきが悪く、食欲もない……。

睡眠薬に頼らなければ眠れないようになった頃「転職しよう」と決意しました。



3転職活動中

自分の「好き」を仕事にするために。

実家の両親の勧めもあり、退職後、私は地元に帰りました。

これまで順風満帆に進んでいた人生だっただけに、無職の自分が情けなく、辛かったです。
まさに抜け殻になったような毎日でした。

「時間はたっぷりあるんだから、好きなことをしなさい」

母の一言が私を救ってくれました。

私の趣味は「編み物」です。
それをしている間は、嫌な事も考えずに済むので楽でした。

ある日、編み物をするために手芸店に寄ったのですが、そこに「従業員募集」の張り紙をしてあるのを見ました。

(ここでなら好きなことで仕事ができるかもしれない)

私はその店で働く決心をしました。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

面接では、私が提出した編み物作品が好評だったこともあり、すぐに採用のご報告をいただけました。

従業員は10名だけの小さなお店です。
その分、大企業のような縛りの強い規則も無く、問題が起これば皆で話し合う、という社風でした。

皆、手芸が好きな人たちばかりでしたので、性格も穏やかで話も弾みました。

前職では忙しさや上下関係の厳しさから常に気を張っていましたが、今は伸び伸びと働くことができています。

また、お店に訪れるお客様も手芸が好きな方なので、百貨店で働いていた時よりもお客様との距離が近く、その点もやりがいに感じています



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

大都会の大型百貨店の案内係」はかねてからの憧れでしたので、田舎町の小さな手芸店で働いている自分とのギャップに、時々寂しく感じることもあります。

しかし、転職を通して学んだこともあります。
「憧れの仕事」と、「続けられる仕事」は違うということです。

続けられる仕事とは、背伸びはせず、自分の好きだと思えるものであるべきだと思います。

百貨店に入社した頃は、自分の力を過信し、憧れだけで飛び込んでしまったために、現実との差異に苦しんでしまいました。



◇ ◇ ◇



今でも仕事上で小さなトラブルはありますが、比較的穏やかな毎日を過ごせていると思います。
高いヒールで走り回ったり、厳しい罵声を浴びせられることもありません。

編み物は、認知症の予防になるとも言われています。
今後は、高齢化社会に伴いニーズも増えると思うので、お年寄りや初心者でもできるような簡単な編み図の作成をしたいと思っています。

それを元に、私自身が老人ホームを訪問し、お年寄りの方々と楽しく編み物ができたら嬉しいです。

従業員の何人かは趣味の作品をネットなどで販売していたりもします。
私も自信作ができたら、出品してみたいと思っています。



女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

<スポンサーリンク>