『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:夢の「キャビンアテンダント」を目指した苦悩の日々。

転職前

BEFORE
職業
グランドスタッフ
職種
航空業界
従業員規模
1,900人
年収
360万円
会社名

転職後

AFTER
職業
キャビンアテンダント
職種
航空業界
従業員規模
11,000人
年収
480万円
会社名

目次

ステーシィさんの転職ストーリー

1これまでの私

航空業界で働きたい!という夢があり。

私は大学を卒業後に就職活動を始めたので、就職したのは24歳の時になります。
特別なスキルも持ち合わせていなかったことを不安視し、「女性でもキャリアを順調に積み上げていける」そんな職場に勤めたかったので、就活は慎重になっていました。

私の目標は「航空業界」で働くこと。
しかし、当時はあまり好景気とは言えず、求人はほとんどありませんでしたし、必要な語学力なども満足に身についていない状況でした。

希望していた「客室乗務員」の職には就けず、航空会社のグランドスタッフとして、「旅客ハンドリング」を担当していました。

旅客ハンドリングとは、様々な航空会社のチェックイン業務・到着管理業務など、お客様の旅の始まりと終わりをサポートする役割です。
飛行機が好きな私は、間近で飛行機を見ることができるこの仕事にやりがいを感じていました。

様々な国籍のお客様に出会ったり、突然のトラブル解決に奔走したり、毎日が刺激に満ち溢れていました。



2転職のきっかけ

憧れのキャビンアテンダントへ。

そんな旅客ハンドリングの仕事でしたが、それでも私の中には「キャビンアテンダントになりたい!」という気持ちが残っていました。

業務で客室乗務員の皆さんと関わる機会もあるのですが、そのたびに「私もいつかあの制服を着て働きたい」という気持ちを募らせていったのです。
転職を目指すまでに、あまり時間はかかりませんでした。

転職を決意した私ですが、「現職を全力で取り組む」ことも決して忘れないようにしました。
同じ航空業界の仕事です。役割は別でも、すべての業務が「お客様に安心して旅に出てもらえる」ために繋がっています。
誠心誠意、旅客ハンドリングの仕事をこなしつつ、転職活動に向けた準備を行いました。

空港にはたくさんの航空会社が就航しています。
様々な会社の飛行機や乗務員の方々の姿を見ることは、転職への意志を固めるきっかけにもなりました。

前向きに、誠実に、転職に向けて活動を始めました。



3転職活動中

TOEICスコアアップに悪戦苦闘。

転職にあたっては、勤務地や会社規模などの条件はあまり絞らずに臨みました。

たとえば外資系の会社と一口に言っても、アジア圏を中心にしていたりヨーロッパ圏を中心にしていたり、各社によって求められるスキルも変わってきます。
企業研究はもちろんのこと、各国の文化を学んだりなど、必要そうなことはすべて学びました。

そうした研究のために作成したオリジナルの「転職ノート」は何冊にも上ります。

専門職なので一般の転職サイトには掲載されないことも多く、苦労はしましたが、複数のエージェントを利用するなどして違った情報を得ることもできました。

一番苦労したのはTOEICの勉強です。
最初に受験した際のスコアが、なんと290点でしたので、とにかく英語に触れる時間を多く持つように努めました。
その甲斐もあって、半年後に受けた際のスコアは700点台でした。

転職に成功した今でも勉強は続けており、950点を獲得できるまでに成長しました!
今では職場の英語指導を任せてもらうこともあります。

それ以外にも、必死に学んだ様々な知識は決して無駄にはなっておらず、とても役に立っています。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

無事に客室乗務員への採用が決まったのは本当に嬉しかったですが、英語や中国語の習得は予想以上に苦労もしました。

業務に就いてからも、長時間のフライトなど、想像していた以上の重労働にくじけそうになったこともあります。

そんな時は、「常に初心でいること」を何度も自分に言い聞かせていました。

様々な国の人と働くことは、新しい発見や刺激の連続です。
また、お客様の命をお預かりしている仕事であるということ。他の乗務員の方の姿勢から多くを学ばせてもらっています。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

自身のキャリアを積んでいくためには、大なり小なり「常に目標を持つこと」が大切だと思います。

転職を考えている方の中には、うまくいくかという不安や現職との両立などの懸念から一歩を踏み出せずにいる方もいるかもしれません。
しかし、まずは行動あるのみだと私は思います。

勇気を持って一歩を踏み出すことで、今の自分に必要なことが見えてくると思います。

そうした課題を一つ一つ、確実にこなしていくことが転職の一番の近道なのだと学びました。

そして目標を叶えた後も、現職に力を尽くすのはもちろんのこと、次の目標を見つけ自分自身を高める努力を持ち続けることが重要だと考えています。



◇ ◇ ◇



これからは客室乗務員として、エアラインスクールで指導する立場にも携わりたいと思っています。

指導者としての立場で、客室乗務員としてのマインドを備えた人材の育成に努めていきたいと考えています。

今後も、東京オリンピックなどの影響で、日本を訪れる外国人が増えていくと思います。
多様性に対応できるサービスの提供と、お客様とのコミュニケーションも大切にしていきたいです。



女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

<スポンサーリンク>