『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:中学教師からフリーライターへ。場所も時間も縛られない生き方。

転職前

BEFORE
職業
教師
職種
教師
従業員規模
50人
年収
300万円
会社名

転職後

AFTER
職業
フリーライター
職種
ライター
従業員規模
フリーランス
年収
400万円
会社名

目次

hirakuさんの転職ストーリー

1これまでの私

コミュニケーションが苦手な私が、教師になって。

昨年まで、私は中学校の教師でした。

性格的に人前に出たり、人とのコミュニケーションは苦手だったのですが、教師は憧れの職業でした。
実際になってみると、性格的に苦労も絶えませんでしたが、それなりにやっていたとは思います。

勤めて4年目で、担任を任せてもらうこともできました。
担当は国語でしたが、生徒たちに授業をするのは、とても楽しくやりがいを感じていました。

家族は両親と兄。趣味は旅行です。
週末は友だちと遊んだり、恋人とドライブに行ったり、公私ともに充実した毎日を送っていました。



2転職のきっかけ

理想と現実の大きなギャップに直面。

憧れの教師になるために大学に通い、運よく採用試験に一発合格。
自分の人生は順風満帆で、この先も大きな浮き沈みはなく過ごしていけるものだと、信じて疑っていませんでした。

ただ、担任を受け持ってしばらく経つと、徐々に自分の実力不足を感じるようになっていきました。
クラスの中でも強い立場の生徒を叱るのはいつも勇気がいりましたし、うまく授業を進められているのか、いつも不安に感じていました。

(どうしてこんなにうまくいかないんだろう……やっぱり向いていないのかな?)

しかしそれでも、せっかくなれた教師の職を辞する気にはなかなかなれず、辛くても我慢して続けている状況が、しばらくは続きました。


ある時、生徒指導の一環である生徒の保護者と面談をする機会がありました。
教師としての私の意見と、保護者の方の考えが合わず、トラブルに発展してしまったのです。

その生徒の家庭は、職員間ではもちろん、その地域でも「乱暴だ」と囁かれているような問題のある家庭で、トラブルがあった日から、私はその保護者から嫌がらせや、脅迫まがいの仕打ちを受けるようになってしまったのです。

仕事の辛さの上に、さらに大きな問題が乗っかってしまい、私の心は限界を迎えました。
年度末を機に、職場を去ることを決意したのです。



3転職活動中

傷心旅行で向かった先で運命の出会い。

転職活動自体は実はほとんどしておりません。

退職後、フィリピン、オーストラリアに留学をしました。
語学を学びたいというのが目標だったのですが、現地でクラウドソーシングサービスに出会い、フリーライターへの道が拓けたのです。

幸運だったことは、初心者ライターの私を一から鍛え上げてくれるクライアント数人に巡り会えたことです。
最初はお小遣い程度の金額しか稼げませんでしたが、根気よく続けていくうちに、3ヵ月目には前職の給与を上回る額を稼げるようになっていたのです。

(これならやっていけそうだ)

そう確信しました。

正直、まだまだ未熟な点は多いのですが、周囲のクライアントにも恵まれ、少しずつではありますが、ライターとしてのスキルを習得していきました。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

フリーライターの良いところは、どこでも好きな場所で仕事ができることです。
これまでは同じ場所に通いながら仕事をしていたので、それに比べると、毎日がとても刺激に満ちています。

現在はオーストラリアに住んでいます。
日本から文章の依頼が来て、それに応えるというかたちで仕事をしています。

フリーランスの不安な点は、いつ仕事が途切れるか分からないところです。

しかし、自分のペースで、頑張った分だけ報酬を貰えるという今の環境は、かなり自分に向いていると思っています。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

文章を書くことは元々好きでした。
そして好きなことで仕事ができるのが、何よりも幸せなのだと気づけたのです。

教師も昔からの憧れの職業でしたが、憧れだけでは現実とのギャップに直面した時に、気持ちがくじけてしまうと思います。

自分が心から「やりたい!」「楽しそう!」と思えることを探求していけば、必ず素敵な人生が待っている。
転職に成功した今では、そう思うことができています。

後悔していることは、前職の同僚たちに満足にお礼もできないまま、逃げるようにして職場を去ってしまったこと。
前職で培ったスキルもたくさんありますので、それなりの恩返しはしておけばよかったと思っています。



◇ ◇ ◇



ライターとしてのステップアップのため、やりたいことはたくさんあります。
プログラミング、音楽のリミックス、書籍の出版、洋書の翻訳etc…。

場所も時間も縛られない今だからこそ、できることには何でも挑戦していきたいと思っています。

特にプログラミングについては、今年中に習得を目指したいです。
今もオンラインスクールでコツコツと勉強中です。

複数のスキルを身につけることで依頼される仕事も増えますし、経験にもなります。
そしてそれらの経験が、メインのライター業にも必ず役に立つ日が来ると信じています。



20代で転職をお考えの方に、おすすめの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。