『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:「学歴」を超える経験を積むこと。事務職からフリーランスのライターへ。


15

転職前

BEFORE
職業
印刷会社派遣社員
職種
事務職
従業員規模
100名
年収
220万円
会社名

転職後

AFTER
職業
フリーランス
職種
ライター
従業員規模
1人
年収
150万円
会社名

目次

soukennbityaさんの転職ストーリー

1これまでの私

高校卒業と共に就職。

私は高校卒業と共に就職し、ある印刷会社の事務・製造の仕事に就きました。
肩書きは派遣社員になります。

母と兄の3人暮らしだったこともあり、あまり裕福な家庭ではありませんでした。
兄も高校を卒業と共に働いていたので、私も自然と同じ道を歩んでいました。

印刷会社の事務の仕事を選んだのは特別な理由も無く、年齢や学歴を問わない会社であったために、そこで働くことにしたという経緯があります。
モノづくりの仕事にも興味はありましたし。

古くからある会社でした。
業績は安定していましたが、業界の特質上、繁忙期にはかなりの長時間労働を強いられます。

人手も十分でない状況でした。
スタッフ全員で(派遣社員も含め)シフト調整をしながらなんとか間に合わせていた、という状況だったと思います。

勤めて一年後には臨時社員に昇格させてもらいました。

就職と共に上京し、親元を離れて一人暮らしをし、少しずつ仕送りもできるようになってきて、一人前の社会人になれてきたかな、と思っていました。



2転職のきっかけ

一からモノ作りに携わりたくて。

そんな私が転職を決意したのには、いくつかの原因があります。

一番大きな理由としては、ほかにやりたいことができたためです。
製造の仕事では、それまで完成された原稿を加工・検査する役割を担っていたのですが、言ってしまえばひどく退屈な作業でした。

私としては、既に完成された原稿を扱うのではなく、一から創り上げることに携わりたいという思いがあったのです。

もう一つの要因としては、職場環境が大きく変化したこと
私の所属する部署が、別部署に吸収合併され無くなってしまうことになったのです。

合併されてからも待遇等は変わらないとのことでしたが、これを機に、新しい場所へ飛び出してみるのもいいんじゃないか、そう思ったのです。



3転職活動中

立ちはだかった「学歴」の壁。

私はその印刷会社での経験しかありません。
転職にあたっては、職場の信頼できる上司や母に相談しながら、慎重に進めていきました。

マイナビ転職リクナビ転職、といった主要サービスに登録し、求人を探しました。
私が目指したのは、ライター・編集の仕事。

その分野の仕事への、未経験からの転職がいかに厳しいのかは、実際に活動を進めていく中で思い知りました。
求人こそ多いものの、必要な資格や経験が無い。

特にネックとなったのが学歴です。
大学卒業が最低限の応募条件に記されているものがほとんどで、改めて「学歴社会」という言葉の重みがのしかかってきました。

そんな状況を変えたのは、ある言葉を見つけた時です。
業務委託」。
はじめのうちはよく分かりませんでしたが、調べてみると、在宅でも仕事を受注できる制度のことでした。
いわゆるフリーランスでの仕事というわけです。

これならば学歴も問われずに済みますし、必要な能力さえあれば、仕事を請け負うことは可能です。
経験を積めば、十分な稼ぎも得られるでしょう。

私は23歳の時に、在宅ライターとしてデビューしたのです。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

せっかくの在宅でできる仕事です。
私は地元に戻ることにしました。

しかし引っ越しの際に、収入が不安定なフリーランスの仕事ですと、不動産会社の方に訝しげな顔をされることもありました。
実際に、審査が降りるまでやや時間を要したようにも感じます。

そして、環境も伴い、いざ仕事を始めてみると、当然ですが大変なことも多かったです。
何より、はじめのうちはもらえる仕事も少なく単価も低いため、生活はかなり苦労しました

それでも昔から文章を書くことは好きでしたし、なんとかやる気は失わずに続けることができました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

やはり、自分で一からモノを創り出す(書き上げる)という作業は性に合っていると感じます。

どんな形であれ、自分が作ったものが世の中に出るというのは大きなやりがいになります。

ただ、フリーランスで仕事を始めるということは、相応の覚悟がいるものだと、実際に経験して学びました。
自力で仕事を獲得し、クライアントの信頼を勝ち得ていく。
これはなかなか一筋縄でいく作業ではありません。

私の人生の中ではかなりの博打だったと思います。



◇ ◇ ◇



今の仕事を始めて、もうじき2年が経とうとしています。
2年前に比べると、文章の腕もかなり磨かれてきたのではないかと思います。

今後の目標としては、専属ライターとして、どこかの企業に再就職できないかと考えています。
これまでの経験と実績があれば、学歴の面も賄うことができるんじゃないかと希望を抱いています。

また、ライターとしての技術だけでなく、クリエイターとして、Webサイトを立ち上げるための技術なども習得できればと思います。
できることが増えれば、可能性も広がっていくでしょうから。



女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。