『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:看護師から清掃員へ。良好な人間関係を求めて。


10

転職前

BEFORE
職業
看護師
職種
医療
従業員規模
500人
年収
300万円
会社名

転職後

AFTER
職業
清掃員
職種
清掃員
従業員規模
300人
年収
250万円
会社名

目次

そにおさんの転職ストーリー

1これまでの私

自由に、そして冷静に。

地元の市民病院で看護師をしていました。
担当は外科病棟です。

大学も医学部の出で、研修も学生時代から幾度となくこなしてきました。
ある程度、「医療の仕事とはこういうものだ」という認識ができていたからか、
仕事は大変なものでしたが、くじけずに続けていました。

性格は冷静沈着、一つの考えに縛られすぎないように心がけています。

家族は両親と兄と妹。
実家は同じ県内ですが、勤務先の都合で就職と共に私は一人暮らしを始めました。

趣味は読書にゲームに映画鑑賞。たまに散歩に出て喫茶店巡りなどもします。
たまの休みでもやることはいくらでもあり、不自由しません。
自由に、楽しくやれていると、当時は思っていました。



2転職のきっかけ

最悪の人間関係。

そうして1年、2年と看護師としての経験を積んできた頃。
職場に慣れてきたからこそ、職場の「嫌な部分」からも目を背けられなくなってきて。

たとえば、どこの職場にもそりの合わない人間はいると思います。
しかし私の職場でのそれは、想像を超えると言いますか、
ほとんど憎しみ合っていると言ってもいい同僚同士が、お互いに派閥めいたものを形成し、牽制し合っていたのです。

元々この業界はストレスが多いのは確かです。
相手の些細な言動・行動が頭に来てしまう気持ちも、分からなくはありません。

しかしそれ以上に、医療はチームワークがあってこそ成り立つ仕事だと私は思っています。
彼らは私の先輩たちでしたが、正直このような人間関係の中で仕事をしたくはありませんでした。

陰で同僚の悪口を言う。
特定の人間を無視する。


……とてもプロの医療の人間がやることには思えません。

(もっと良い環境・人間関係の中で働きたい!)

私は転職することを決めました。



3転職活動中

転職先は「郵便受け」の中に。

転職は初めてでしたので、不安はありました。

その時にはもう私は、職場の人の顔も見たくないくらいの心境でしたので、
働きながら転職先を探すのは、あまり現実的には思えませんでした。

幸いにして未使用の有給休暇が1か月分ほど溜まっていたので、籍は残しつつ、退職までの間を転職活動期間に置きました。

主にハローワークに通ったり、求人誌をパラパラとめくってみたりはしたのですが、
正直、どこにも心惹かれることはありませんでした。

私は随分と楽観的に考えていたのだと思います。
思えば、どのような職種に就きたいのかも何も決めずに歩き出してしまったわけですから。

母も元医療関係者だったので、「別の病院を紹介してあげる」とも言われたのですが、
やっぱり、私の中で医療業界への悪いイメージがついてしまいました。


ある時、何気なく家のポストを見ると、「清掃員募集」のチラシが入っていました。
年齢・資格も不問と書かれており、「もしかしたらこれは運命かもしれない」と思い、面接を受けさせていただきました。

そしてありがたいことに、採用の連絡をいただけたのです。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

入社後はすぐに現場に配属されました。

働いてみて一番のギャップは、やはり年上の方ばかりの職場だったことですかね。
前職は医学部上がりの20代がほとんどでしたので。

さらにはその多くが女性でした。
母と大して歳の違わない目上の女性に、どのように接したらいいのかはじめは戸惑いました。

しかし、彼女たちからしても私は息子くらいの年齢。
まるで実の息子のように面倒を見ていただいています。

すごくアットホームな職場ですので、良好な人間関係を求めていた私にとって、転職は成功でした。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

転職しての後悔はまずありません。

年収は下がりましたが、それも大きな問題には感じませんでした。

新しい職場の方々は、相手の嫌なところは直接本人に指摘します。
陰でコソコソ、なんてことはありません。
そうすることで、相手を思いやりながら、さらに良好な人間関係を築いているのです。

実際に職場のチームワークは良く、作業もスムーズに進みます。

社会人に必要なのは業務スキルだけでなく、こうした対人スキルも大切だと、改めて学ぶことができました。



◇ ◇ ◇



私の職場の上司は、当然私より一回り以上年上です。
先日、その主任から

主任

「○○くんはよく頑張ってるから、見込みがあるよ。いずれ俺の後を継いでもらいたいね」

と言っていただけました。
非常に嬉しい出来事でした。
その場合、ここのうるさい連中をまとめるのは苦労すると思うけどね」との助言もいただきました笑。

しかし、今の状態ではまだまだ私は主任の器ではないと思います。

堂々と胸を張って、チームの先頭に立てる日が来るように、今はひたすら力をつけていきたいです。



20代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。