『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:人材派遣会社から地方公務員へ。「誰か」と「自分」の幸せを叶える働き方に。

転職前

BEFORE
職業
人材派遣
職種
営業
従業員規模
100名
年収
400万円
会社名

転職後

AFTER
職業
市役所職員
職種
公務員
従業員規模
250名
年収
360万円
会社名

目次

しんのすけさんの転職ストーリー

1これまでの私

「人」と「社会」をつなげる仕事に。

学生の頃、私は「心理学」と「社会学」を熱心に学んでいました。
それらを知識として身につけていくうちに、

(将来は「人」と「社会」をつなぐ仕事がしたい)

という思いが強まっていきました。
そんなわけで、私が卒業後に就職したのは、東京の人材派遣会社です。

入社後数年間は一切の不満なく働いていました。
元々、志していた道でしたし、「誰かの役に立てている」という実感が持てる仕事でしたから。

しかし、30を目前に控えた頃でしょうか。
ふと、頭にある疑問が過ぎったのです。



2転職のきっかけ

自分が「ブラック企業」の片棒を担いでいるような気がして。

「人」と「社会」をつなぐという仕事は大変立派なものだと思っています。

しかし、派遣社員を雇う企業の中には、いわゆる「ブラック企業」もいくつかあり。
それでも大事なお得意様ですから、ある程度人を送らなければいけません。

ブラックな会社と知りながら、求職者にはそれを押し隠して就職を促す。
正直、まったく気持ちのいいものではありませんでした。
自分もブラックの片棒を担がされているような気分にもなりました。

その頃から少しずつ、かつての自分が抱いていた理想と現実に、明らかな乖離が生じていきました。

悪いことは重なるもので、ちょうどその頃に、実家の父が病気になりました。
母一人で父の面倒を見るのは、とても気がかりだというのもあって、

(ここら辺が人生の分岐点なのかもしれないなぁ……)

そう思ったのです。

それからの決断は意外とあっという間で、会社を退職し、私はUターンすることにしました。



3転職活動中

地方公務員になることを決意。

私の地元は茨城の片田舎です。
正直、東京に比べれば就職先は全然ありませんでした。

ある程度の安定性があって、かつ「人の役に立つ」という観点も大事にしたい。
そこで私が選んだのは、市役所職員になる道でした。
その日から、公務員試験合格を目指しての勉強の日々が始まりました。

実家で両親と共に暮らしてはいましたが、生活の面で世話になることは気が引けたので、
前職で溜めた貯金と、勉強の傍ら日雇いのアルバイトもしつつ、自分の支出分はきちんと賄っていました。

地元の役場には学生時代の友人も勤めていましたので、
試験の対策など、詳しいことを色々と教えてもらっていました。

そして試験当日。
これまでの必死の勉強と友人の助言も功を奏し、無事にパスすることができました。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

地方の市役所勤めですので、前職に比べると給与は下がりました。
しかしその分、きちんと定時で上がれる仕事です。

ただ、田舎町ならではの辛さもあって。
私の地元は深刻な人手不足であり、地域のイベントごとが休日にある時は、
必ず市役所職員も駆り出されます。

お祭りのお神輿担ぎなどは、ほぼ強制参加です。

そうなると休日はあって無いようなものですので、疲れは非常に溜まります。

また、人と向き合う仕事を志してきた私でも、さすがに滅入ってしまうこともあります。
たとえば公務員を敵視し「税金泥棒」扱いして怒鳴り込んでくる人などです。

以前は対企業同士のやり取りが多く、ある程度の節度を持って互いに接していました。
それが一般の方相手となると、時には容赦なく罵声を浴びせかけてくる方もいるのです。

そういう方は、こちらが何を言おうと話が通じない部分もあり、正直お手上げ状態ですね。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

見かけの条件に惑わされていた部分は否めません。
定時に上がれて、週休二日制」と聞けば、とても魅力的に見えますよね。

しかし、実際はそうではありませんでした。
転職の際には、条件面以外の部分でも、しっかりと吟味したうえで転職を決めることをおすすめします。

私がかつて、ブラック企業である側面を隠しながら仕事を斡旋していたように、
それと同じことが自分に返ってきたという気持ちです。


私と同じような目に遭う人が少しでも減るように、
ここで忠告させていただきました。



◇ ◇ ◇



その一方で、生まれ育った町に貢献できる喜びも確かにあります。
両親や友人、世話になった方々の生活を豊かにできる可能性を秘めた仕事ですから。

当面の目標は、仕事とプライベートの両立を図ることです。
他の職員も、休日にまで仕事が介入してくる現状にはうんざりしていると言います。

たとえば役所内で担当を決めて、イベントへの参加を当番制にするであったり、
行事の数自体を減らすであったり、やり方はたくさんあると思います。

それらを実施できるような体制を、私たちで作っていきたいと思います。



30代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。