『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:勢いあまって退職したはいいものの、見通しゼロ。

転職前

BEFORE
職業
システムエンジニア
職種
IT
従業員規模
10人
年収
300万円
会社名

転職後

AFTER
職業
システムエンジニア
職種
IT
従業員規模
20人
年収
400万円
会社名

目次

クロさんの転職ストーリー

1これまでの私

就職難の末、辿り着いた会社。

大学を卒業してから、ひとり暮らしを始め、地元のIT企業に就職しました。
職種はシステムエンジニアです。

当時は就職難と言われていて、なかなか就職活動には苦戦しました。

そんな中、内定をいただいた企業は「経験不問」と求人に記載されていたこともあり、右も左もわからない状態でしたが、就職しました。

規模はあまり大きくなく、社長がワンマン経営するような会社で、下っ端SEの意見など通らないことも多く、厳しいこともありましたが、
システムエンジニアとしての腕を磨きながら、社会人として色々なことを勉強させていただきました。

将来のことは、あまり考えていませんでした。

仕事に特別やりがいを感じることもなく、生活費を稼ぐためと割り切っていました。

今思い返せば、その時点でどこか冷めたところがあったのかもしれません。
特に趣味などもなく、仕事と家を往復する日々でした。



2転職のきっかけ

ある日、社長と大ゲンカ。

転職しようと思い立ったきっかけは、社長と言い争いをしたことです。

もともと働くのに良い環境というわけではありませんでした。
こちらの意見は聞き入れてもらえませんし、残業代や休日手当等、最低限の待遇すらも認められていない環境で。

そのため、数年で離職される方も多く、自分もいつかはと思っていました。

また、勤務から5年以上経っていたので、SEの仕事については、他の会社でも問題なく仕事ができると思っていました。
いま思えば、それは大きな誤解だったと理解していますが、その時は、そこまで深く考えられていませんでした。

ある時、納期が遅れている仕事の対応で、10日間ほどほぼ休まず仕事をし続けたことがあり、
さすがにその間の給与が反映されないことは、割に合わないと人事部にかけあったところ、
社長室へと呼び出され「うちの意向に沿えないなら、辞めればいい」というようなことを言われました。

私もこれまでのうっ憤が極に達しており、売り言葉に買い言葉で、ほとんど口げんかに近いやり取りをしてしまいました。

一時の感情に流されたのもありますが、どっちみちこんな会社には長くいられないと思い、転職することを決意しました。



3転職活動中

「上京してみれば?」に誘われて。

転職活動は、なかなかうまくいきませんでした。
特に準備もせず、離職したため、貯金を切り崩す生活を送りました。

貯金もそこまで多くありませんでしたので、次第に焦りを感じていました。

次の転職先が決まるまではと、アルバイトも始めてみましたが、

(こんな生活がいつまで続くんだろう?)

と、結局不安は増すばかりでした。

そんな時に声をかけてくれたのが、大学のときの友人です。
その友人は大学を卒業後、上京してそちらで働いていたのですが、
久しぶりに地元に戻って来るから飲みに行かないか、と誘われたのです。

そこで友人に、若干の恥じらいもありつつ現状について告白すると、

友人

「東京に来いよ。こっちの方が何倍も仕事があるぞ」

と軽い調子で薦められました。
あまりにも能天気な提案に苦笑しつつも、なんだか心が動いたのも事実です。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

結果、上京してすぐに就職先が決まったのですから、友人には感謝しなければいけません。

前職と同じ、システムエンジニアの仕事です。

それほど大きな職場ではありませんでしたが、良い上司に巡り合えました。
聡明な方で、こちらの意図を汲んで指導をしていただけるので、仕事がやりやすく、とても助かっています。

また、前職はいわば「社内のシステム関連の雑用全般」のような仕事を請けていたのですが、
こちらでは様々な仕事を経験することができたので、それも大変うれしい変化です。

また、経済的にも精神的にもに余裕が生まれると、徐々に将来のことも考えられるようになりました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

今回の転職で気付けて良かったことは、狭い価値観で留まることなく、もっと広い世界を知る必要があるということです。

将来を考えて、目標を立て、先に進み続けることが肝心です。

残念だったことは、転職の時期です。
もっと早くに転職しておけば良かったな、と思います。

転職に対して、前向きに考えていれば、良い時期に転職できたかもしれません。
入念に準備していれば、生活に困ることもなかったと思います。

また、できれば前職は円満退職しておきたかったですね。



◇ ◇ ◇



今後、取り組んでみたいことは、資格を取得すること。
自分のできる領域を増やし、社会人としての能力を上げておきたいです。

まだ結婚してはいませんが、そう思える相手も上京してからできたので、
これからは自分のことだけではなく、家族としての将来も考えていきたいです。

ゆっくりではありますが、目標に向かって、歩いていきます。



IT業界への転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント(IT特化)

マイナビエージェント(IT特化)
マイナビエージェントITは、国内有数の転職サービス「マイナビ」が、IT・Web業界の転職にターゲットを絞った転職エージェント。

数多くの独占求人非公開求人を掲げ、登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポートが人気です。

2位レバテックキャリア

レバテックキャリア
IT・Web系のエンジニア経験者に特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。

3位WORKPORT(ワークポート)

WORKPORT(ワークポート)
「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー