『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:国内アパレル業界から、世界をめざして。

転職前

BEFORE
職業
アパレル店員
職種
サービス
従業員規模
500人
年収
300万円
会社名

転職後

AFTER
職業
アパレル店員
職種
サービス
従業員規模
1500人
年収
400万円
会社名

目次

みにみにさんの転職ストーリー

1これまでの私

アパレル業界での充実した日々。

もともと私立四年制大学で、フランス文学を専攻していました。

卒業後はフランス文学の研究職を目指していましたが希望が叶わず、文学の次に興味のあったアパレル業界で働くことにしました。

新卒で国内の大手セレクトショップに販売員として入社し、都内で働いていました。

当時はまだ国内セレクトショップの売り上げは好調で、比較的やりがいを持って働いていました。

私はどちらかと言えばポジティブな性格で、やってみたことのないことにどんどんチャレンジしていきたいタイプです。

当時はただただお客様に気持ちよくお買い物をしていただくことが嬉しく、顧客づくりを仕事のやりがいにしていました。

学生の頃から海外旅行が楽しみのひとつでしたが、当時勤めていた国内アパレルショップでは長期休暇をとることができず、就職してからは海外旅行へ行けなくなっていました。





2転職のきっかけ

ある日、顧客から言われた「一言」で火が付き…。

自分の好きなことをする時間が取れない環境というのが、年々ストレスになっていきました。

また、職場には体育会系のスタッフが多く、上下関係が絶対、という社内の体制にも疑問を持っていました。

国内だけでの仕事だったということもあり、自分の視野がどんどん狭くなってきているようにも感じて。
かなり当時は焦っていたと思います。


そんな時に、入社当初から通ってくださっていた顧客様に

顧客様

「あなたはここで働いていてはもったいないよ。もっと色々な会社を見た方が良い」

と言われました。

私はどこかで、誰かにそう言ってもらえるのを待っていたのかもしれません。
すぐに転職へと気持ちが傾きはじめました。

自分の好きなことや今後チャレンジしてみたいことなどを突き詰めて考えてみた結果、やっぱり「もっとアパレルを極めたい。国内だけでなく、海外にも関われるくらいに」という自分の思に行きつき、その方面で転職をすることにしました。



3転職活動中

もっと広い世界を見られる仕事がしたい!

まず、志望する企業を絞ることからはじめました。

当初は日本企業で海外とも取り引きのあるアパレルをメインで探していたのですが、あまり自分に合いそうなところがありませんでした。
そこで、思い切って外資系のアパレル企業に目を向けてみることにしました。

ただ、外資系アパレル企業と言ってもたくさんあるので、自分の希望やキャラクターにマッチするところを調べていく必要がありました。
少しでも気になる企業があれば片っ端から企業研究をしていきました。

仕事は続けながら転職活動をしていたので、たまの休日を使って地道に企業研究をしていくのは、精神的にも体力的にもしんどかったです。


同業者の友達や先輩にアドバイスをもらいながら3つの企業に的を絞り、エントリーしました。

履歴書や職務経歴書はもちろんのこと、3社とも歴史のあるブランドを有する大手だったので、ブランドヒストリーまで徹底的に研究し、面接に備えました。

その結果、3社中3社から内定をいただきました。

つらいこともたくさんあった転職活動期間でしたが、今から思えば、思い切ってまず仕事を辞めて腰を据えて転職活動をしても良かったのかなと感じます。





4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

大学を卒業してからずっと同じアパレル企業で働いていたので、「経験があるから何とかなるだろう」くらいに思っていました。
けれども、今までいた日本企業と外資系企業では同じアパレル業界と言えども、まったく違っていました。

会社のルールや売り場でのマナーなどはもちろんのこと、専門用語や什器、検品方法、販売方法、立ち居振る舞いなどがびっくりするくらい違っており、まずは会社のルールを覚えたり、外資系企業の専門用語を覚えたりするのでいっぱいいっぱいでした。

就業時間はもちろんのこと、仕事が終わってからや休日にまで覚えることがたくさんあり、心も体もかなり疲弊していました。

また、前職で店長経験があったため、マネージャーとして配属されたのですが、こちらも今までの経験がまったくと言っていいほど通用せず、苦労しました。

スタッフ管理も任されましたが、配属された職場は人間関係があまり良くなく、苦労しました。

ただ、私がもともと嫌なことをすぐ忘れる性格だということもあって、半年ほどでなんとなく職場にも慣れてきました。

現在も同じ職場で働いていますが、「まあなんとかなるだろう」の精神で頑張っています。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

「同じ業界でも、ルールやマナーなどは企業によってまったく違うという場合もある」ということが一番の学びでした。

転職後すぐは

「前の会社ではこういうやり方でOKだったのに…」

「こういうやり方の方が効率が良いのに…」

と思うことも多々ありましたが、「郷に入っては郷に従え」の精神が大事だということも学びました。

もちろん現在は「こうすればもっと良くなる」という提案をしつつ業務を進めていますが、転職後すぐにそれをおこなってしまうと既存スタッフのプライドを傷つけてしまうことにもなりかねません。

色々と思うところはあっても、まずはまっさらな新人としての気持ちを忘れずに、新しい環境で自分を成長させていくことが重要だと思いました。
そのことに転職後すぐに気が付いたおかげで、既存スタッフともうまくやれているのだと思います。



◇ ◇ ◇



現在はストアマネージャーとして接客販売をおこないつつ、スタッフ&店舗管理や本部との橋渡しのような業務をおこなっています。

インバウンドのお客様が多いですし、本部にもフランスやイギリス国籍のスタッフが多いので、転職前の夢はある程度叶えたかなと思っています。

ただ、今後はより海外で活躍をしたいので、現地の工場を視察に行ったり海外のデザインチームなどとミーティングをしたりもしてみたいと考えています。

現在の企業ではリテールやエリアマネージャーのポジションが長年固定されており空きが出そうにないので、ステップアップのためにもう一度転職をするのもありかもしれない…と考えています。

ただ、あと1年ほどは現在のストアマネージメント職を極めたいとは思っています。





女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

全国の地域で対応が可能で、各都道府県の求人も豊富です。拠点も多く、オンライン・電話のサポートはもちろん対面での面談の受けやすさも強みの一つです。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。

保有求人は常時14万件以上、企業からのスカウトも活性しています。
また、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー