『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:職場の後輩からの嫌がらせが、転職のきっかけ。だけど、結果オーライ。

転職前

BEFORE
職業
貿易会社
職種
営業事務
従業員規模
1500名
年収
350万円
会社名

転職後

AFTER
職業
貿易会社
職種
貿易事務
従業員規模
500名
年収
350万円
会社名

目次

leoさんの転職ストーリー

1これまでの私

海外への関心が強かった学生時代。卒業後は貿易会社に入社

私は両親との3人家族で、父親はサラリーマン、母親は専業主婦の一般的な家庭でした。

しかし、母親の実家が裕福なため、小さい頃から何不自由ない恵まれた環境だったと思います。

また、母は若い頃から海外に行ったり、大学で英文学を専攻していたりと、海外への関心が強い人でした。

その影響か、私も物心ついた時から英語や海外の文化に興味を持つように。

私自身も大学時代に英語圏への海外留学を経験し、英語は得意でした。

そのため、英語力を活かせて、一般職のある商社でOLになりたいと思っていたので、大学卒業後、地元の上場企業の一般職として貿易会社に入社しました。

2転職のきっかけ

職場の後輩からの嫌がらせ。

新卒で入社した会社では、ありがたいことに3年目に大阪本社へ異動することに。

本社では、営業事務だけでなく貿易事務をメインに担当することになり、他にも秘書を兼務するなど、業務の幅が飛躍的に広がりました。

部署の先輩方や取引先にも恵まれ、仕事もとても楽しくやりがいがありました。

ですが、それは一人の後輩(ここでは「A」と記しておきます)との人間関係のもつれから一変しました。

私が当時付き合っていた男性がいたのですが、彼は私の勤務先の親会社に勤めていました。

しかし、Aは入社当時から彼に片思いをしていたのです。

私と彼との付き合いは会社には隠していました。ですが、そういう秘密はいつかバレるものです。
そのことを知ったAは、私への態度が急に変わりました。

仕事を依頼しても気づかなかった振りをする、同僚にあることないこと言いふらす、ミスがあった時に私のせいにする──。
とても嫌な気持ちになりましたが、きっと一過性のものだろうと、思いました。だから、我慢をしようと。

ですが、それが半年続いたとき、もう私はストレスで何もかもうまく行かないようになっていました。
Aの嫌がらせはずっと続きました。同僚の何人かはAの味方をして私から距離を置くようになり、仕事もなんだか楽しくなくなり、彼とも少しギクシャクしたり。

「なんで私がこんな目にあわなければいけないの…。」



そのとき、「もうこれは、退職しかない」と、自然にそう思うようになったのです。

3転職活動中

働きながらの転職活動を経て。

職場での状況が悪くなってきた初期の段階で、転職サイト転職エージェントに登録しました。

在職中に転職活動を行った方が条件がいいと感じ、頑張っていたのですが、仕事をしながらの活動は体力的にとても辛かったです。

就業後に面接に行ったり、自宅でも履歴書を書いたりと、気が休まる時がありませんでした。

そのように在職しながら2ヵ月ほど転職活動が経過したころのことです。

ある転職サイトを通じてスカウトしてくださった企業がありました。

その会社は前職と同業他社。今の自分の業務内容をそのまま活かせると思ったため、すぐに面接に行くことに。

企業としても経験者は助かると思ってくれたのか、選考はとんとん拍子に進みました。

4転職後

新しい職場での仕事は、「貿易事務」

新しい職場での私の仕事は、貿易事務。前職と同じ役割です。

貿易事務の仕事は業務のルール・フローが非常に多いのですが、新しい会社の規模は前職よりも格段に大きいことから、「教育・指導体制は整っているものだろう」と当然のように思って入社しました。

しかし、私が入社したポジションでの採用は前例がなかったらしく、指導する人も教えられないという状況でした。

幸い、前職で同じようなシステムを使用しており、業務内容も経験があるため何とかこなすことができました。

一方で、今後も新入社員が入ってきた場合などに備え、マニュアル作成が急務だと感じました。

新しい業務をこなしながらのマニュアル作成はなかなかのハードワーク。
ただ、今では自分にとっても、早く新しい会社の業務に馴染むために良い機会だったと感じています。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って思うこと。そして、これから目指していきたいこと。

今回の転職活動は在職しながら行ったため、やはり体力的にしんどいと感じることが多く、早く決めてしまいたいと思うことがよくありました。

それ自体が悪いことだとは思いませんが、今後転職活動をする際には、退職してからじっくりと腰を据えて活動してみたいと思いました。

「はやく決めたい」という焦りが、適当に企業を選ぶことに繋がってしまっては本末転倒です。

私も、仕事と転職活動の両立が体力的に厳しく、スカウトしていただいた企業に飛びついてしまった感があることは否めません。

もう少し余裕を持って、未経験の業界についてもじっくり調べてみたかったと、今になって思います。

それから、今でも忘れられないのは後輩Aの嫌がらせ。

人って、あそこまで他人を逆恨みして、残酷になれるんだということを知りました。──女の性かもしれませんが、反面教師にしたいですし、今後の職場の人間関係構築の際に注意しないとと思います。

◇◇◇

転職して、早3年が経ちました。
正直いうと、オフィス勤務はもうそろそろいいかな、と思っている自分がいます。
貿易事務として9年間勤めてたくさんの学びを得ましたが、最近は少しマンネリ気味です。

ちょうど今年、婚約しすることにもなって。

今後は、在宅での仕事を増やし、新しい領域にもチャレンジしたいと思っています。

ゆくゆくは、両親や祖父母のように悠々自適な老後を送ることが夢です。

女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

全国の地域で対応が可能で、各都道府県の求人も豊富です。拠点も多く、オンライン・電話のサポートはもちろん対面での面談の受けやすさも強みの一つです。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。

保有求人は常時14万件以上、企業からのスカウトも活性しています。
また、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー