『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:仕事に忙殺される毎日。看護師としてやりたいことを求めて。

転職前

BEFORE
職業
医療
職種
看護師
従業員規模
800名
年収
550万円
会社名

転職後

AFTER
職業
医療
職種
看護師
従業員規模
200名
年収
420万円
会社名

目次

さくらさんの転職ストーリー

1これまでの私

仕事は充実していても、プライベートは真逆。

私は20歳で社会人になってから看護師しか経験したことがありません。

4年目を過ぎたあたりで、仕事において基本的な事は1人でできるようになりました。


看護師としては、まだまだ半人前。

それでも、忙しい急性期の病棟業務をこなすこともできるようになり、技術としてもスキルアップしていたと思います。

■急性期とは


急性期とは、病気になり始めた時期のこと。

患者さんの容態が変化しやすい期間で、素早い判断や迅速な対応が求められます。

他にも、回復期、慢性期、終末期などに分けられ、それぞれのステージで必要な措置内容は変わってきます。

仕事に関しては、やりがいを持ってできていました。大きい病院だったこともあり、最先端技術の導入されてもいたので。


人間関係にもいても、同僚や先輩は皆サバサバしていて、特に親しい人はいませんでしたが、特別なトラブルなかったです。

私自身が、淡々と1人で仕事をこなすタイプだったこともあり、良い環境だったと思います。


仕事以外では、特に趣味はありませんでした。

一人暮らしなので、帰ったらご飯を食べて寝て、また仕事に行くの繰り返し。


なので、プライベートは充実しているとは言えませんでした。

あまりに仕事が忙しく、休みの日も会議や研修なので病院に行かなければならない状況でもあったので。

もちろん彼氏もおらず、実家にも帰る余裕もなかったです。



2転職のきっかけ

同僚の退職を機に自分のキャリアを考え始めて。

看護師として中堅層になってきたことで業務の求められることも増えたことで、さらに仕事が忙しくなりました。


そんな時に、同期の1人が辞めると言う話に。

同期

「私にはもっとやりたいことがあるから別のところで働きたい」

彼女の言葉を聞いて、私は自分を振り返りました。

(今まであまり考えてなかったけど、私がやりたい事って何かな・・・)

そして私がやりたい事は、もっと地域に根ざした看護がしたいのだと気づきました。

もちろん、急性期で新しい技術を学ぶことも楽しかったのです。

一方で、私は退院支援や在宅看護などのことに興味がありました。次第にそれをしたいと考えるようになり、転職を決めました。

■退院支援とは


退院支援とは、病にかかっている患者さんが生活を快適に過ごせるように、患者さんとその家族をサポートすること。

退院というのは、必ずしも病気が完治した状態ではありません。また、完治後もすぐに元の生活ができるわけではないので、退院支援というサービスがあるのです。

なので転職のきっかけは同僚でしたが、他にもいくつか理由はありました。

もっとプライベートを充実させていきたいと思うようになったこともその一つ。

また、直属の上司が変わり、病棟内のスタッフ間の関係があまり良くない状況からストレスが大きくなっていました。


色々と考えたときに、当時の病院を離れる時期だという結論に至りました。



3転職活動中

転職活動開始。でも、仕事が忙しくて…。

転職を決意して、まずは自分でサイトなどを見て求人情報を探しました。


ですが、もともと仕事が忙しいことが足枷に。

自宅に帰ってもう疲れて寝てしまったり、研修の資料を作成したいと忙しい状況でなかなか進みませんでした。


なので、マイナビ看護師のエージェントさんを利用することにしました。

そして、自分の希望に沿った病院がどれくらいあるのかピックアップしてもらうように依頼。

電話でスムーズにこちらの希望を聞いてくださり、それからメールでめぼしい病院の情報を送ってくれました。

なので、すきま時間でピックアップされた病院を見るだけでよかったので、とても楽でした。


ですが、今の病院があまりに忙しくて辞めると言うことをなかなか言い出せず、苦労しました。


そんな時に先輩が、

先輩

「何か悩んでるみたいだけど、自分の人生なんだから早めに行った方がいいよ」

と言ってくれ、背中を押されたことがとても活力になりました。


そして、ちょうどキリが良い3月末で辞めることを年明け前に上司に伝え、そこから本格的に転職活動を進めました。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

無事に転職先が決まり、入社時期は4月。

そのため、新人と一緒に配属されることになり特に目立つこともなく入社できました。


新しい勤め先は、前の病院よりも規模がだいぶ小さい病院でした。

病棟内もアットホームな雰囲気で、全然違う職場環境にやや戸惑うことも。


ただ、慢性期の病棟に配属されたこともあって、そこまで忙しい状況ではなかったです。

なので、ゆとりを持ってと仕事を終えられたことはとても良かったなと思います。


加えて、私がやりたかった退院支援に初めから携わることができるように配慮してくださりました。これには、本当に転職できて良かったと満足しています。


ですが、私はもともと急性期にいました。

新しい職場なので違いは当然のことですが、慢性期ならではのやり方があったり、使っている医療機械が古かったりと慣れるのに苦労しています。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

転職前は、ただただ与えられた仕事をこなすことだけで、精一杯でした。

ただ、その中でもで自分に合った仕事内容ややりたいことはでてきているものだなと感じました。


忙しい中でうやむやにしていた自分のやりたいことを、同僚の言葉で気づくことができてとても良かったです。

振り返ると、忙しさを理由に考えないようにしていたのだと気づきました。

また、急性期ならではのことを学べたのは、今の私にとってはとても財産になっています。


そして、自分のやりたいことをできるのは、本当に気持ちよく仕事ができるのだと学びました。

ただ、贅沢を言えば給与面が下がってしまったことはちょっと後悔しています。

ですが、その代わりにプライベートの時間をたくさん確保することができるのは嬉しい限り。


◇◇◇


現在は看護師として、病院内で退院支援を中心に関わらせていただいています。

ですが今後は、在宅医療をもっと推進していきたいという想いが、私にはあります。

なので、在宅看護師を経験したり、ケアマネージャーの資格などにも手を伸ばして行けたらいいなと考えています。

■ケアマネジャーとは


正式には「介護支援専門員」だが、一般的にはケアマネジャーと呼ばれる。

ケアマネジャーとは、介護保険制度に基づいて、障害を持っている方が自立した生活を送るために、様々な解決する「ケアマネジメント」を行う資格のこと。

さらには、より地域に根ざした看護が出来るように、知識をたくさんつけて行けたらと思っています。


そしてできれば、自分で在宅看護の会社などの会社をつくりたいです。

施設との連携や病院との連携ができる、自分の理想が叶う何かを作って行けたらいいなと考えています。

そのためには経営に関しても学ばなければならないなと思っているので、資産運用についてもチャレンジしていきたいと考えています。

まだまだ前途多難ですが、プライベートの時間が充実しているので、様々な分野に手を伸ばしていきたいと思えるようになりました。





女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー