『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:生命保険営業勤務。結婚を前に、今の会社で続けるべきか。

転職前

BEFORE
職業
生命保険
職種
営業職(個人)
従業員規模
200名
年収
450万円

転職後

AFTER
職業
生命保険
職種
営業職(法人)
従業員規模
5000名
年収
600万円

目次

bokkoriさんの転職ストーリー

1これまでの私

目の前の仕事に全力で取り組んでいました。

転職したのは3年前。


新卒で民間生命保険会社個人のお客さまをメインに営業をしていました。
ルート営業ではなく、直接新規のお客さま宅にお伺いをする営業に従事。

保険商材のご案内や事前のアポイントの電話、ご紹介にようお客様など、様々な方法を用いていました。

仕事でのやりがいは、お客さまのライフプランに沿った商品をご案内することで、お客さまがお困りのときやご病気の時にお役に立てることでした。


また、私には結婚を考えている女性がいました。

結婚に向けての貯金やその女性を支えていくことが人生の目標。


当時は、新卒で右も左も分からないながらも日々が充実しており、その日その日を全力で生きていたような気がします。



2転職のきっかけ

残業の多さに加え、現在の職業への不安も。

当時のことを振り返ると、転職を考える環境ではありませんでした。

仕事自体は充実していて、収入自体も低くはなかったので。


しかし、お付き合いしていた女性と結婚を意識した時に、考えが変わっていきました。

(今日もこんな時間か…。今の状態じゃ結婚したとしても家にあまり居られないよなあ。)

帰りが22時を越えることも多かったです。


さらに、当時の職場の先輩から言われました。

先輩

「今後、個人向けでの生命保険商材の営業は敷居が高く、まず話を聞いてもらえなくなるだろうな…。そうなると、もちろん収入自体も安定しないし、かつ保険商材が溢れている今の時代においては購入してくれる方も減ってくるはず。むしろ収入はそれに応じて減ってくかもしれない。」

など、転職を考えなければと思い始めました。



3転職活動中

転職活動開始。でも、仕事が忙しくて…。

当時の状況的に、辞めてから転職活動をするのは難しく、仕事は辞めずに行うことに。


しかし、仕事を続けながらのは転職活動はしんどかったです。

(あ、土曜日面接だったのに営業は入っちゃったな、休めないか…。ノルマもあるしな…。)

と、転職活動になかなか力を注げない環境にジレンマを感じました。


ただ、お客さまとのコミュニケーションやご提案のスキルは、面接で自分自身をアピールするのためにも役立ちました。


当時は、かなり辛く大変でした。

でも、現在の妻や実家の家族の精神的かつ経済的な支援、友人と面接の練習等、周囲の人々に助けられ、何とか踏ん張ることができました。

そして、無事新しい職場が決まりました。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

転職先も前職と同じ民間生保会社でした。

大きく前職と異なっていたのは、個人営業ではなく法人を相手にした営業活動がメインだということ。


良かったことは、1度契約を頂ければ長期に渡って且つ大きな金額でご利用頂けるので、ある程度の収入は確保されること。

また、新規で契約を頂ければ、個人営業の時とは比べられないほどの大きな手当を頂けることでした。


しかし、大変なこともありました。

同じ保険商材を扱うにしても、個人営業の時には全く触れなかった専門知識が必要だったので、終業後も勉強の日々。

インプットをした上で、アウトプット出来なければ営業が出来ないので、そこは本当に苦労しました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

転職は、漠然と今が辛いからという理由や、何となくつまらないからという理由で決めない方が良いと強く感じました。

明確な目的や目標を掲げて動き始めないと、本人が一番苦しい思いをするからです。


前職の知識を生かしながら、現職の法人営業のスキルを身につけることが出来たのは非常に良かったです。


ただ、前職の上司や先輩、お客様には申し訳ないと思うこともあります。

新人だった私を、本当に良く見ていただきましたし、お相手してくれたお客様もいらっしゃったので。

しかし、そういった気持ちも乗り越えていかないと、転職は上手くいかないのだとつくづく学びました。


◇◇◇


前職もそうですが、現職にも大きなやりがいを感じています。

日本の経済を支える中小企業の経営者の方とお話が出来ること自体幸せなことです。

その方たちの願いや希望を叶えるためのお手伝いが出来るので、非常に大きな幸せを感じています。


今後はより大きなお力になれるように様々な資格を取得し、労務・財務やより多角的な視点で支援が出来るようチャレンジしていこうと考えています。


家庭においても、妻とこれから産まれてくる子供のためにも気を引き締めて、仕事に努めていきたいです。


また、前職でも現職でも私に優しく、そして時に厳しく指導してくれる素晴らしい先輩・上司がいました。

私も、自分の後輩に的確なアドバイスや、何かを決断するときに背中を押してあげられるような大きな存在になりたいですね。





20代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

全国の地域で対応が可能で、各都道府県の求人も豊富です。拠点も多く、オンライン・電話のサポートはもちろん対面での面談の受けやすさも強みの一つです。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。

保有求人は常時14万件以上、企業からのスカウトも活性しています。
また、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]