『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:同じ職場で3年も我慢する必要なんてない。自分を大切に。


10

転職前

BEFORE
職業
金融機関
職種
一般事務
従業員規模
230名
年収
200万円
会社名

転職後

AFTER
職業
製造業
職種
一般事務
従業員規模
40名
年収
200万円
会社名

目次

茶田さんの転職ストーリー

1これまでの私

金融機関の事務仕事に従事。

私が転職したのは5年前です。

転職前は、地元の金融機関で事務や窓口、支店内の現金管理といった仕事をしていました。


私は引っ込み思案な性格。

転職前から、接客や営業よりも、黙々と事務仕事をすることに向いている自覚がありました。

ただ、接客の中でも不思議と電話対応だけは得意で、それだけは自慢できると感じていました。


家族構成は母と私、そして1匹の愛猫でした。

就職前は資格を取得することが趣味。

日商簿記や電卓検定といった実務に役に立つ検定から、ITパスポートなどの何に使うか良く分からない資格まで色々取得しました。


しかし、逆に前職で取得が義務付けられていた資格にはあまり身が入らず、試験に落ちることもありました。

また、昔からお絵描きと読書が好きで、前職でも家に帰ってそれらのインドア趣味を楽しむことを生きがいにしていました。



2転職のきっかけ

入社前に聞いていた仕事とは違っていました。

仕事は淡々とこなしていましたが、普段からこう感じていました。

(自分に合っていない仕事をしる気がする・・・)

入社前、私は「金融機関一般事務」に従事する、と聞いていました。

そのため、事務職希望だった私は職場を前職に決めたのです。

しかし、実際に担当したのは、ほとんどが窓口での接客業務。

営業に近い仕事も多く、話が違うという思いがどんどん大きくなっていきました。


また、 職場の人間関係が悪かったことも理由のひとつです。

私が配属された支店では、学生同士のいじめのようなことも行われていて、唖然としてしまい、「早くこの会社を抜け出したい」と思っていました。


常々そう感じていたことから、私は転職をしようと思いました。


実際に転職したのは21歳のときでしたが、「転職したい」と最初に思い始めたのは就職したてのかなり早い段階だったといえます。



3転職活動中

右も左もわからない転職活動。

私にとっては初めての転職活動です。


周りに転職経験のある友達もいなかったので、右も左もわからず四苦八苦しました。

とりあえず、インターネットで「転職 方法」といったキーワードで片っ端から調べることに。

「何が分からないかも分からない」という状況から抜け出そうと必死になりました。


そして、毎日転職について調べていくうちに、だんだん転職の方法や手順などが分かってきました。

やっと「転職する」ということが自分の中で現実味を帯びてきました。


転職先探しの手段も主にインターネットです。

特に、ハローワークインターネットサービスを頻繁に利用しました。

■ハローワークインターネットサービスとは


ハローワークインターネットサービスでは、全国各地のハローワークが持っている求人情報の中で、募集会社がハローワークインターネットサービスにも掲載を希望している求人を検索することができる。

つまり、「ハローワーク」に出ている求人を全て見ることができるわけではないのです。

理由は、一番信用できるサービスだと思ったこと。

それと、掲載内容がシンプルなので会社同士の比較がしやすいと感じたことです。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

転職してまず驚いたのが、人間関係の風通しのよさです。

前職では人間関係がとても悪く、職場内の空気もどんよりしていました。


それが転職先では、みんながあっけらかんと大口を開けて会話をし、自然な笑顔を浮かべていました。

また、前職で当たり前にやっていた仕事をこなすだけでも、

上司

「まだ入ったばかりなのに早いね!優秀!」

と声をかけられました。

(前の職場とは全然違うなあ。もっと頑張ろう!)

初めはビクビクしていた私も、だんだんと自己肯定感が高まり、仕事に対する熱意も増していくのを感じるようになりました。


さらに、まだ発足したての会社だったこともあり、あらゆるルールや規定、書類のひな形にいたるまで、ほとんど何もない状態だったことにも驚きました。

しかし、同時期に入った同僚たちと、ああいでもないこうでもないと悩みやながら、1からルールを作っていくのが楽しく、新鮮でした。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

私は「転職したい」と感じてから、実際に転職するまで、3年間の空白があります。

それは、誰からともなく、「同じ職場で3年間は我慢して働け」という言葉を聞いていたから。

私はその言葉を愚直に信じ、3年間我慢し続けました。


しかし、その結果、体を壊してしまいました。

その時の影響は、転職して5年経った今でも抜けていません。むしろ、抜けたと思ったら悪化しての繰り返しで、今はちょうど悪化している最中。

せっかく良い職場に巡り会えたのに、万全の体調で働くことができず、申し訳ない気持ちです。


なので私は、転職するまで3年間、耐え抜いてしまったことを後悔しています。

そして、「自分の心と体は、自分できちんと大切にしなければいけないんだ」と。

そのためには、「周りの声を振り切る勇気を出すことが大切だ」ということを学びました。


◇◇◇


私は現在の職場での過ごし方や仕事内容に、おおむね満足しています。


しかし、体調面の不調から、どうしても人と同じサイクルで働くことができません。

なので、まず第一に、体調面の心配がいらないような健康体を手に入れること。それを目標にして努力しています。

健康面に心配がいらない体で、仕事にも趣味にも全力で打ち込むことが、私の理想とする未来像です。


そのために、できる時にできる範囲で体を動かし、ほんの少しずつでも内側から体を強くできるよう努めています。

そして、万が一健康体を手に入れることが難しいようであれば、在宅ワークで生計を立てることも視野に入れています。

そのためにはやはり相応の知識がなければいけないので、在宅ワークや自営業に関する勉強に少しずつ取り組みたいと考えています。





女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で評判の高いパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー