『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:好きなことを仕事に、営業からプログラマーに転職

5

転職前

BEFORE
職業
会社員
職種
営業
従業員規模
300人
年収
420万円
会社名

転職後

AFTER
職業
ITエンジニア
職種
プログラマー
従業員規模
10人
年収
550万円
会社名

目次

たけぽんさんの転職ストーリー

1これまでの私

今の仕事を続けることに不安を感じるようになって

転職前はとある会社で営業職をしていました。

主な業務はお客様相手の取引や、事務作業です。

最初のころはミスばかりで上司に怒られることも多かったです。

それでも、1年も経ったころには営業先とのコンタクトもコツをつかんで、スラスラ行えるようになっていました。


ですが、2年目になる頃には、このままこの会社で年を重ねていくことに不安を感じるようになって。

もともと、転職前の会社は新卒入社向けに複数社受けた中で、合格をもらえたところに入社しただけでした。

正直、営業の職もそこまでやりたいことではありませんでした。


ふとしたときに、この会社で今後も長く働き続ける自分を想像したときに、「恐ろしいな」という感情が湧き出てきて――。

「自分の好きなことでなにか仕事がしたい」

と転職を考えるようになりました。





2転職のきっかけ

このままではダメだと、転職を決意

転職しよう」と思ったきっかけは、やはり将来への不安や、「このまま自分が、現状のまま歳を取っていってしまうかもしれない」という恐怖心だったと思います。

なんだかぬるま湯につかっているような、脳に刺激が少ないような感覚がしていたのです。

また、せっせと仕事している上司が、私にはなんだか表情に覇気がないように見えて。

そんな様子を見て、余計に「ここから抜け出したい」という気持ちが強くなっていってしまったのかもしれません。


それに、営業職にそこまで興味がなかったこともありました。

そもそも私は、趣味でプログラミング教室に通っているほどプログラミングが好きでした。

ですので、「いつかはITやWeb業界で働きたい」という希望が以前からあって。
それも、完全に事務作業のように関数を使って数値を揃えていくというものではなく、「1からコードを書く仕事」をしてみたかったのです。


そうして悶々とした毎日を送っているうちに、いてもたってもいられなくなり、私は転職を決意しました。





3転職活動中

転職活動を通じて相性の大切さに気付く

プログラマーの求人探しは、それほど苦労しませんでした。

ですが、選考自体はうまくはいかず

はじめの1社2社ならまだしも、不採用が4社5社と続いてしまうと、

「本当に転職なんて可能なのだろうか」

と思ってしまうこともありました。


しかし、なかなか転職活動がうまくいかない中で、あることに気が付きました
それは、「相性」についてです。

会社から内定をもらうためには、業務知識だけでなくコミュニケーションスキルなどが求められます。

ですが、何度か面接で企業の人達と話していて、その人たち──つまり会社との相性も合否に関わる大きな要素になると感じるようになったのです。

同じような業務知識を求める会社でも、相性によって私に対する受け止め方や評価の仕方が異なることに気付いて。

そして、それは当然私の方でも「この会社と自分は合わないだろう」と感じることもあって。

そのことに気付いてから、私は面接時に「会社に選ばれること」だけでなく、「自分との相性が良いか」についても考えるようになりました。

それは同時に、私が変に緊張しすぎずに自然体で面接に臨めるきっかけにもなったと思います。


その後、無事に内定をもらうことができて、ようやく安心できました。

この経験から、会社や人との繋がりには「相性」と、そして自分自身も相手を「受け入れよう」とする意識が大事だということを学びました。





4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

なんといっても、転職後はリモートワークが多くなったことが一番変わった点でした。

今はコロナの影響でリモートワークを行う会社も多くなりましたが、転職先の会社はそれ以前からリモートワークを行っていて、社員間はビデオ通話やメールで連絡を取りながら作業をすることがほとんどでした。

もちろん出社することもあります。
それでも、リモートワークの方が日数的に多く、比較的楽な作業環境だと感じました。

以前の会社では、出社して働くのが当たり前でしたので、移動のためだけに数十分は時間を割かなければなりませんでした

しかし、リモートワークがメインになってからは、自宅で自由に仕事を始めたり再開することができました。

人とのコミュニケーションも取れているので特につらいと思うこともありません。

以前と比べて、ストレスがかなり減ったと感じています





5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

今の会社はみんな和気あいあいとしていて、仲もとても良いです。

たまに飲み会を開いては、いろいろなことをワイワイ話したりもします。

人間関係へのストレスもなく、いつもスッキリした心境で業務をすることができているので、転職してよかったです。


一方で、現在の職場には繁忙期もあって。
そういった時はかなり体力勝負になって、心が挫けそうになることもありました。

ですが、そのことを社長に相談したところ、打ち明けたことに対して喜んでくれて

今後の取り組み方や、もし休職することになっても、いつまで働くかいつ復帰するかというところまで応じてくれました。


また、転職後の職場は土日祝日は必ずお休みになりますので、友人や仲間と会う機会も増えました。

残業もありませんので、以前よりも「プライベートの時間を有効に過ごそう」という意識を、以前よりも強く持てるようになりました。


◇ ◇ ◇


性格上仕方がないのですが、どうも私は「仕事を頑張りすぎる」ところがあるらしく、

同僚

「知らず知らずのうちにプライベートの時間を仕事に費やして、疲労をため込んでしまうところがあるよね?」

と、同僚にアドバイスをされたことがありました。

そのため今は、プライベートの時間と仕事の時間をくっきりと分け、一日の仕事の量を無理ない作業範囲になるよう調整するようにしています。

それら時間配分を意識している分、たまにすこしだけストレスを感じることもあります。

ですが、プライベートの時間は好きなことをやったり、ちゃんと睡眠もとるようにして、前より疲労を感じることは少なくなりました。


現在は、将来に対する不安や恐怖心を感じずに、毎日過ごすことができています





IT・Webエンジニアで転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT
マイナビIT AGENT」は、国内有数の転職サービス「マイナビ」が、IT・Web業界の転職にターゲットを絞った転職エージェント。

数多くの独占求人非公開求人を掲げ、登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポートが人気です。

2位レバテックキャリア

レバテックキャリア
IT・Web系のエンジニア経験者に特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。

3位WORKPORT(ワークポート)

WORKPORT(ワークポート)
「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー