『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:コロナ禍の影響でカメラマンとしての仕事がなくなり、不動産営業へ転職。

転職前

BEFORE
職業
マスコミ
職種
カメラマン
従業員規模
4名
年収
220万円

転職後

AFTER
職業
サービス業
職種
不動産営業
従業員規模
10名
年収
300万円

目次

みんぽんさんの転職ストーリー

1これまでの私

大好きなカメラマンとして働いて。

私は2020年3月頃までカメラマンの仕事をしていました。

給料は安かったのですが、実家暮らしという事もあって生活に困っているということはありませんでした。

仕事の内容としては、ニュースやバラエティの撮影業務をしていました。
職業柄残業は結構多いほうで、帰りがかなり遅くなってしまう日も少なくありませんでした。

それでも、自分の撮影したものがテレビを通じて沢山の人に流れる嬉しさは計り知れないもので、かつ毎日色々な現場に行って刺激を受けることもできていたので、本当に楽しく仕事をしていました。

映像を撮影する楽しさの他にも、元々子供の頃からカメラなどの機械をいじるのが大好きだったので、私はカメラマンを「天職」だと感じて毎日業務に励んでいました。

性格的に飽き性な私が、一つのことをここまで長く続けることができたのは、カメラだけだったのです。


家族も、子供の頃からの私を知っているので、仕事を応援してくれていました。

自分の大好きなカメラという仕事に携わることができていること、そして家族にも応援してもらっていることで、「この仕事は一生続けていく」ものと思っていました。





2転職のきっかけ

新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなって。

2020年の新型コロナウイルスの感染拡大によって、仕事での影響を受けた人は多いでしょう。私の会社、そして私自身もそうでした。

会社で関わる予定だったイベントの多くが中止に追い込まれてしまい、私の映像の仕事も激減しました

最初は、

(…大変なことになった。だけど、ニュースの仕事ならすぐに元の状態に戻るだろう)

と、思っていました。

しかし、コロナ禍はすぐに収まることはなく、話題もほとんど新型コロナのニュースばかり。

当時(2020年3月頃)は新型コロナの報道に関してあまり撮影をする必要がなく、バラエティの撮影も控え気味になっている中、私の仕事はどんどん無くなっていきました。

そんな状況で、給与も半分以下に落ち込んでしまって

残った僅かな生活費で日々を送る日々が続きました。

そのうち、段々とこれから先の将来を考えるのが怖くなってきたのです。

(このまま、カメラマンとしてやっていけるのだろうか…)

この新型コロナウイルスがいつ落ち着いて仕事が戻りだすのかも分からない状況では、カメラマンとしてやっていくにはとても不安でした。


そんな中、同期のカメラマンが転職をして他業種で働き始めたことを知って。
これをきっかけに、「今は好きなことで働くよりも目先の生活の為に仕事をした方が良い」と考えるようになり、私は転職を決意したのです。





3転職活動中

周囲のサポートを受けながらの転職活動。

転職活動中は、コロナ禍で自粛しているムードの中、面接等で外出を繰り返す勇気が必要でした。

一緒に暮らしている家族から「出かけすぎじゃないか」「感染したらどうするんだ」と思われるのが不安でしたが、逆に応援してくれて。

両親

「早く転職出来るといいな、頑張れよ。」

と、毎日励ましてくれたおかげで、前向きに転職活動と向き合うことが出来ました

また、恋人にも色々な面でサポートしてもらいました。

それから、前述した元カメラマンの同僚が一緒に求人サイトでの仕事探しを手伝ってくれて。一人で仕事の候補を見つけるよりも素早く希望の仕事の目星をつけられました

周りの友達にもコロナ禍の影響で暇な時間が増えたからか、仕事について相談するとすぐに返事が返ってきて、具体的に友人たちの仕事の情報も聞くことができました。

おかげで、「皆の応援に応えるためにも、この転職は成功させたい」という気持ちを強く持つことができました。


最終的に私が内定をもらったのは、賃貸専門の不動産営業の仕事でした。

転職活動を開始してから、1カ月ほどで仕事を決めることができました。
周囲の人たちには本当に感謝しています。





4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

カメラマンしかやってこなかった私でしたので、不動産の知識は全くありませんでした。

ただ、このコロナ禍で同時期に転職してきた人は私以外にも何人かいて、幸運にも会社自体が私たちのような未経験の人に対して親身になって教えてくれました

新しい業務で覚えることも多かったですが、「未知の分野に携われる」という新鮮さもあって、それなりに楽しみながら働き始めることが出来たと思います。

仕事もコロナ禍の影響でそこまで忙しいというわけではなく、比較的ゆったりと自分のペースで仕事を覚えられる環境にあったことも、不幸中の幸いでした

営業トークなどこれまでやってきたことのない私でしたので、お客様との対面営業ではとても緊張しました。

ですが、何度か経験していくうちに、来店するお客様の誰しもが「最近のコロナ禍」について気にしていることを知って。
もちろん私自身もそうでしたので、対談の際に「コロナ禍の話題から徐々に案件の話に移っていく」というやり方で、意外にも上手くやっていくことが出来ました。





5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

今回転職活動をして思ったのは、コロナ禍の影響を大きく受けている職種・業種と、ほとんど受けていないところとで差があるということです。

私の場合は生活できるお金が重要だったので、コロナ禍でも安心して生活の出来ると思った職種に転職しようと考えました。

「カメラマンの仕事を続けたかった」とは今でも思いますが、生活できなければ意味がありません。

また、もし今回、飲食業観光業などコロナ禍の影響を大きく受けている業種に転職していたら、やはり生活は厳いままだったでしょう。

適切な選択をして転職できたこと、また、支援してくれた周囲の存在にも改めてありがたさを感じています。

人それぞれ違う仕事をしていて状況が違うからこそ、友達や周りの人に現状を尋ねたり聞いてみたことによって上手く転職活動が出来たのだと思います。

また、いつ終息するか分からないコロナ禍で、気持ちとしても不安な状態が続いてましたので、周囲の存在はメンタル面でも重要な存在でした。

これからコロナ禍中に転職する方は、一人で抱え込まず、周囲に相談したりサポートを求めながら活動してほしいですね。


◇ ◇ ◇


今後は、コロナ禍に負けずに、たくさんお金を稼ぎたいと思っています。
現在の職場には、基本給のほかに歩合制があります。つまり、頑張って成約数を増やせばより多くのお金を稼ぐことができるのです。

まだ不慣れで分からないことも多い仕事ですが、日々精進してその目標に近づいていければと思います。

また、不動産業は宅建の資格があると手当もつくので、勉強をして少しでも生活のレベルアップを図り、両親にも恩返しがしたいですね。

宅建(宅地建物取引士)とは

宅建とは、不動産取引の専門家のことで、宅地建物取引士は国家資格にあたります。

宅地や建物に関する取引を、安全かつ迅速に行うためにできた資格制度です。

この資格を取得することで、専門知識のない顧客に対して不動産の売買や賃貸物件の斡旋を行うことができるのです。

それから、仕事が落ち着いて最近は物欲もでてきました笑。
車や洋服など、ほしいものは沢山あります。

「大変な状況だから今は買えない」と決めつけず、「今でも出来る」と思えることは、一所懸命働いて実現させていきたいと思います。


カメラマンの時同様に、やりがいや楽しさを沢山見つけられるように頑張っていきます。



20代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

全国の地域で対応が可能で、各都道府県の求人も豊富です。拠点も多く、オンライン・電話のサポートはもちろん対面での面談の受けやすさも強みの一つです。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。

保有求人は常時14万件以上、企業からのスカウトも活性しています。
また、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]