『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:「売れない芸人」から、「YouTuber」に転職して。

転職前

BEFORE
職業
芸能
職種
芸人
従業員規模
相方と二人
年収
60万円
会社名

転職後

AFTER
職業
自営業
職種
YouTuber
従業員規模
妻と二人
年収
360万円
会社名

目次

dddさんの転職ストーリー

1これまでの私

職業は、「芸人」

イメージ図:売れない芸人

これまで、東京で「売れない芸人」をしていました。

18歳から地方から東京に上京して、養成所から始まり、何年も本当に苦労してやっと芸風が認められてライブに出させてもらえるようになって。

「ライブに出るようになったら、きっと世界も変わる」

と思っていましたが、まったく変わりませんでした。

いやあ、芸人って、とても厳しい世界ですよ。
下積み期間も長ければ、ギャラも本当に安い。
結構大きなライブでも、交通費が出れば良いほどでした。


事務所にも所属できずいつ売れるかもわからないまま、気付けば3年の月日が過ぎて、あるときコンビの相方から「もうそろそろ潮時じゃないか」と言われ、解散となってしまいました。

仕方なくピンで芸人活動を続けていたところ、別の芸人から「一緒にやらないか」と誘われ、新しい相方としてコンビを組むことになって。
それからライブ生活を一年続けた後、ようやく事務所に所属することができました。

ここまで、本当に大変な苦労でしたね。

でも、大変な時期もあれば、幸せと感じる時期もやってくるもの。──と思っていましたが、ここまでの苦労は私の芸人人生の前哨戦で、この後はそれ以上に大変でした。

事務所に入ってからはコンスタントにライブに出られるようになりましたが、それでもギャラはどんなに良くても10,000円ほど、それが月に3~4本程度です。
もちろんバイトなどなしでは生活が成り立つ訳もなく、バイトを二個掛け持ちしていました。

そんな中、ライブを見にいてくれていた熱狂的なファンの女性からアプローチを受け、お付き合いをすることになりました。──そして彼女は、その後私の妻になってくれました。

出会った当初からまったく甲斐性のない私で、何を買ってあげられるでもなく、渡すものは苦労ばかり。そんな感じでしたので、結婚するとなったときは周囲の人は大層驚きましたし、なにより私が一番驚きました。

結婚してからは「もっと仕事を頑張らないと」と精力的に仕事を取りに行くようにして、そのおかげかたまにテレビなどにも出られるようになりました。

…が、それも長く続きませんでした。「今日はうまく行った!」というのが続けばいいんですが、「今日のはイマイチだった…」となると、次の仕事はまず振ってもらえません。
みるみる仕事は激減して、気づいたときにはまた掛け持ちのバイト生活になっていました。

2転職のきっかけ

売れない日々。環境だけが、どんどん変わっていく。

イメージ図:子供が生まれて子育てに奔走

新婚時代、とにかく毎日の生活がかつかつでした。
まさに、支払いに怯える日々です。

一日いちにちをやっとのことで食い繋いで、「来週は仕事が入ってくるだろうか…」と悩んでいたある夕暮れ時、妻から「妊娠したみたい」と言われました。

報せを受けたときは、

(まさか俺が、子供を授かることになるなんて…)

と幸せな気持ちになって妻とも喜び合いましたが、冷静になって色々調べてみると出産費に50万円くらいかかると知って。
もう、てんやわんやです。とにかくお金を稼がないとと思い、時給の高い日雇いのバイトを入れまくりました。

そのころから、段々と芸事が疎かになっていき、そして変わらず芸人として頑張ろうとする相方とペースを合わせにくくなり、関係も悪化していきました。

子どもが産まれてからは、今度は子育てに奔走する毎日でした。
更なるにせわしなさとお金のなさに妻がとうとう産後鬱になりかけて、私は

「もう、芸人は辞めよう」

と決めました。

すでに相方とはコンビ解散の話が出ていて、事務所に関しては大分前に辞めていました。

3転職活動中

芸人を辞めて、これから何をやるか。

イメージ図:これから何をやるか

芸人を辞めると決めて、お世話になった先輩方や、関係者の方々に挨拶をして回りました。
ほとんど売れなかったにせよ芸人活動期間はそれなりに長かったので、伝えるべき人は多く、面倒で時間もかかりましたし、しんどかったです。

挨拶回りをしている間、ずっと

(次の仕事は何にしようか…)

ということで悩みました。

体を動かす仕事か、パソコン系のデスクワーク、資格を取って専門職に就くかなど、いろいろ考えました。

そんな折、私より少し前に芸人を辞めた先輩に報告をした際に、

先輩

「YouTuber(ユーチューバー)やってみたら?」

と言われて。その先輩はすでにYouTuberを始めていて、同世代のサラリーマン所得に負けない収入を稼いでいたのです。

──「それだ!」という気持ちになりましたね。
これまで芸人しかやってこなくて、私がこれから稼げる道があるとしたら、もうYouTuberしかないだろうと。

家に帰って妻に話したところ、「応援する」とだけ言ってくれました。
久しぶりに、陰々としていた気持ちに陽の光が差し込んだような気持ちでした。

4転職後

「そうだ、YouTuberになろう」

イメージ図:思ったより大変だった編集作業

──YouTuberになろう。

そう思ったのは、先輩がYouTuberですでに成功していて、色々コツを教えてくれると言ってくれたから、それから私の芸人生活で培ったスキルが活かせそうだから、あとはなんとなく、「今風でかっこいい」といった思いもありました。

でも、始めてみたらこれはこれで大変でした。

私が目指そうとしたのは、「家族YouTuber」。妻と、そして子どもにも協力してもらいます。

さっそく始めてまず知ったのが、編集の大変さ。
5分の尺の動画を作るのに、撮影で1時間、編集で10時間くらいかかって。出来上がった動画はとても人様に見せられるクォリティではなく、結局お蔵入りとなりました。

「スマホで編集するのはあまり効率的でないよ」と先輩YouTuberさんから教えてもらい、かなり勇気を振り絞って10万円のパソコンを買いました。

パソコンを買ってすぐに編集が上手くできるようになるわけではなく、先輩YouTuberさんや新たに仲良くなったYouTuberさんから色々アドバイスを受け、半年ぐらい経ってようやく、編集がサラサラできるようになりました。

そこから、本格的に家族YouTuberを開始して、最初の数か月は収益がずっとゼロでしたので、バイトをしながら続けました。

正直、「芸人と比べたら、YouTubeはちょろいもんだろう」と思っていたのですが、本当に芸人と負けず劣らずの大変さで、自分の考えの甘さを思い知りました。

5その後、どうなったか。

芸人からYouTuberになって、今思うことは。

イメージ図:家族との時間が増えた

YouTuberを始めて、1年が経ちました。

現在のチャンネル登録者は10,000人、月の収入はバイト代と合わせて30万円ほどです。
まだまだ胸を張れる状態ではありませんが、今後も登録してくれるユーザーさんを増やしていって、大物YouTuberさんに少しでも近づける様にしたいと思っています。

世間では、「YouTuberなんて、職業と言えるのか」みたいな価値観の人も少なくありませんが、YouTuberはネタを考え、構成も考え、撮影も行い、さらには編集まで行うという、まさに全てセルフクリエイティブ&プロデュースの仕事です。

奥深さとやりがいの大きさを感じられますし、一生続けていこうと考えています。

今も裕福というにはほど遠いですが、芸人時代と比べたら全然マシです。
これからもっと収入を増やしていけたら、ゆくゆくは世界の貧しい国の子供達に少しでも寄付活動などができたらいいなと思っています。


◇ ◇ ◇


芸人からYouTuberになって何よりも良かったことは、家族との時間が増えたことです。
そして、子育ても妻に任せっきりではなく私も携われるようになりました。

とにかく家族の絆を大切にして、今は本当に家族の時間を大切にして、そしてホームビデオで撮って、編集して、YouTubeに残して──、そんな風に毎日を過ごしています。

「将来は家族YouTuberとして、海外に進出できたらいいね」と妻に話すと、ちょっと引きつった表情を垣間見せつつも、笑顔で「頑張ってね。私も協力するよ」と言ってくれます。

これまで苦労をかけながらもずっと付き添ってくれた妻には、本当に本当に感謝をしています。

大変な日々ですが、芸人を辞めて後悔していることや、今の生活で残念なことは一つもありません。それだけは言い切れます。

20代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s
マイナビ唯一の20代専門サービス!マイナビの情報網を活かしつつも、20代という若年層に特化しているからこその強みがあります。

適性診断からキャリアカウンセリング内定後の入社交渉の代行まで、転職活動の「始めから終わり」まで徹底サポートしてくれるサービススタンスが、多くの20代転職者から人気と評判を博しています。