『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:事務職の正社員を目指しての転職。気付いたことは「安心して働ける環境」の大切さ

転職前

BEFORE
職業
建築業
職種
事務職
従業員規模
約100名
年収
220万円
会社名

転職後

AFTER
職業
印刷業
職種
事務職
従業員規模
約80名
年収
170万円
会社名

目次

あのさんの転職ストーリー

1これまでの私

「いつかは、正社員になりたい」

イメージ図:派遣社員で事務の仕事

転職をしたのは、2020年の12月です。その年の6月末に退職し、約半年間、転職活動をしていました。

大分長い期間かけての活動で、紆余曲折もあって、苦労しました。──その話は、また後で詳しくお伝えします。

当時(転職前)、私は建設会社の事務職として働いていました。
これまでずっと派遣社員で「いつかは正社員になりたい」と思っていましたが、その会社では正社員登用は行っておらず、いずれは正社員として転職しようという気持ちでいました。──今思えば、そういう「腰掛け」的な気持ちが、職場でも出ていたのかもしれません。

給料はそれほど高くなく、かつひとり暮らしでしたので、家計簿をつけて赤字にならないようにお金をやりくりしながら生活していました。

また、オフィス系の資格として、簿記2級の勉強もしていました。

2転職のきっかけ

上司のパワハラ、そしてコロナ禍によるリモートワーク。

イメージ図:パワハラに悩む

「いずれ転職しよう」とは思っていましたが、直接的な理由は社内でのパワハラでした。

日々、直属の上司からひどい八つ当たりや無視をされることが多かったのです。

頼んでいない業務を、「昨日頼んだのにまだやっていないのか」と言われることが度々ありました。
数時間かけて作成した書類を渡しに行ったときにあからさまに舌打ちをされたこともありました。──恐らく、もっと早く提出してほしかったのでしょう。

(人間関係のことだし、じき慣れるだろう)と最初はなるべく気にしないようにしていましたが、ストレスはたまる一方で。派遣元の会社にも相談しましたが、

派遣先の
担当

「わかりました。それとなく伝えておきます」



2020年4月、コロナ禍による緊急事態宣言を受けリモートワークが始まり、上司からのパワハラはメールとチャット経由で更に強まりました。

社内の人の目が気にならなくなったということもあるのでしょう。
どうやっても指定の業務時間では終わらないような業務や、私が関与しない案件についての書類をまとめる依頼などを押し付けられてくることが多くなったのです。

以前は職場の同僚に相談もできていたのですが、リモートワークではそれも思うようにできません。

(こんな状態で、ずっと働いていくのは無理…!)

そう思い、私は退職を決意しました。

それから、「派遣と正社員での格差」を肌で感じていたことも、退職の理由の一つでした。

正社員の人たちは、基本「業務」と「指導&育成」がセットなんですよね。でも、派遣社員に対しては業務だけ丸投げされることが多い。なんとなく、それが「雑な扱いを受けている」という印象があって、そういう印象を受けながら仕事をしているのも嫌でした。





3転職活動中

応募しても応募しても、不採用ばかり。

イメージ図:不採用ばかり

転職活動にあたり、求人はハローワークサイトや、タウンワーク、転職エージェント(リクルートエージェントdoda)を介して探しました。

やはりコロナ禍の影響もあり、窓口へ行くことは断られたので、問い合わせなどは基本メールか電話で何をするにも時間がかかり、煩わしい思いをしました。

また、求人も正社員の事務職ではあまり良い条件が無く、欠員募集の急募か新設の会社での事務職が多かったです。求人が出たとしても、1人の枠に対し応募者が20人近くいたりとかなりの高倍率で、書類が通れば良い方、という感じでした。

紹介予定派遣も探しましたが、求人は全くありませんでした。

紹介予定派遣とは

派遣先に直接雇用されることを前提として、一定期間派遣社員として働いたあと、その派遣先の会社と直接雇用契約を結ぶスタイルの派遣社員のことです。

派遣契約終了時に派遣社員と派遣先企業の双方が合意すれば派遣社員としての勤務は終了し、派遣先の会社と直接雇用契約を結んで正社員や契約社員として働くことができます。



働くまでの生活の繋ぎとして、事務のアルバイトにも応募しましたが、これもダメでした。
深夜帯に働けないとダメだったり、いつか就職して辞める可能性があるなら雇えないと言われて就けなかったのです。

しょうがなく単発のバイトをいくつかこなして生活していましたが、周りの友人からは「就職する気無いんでしょ?」「このコロナ禍で辞めるなんて」といった心をざわつかせることをよく言われました。

精神安定になってくれたのは、Twitterでした。
私と同じ時期に、私と同じような状況で退職や転職活動をしている人が何人かいたのです。そういった人の頑張っている投稿を見て、私も頑張ろうという気持ちになれました。

4転職後

正社員として採用されたものの…。

イメージ図:コロナ感染を恐れながら勤務

結局、次の職場は短期のアルバイトとして事務の仕事を依頼してくれていた印刷会社で決まりました。

これまで、時短のパートスタッフをかなり多く採用していた会社で、「このコロナ禍では人の出入りを極力抑えて、長期的に働ける人を雇いたい」とのことで、私のことを採用して頂いたのです。

正社員として雇ってもらえたのは幸運でしたが、残念ながら不満な点もいくつかありました。

まず、業務は忙しく、残業も多かったこと。
元々パートスタッフで事務作業を回していたところもあって、コロナ禍で採用をストップした今はとにかく人手が足りませんでした。

自ずと今いる社員が残業して人手不足分を補充する必要があり、定時で帰れる日はまずありませんでした。

それから、紙媒体を扱う仕事ということもあって、基本オフィス出社でリモートワークはありませんでした。

あまり広いオフィスではないので、常に「密」の状態で仕事をすることになります。
いつかコロナに感染するもしくは感染者が出て、仕事が出来なくなるのでは、という不安も常にあります。



5その後、どうなったか。

今回の転職を経て、今思うこと。そして、これから目指していきたいこと。

イメージ図:家族との時間が増えた

今回の約6か月間にわたる転職活動では、最後の方ではかなり情緒不安になっていました。

怒りっぽくなったり、気持ちが沈んだままなかなか立ち直れなかったり。

「とりあえず決まればどこでも良い」という思いになってしまい、アルバイト先で社員の話を貰って即決してしまいましたが、今思えばもうここまで長引いてしまったのだからしっかり希望に合った会社を探せば良かったなと後悔しています。

そう思った背景としては、私が転職活動中に「この会社に入りたい」と思った会社は、リモートワークの体制をしっかり構築していたり、オフィスでも検温やマスクの着用、定期的な消毒がされていたりと、コロナ対策がしっかりされていたんですよね。

今の職場は、そこまで対策が徹底されていません。そういった点も、今回の転職で残念に思うことのひとつです。


◇ ◇ ◇


これから取り組んでいきたいことは、そうですね…。
妥協せず、安心して継続的に働ける会社を探し続けていくこと」でしょうか。

今の会社に勤めてみて、「安心して働ける環境」の大切さに気付きました。そこはやっぱり、妥協してはいけなかったな、と。
だから、今は働きながら転職活動を再開しています。

また、最近はクラウドソーシングでの副業も始めました。
簡単なライティングな仕事(1案件1,000円程度)が殆どですが、こういった収入の増やし方を知れたのは良かったと思います。

まずは今の生活を安定させること。そして、もっと安心して快適な働き方ができるように、取り組んでいこうと思っています。



20代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

現在 「転職しようかな…」と考えている方へ

転職活動の第一歩は、「信頼できる転職支援パートナーを見つけること」です。
現在「まだ信頼できるパートナーを見つけられていない」という方は、以下の診断ツールを使って、あなたに合ったパートナーを見つけてみてください。

転職成功の角度を一気に高める、あなたに合った転職サイトは?

こちらもあわせてチェック!「分野別おすすめ転職エージェント」紹介記事

自分の状況にあったおすすめ転職エージェントを知りたい」という方は、以下記事も併せてご覧ください。

分野 おすすめ転職エージェント紹介記事
年代別・性別 20代男性20代女性
30代男性30代女性
40代男性40代女性
50代全般全世代女性 全世代
職種・業種別 ITエンジニア全般SEプログラマー
Webプロデューサー・ディレクター
営業マスコミ金融・保険
管理職・ハイクラスコンサルティング外資
事務職介護
地池別 北海道青森、秋田、宮城、岩手、山形福島東京神奈川千葉埼玉茨城栃木、群馬、新潟長野、富山、山梨、静岡岐阜愛知、石川、福井、大阪兵庫、京都、滋賀、三重、奈良、和歌山、鳥取、岡山広島、島根、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡、佐賀、大分、長崎熊本、宮崎、鹿児島沖縄

※一部制作中の都道府県があります(リンクのついていない箇所)。順次公開していますので、恐れ入りますがご了承ください。

<>