『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:状況が変わらなければ、環境を変えよう。ホテルフロントから、実家家業へと転職して

レッサーパンダ さん(男性 24歳 愛知県)
まあまあ成功、
ちょっと失敗

転職前

BEFORE
職業
ホテル接客業
職種
フロントスタッフ
従業員規模
20名
年収
280万円
会社名

転職後

AFTER
職業
移動販売
職種
移動スーパーの経営と販売
従業員規模
5名
年収
380万円
会社名

目次

レッサーパンダさんの転職ストーリー

1これまでの私

「接客」という仕事への憧れ

ホテルのフロントの仕事

物心ついたときから、「接客の仕事っていいな」と思っていました。

その理由は、私の実家は自営業で移動スーパーを営んでおり、小さい頃から父がお客様と楽しそうに会話をしているのをみて育っていたからです。

商品を仕入れて、お客様にそれを届けて、そして感謝をされる。──そんな働き方に、憧れを持っていました。

大学を卒業後、私は愛知県にあるホテルにフロントスタッフとして就職しました。

就職して最初の数か月はかなり大変でした。
研修では覚えることは山積みでしたし、私は就職する前の大学四年生の頃に彼女が妊娠して、就職と結婚、出産、子育てとがほぼ同時進行だったからです。

4月に大方の研修を終え、5月に正式にホテルフロントとして実務をはじめて段々と仕事に慣れてきて、するとようやく、小さいころから憧れていた「接客業」の良いところが徐々に見えてきて。

フロントとして働き始めてすぐに、宿泊客の方々から直接感謝の言葉を頂く機会が数回あり、(接客業を選んで、本当によかった)と感じることができたのです。

また、職場の雰囲気や人間関係もとても良好で、残業もほとんどありませんでした。

(この先私は、ずっとホテルフロントで働いていくのだろう)、──当時はそんな風に思っていました。

2転職のきっかけ

「状況が変わらなければ、環境を変えればよい」という考え。

友人に転職を勧められて

ホテルフロントとして働き始めて3年目の2020年、新型コロナウイルスの感染拡大が起きて、私のホテルも大打撃を受けました。

宿泊の予約は殆ど入らなくなり、それにあわせて私の給料もガクンと下がりました。

業績の悪化へのストレスがあったのでしょう、私の上司はいつも不安そうな表情で、ときに苛々して私にきつく当たることも多くなりました。

「今は皆大変な時期だからしょうがない」──そう自分にいい聞かせていましたが、あるとき友人から

友人

「転職とかは考えないの?」

と訊かれて。
私は転職という言葉にあまり良いイメージを持っていなかったのですが、それに対して友人はこう言いました。

友人

「今が大変かどうかは、職場によっても変わるもんだよ。それにお前は家族も養っているんだし。職場の人たちのことを考えることも大事だけど、『家族にとってのもっと良い環境』を選んでった方が良いんじゃないか」

──その友人は去年転職をしていて、結果として年収も若干上がり新しい職場でやりがいを持って仕事ができていると話してくれました。

その数日後、実家の父と電話で話していた時に、父からは

「まあ、今の仕事が大変だったら(地元に)戻ってきたらどうだ。うちの家業を継ぐという選択肢もあるだろう」

と言われました。

友人からは転職を勧められ、父親からは家業を継ぐことを提案されて、最初は「みんな、こっちの状況も知らないで、勝手なことを言う」程度に思っていましたが、そのことはずっと頭の片隅に留まっていました。

そしてその二か月後には、

(ホテルフロントマンを辞めて、実家の家業を継ごう)

という気持ちになっていました。

3転職活動中

ホテルフロントを辞めて、実家の家業を継ごう。

妻との話し合い
上司

「一週間、よく考えてみたらどうだ」

退職する意を伝えたときに、上司からはそう言われました。
その際に、「この時勢では、次の就職先を決めるのも大変だろう」とも言われました。

意外だったのは、私が退職することに上司が少なからずのショックを受けていたということです。
あまり男性スタッフのいない職場でもありましたし、上司はそれなりに将来の私に期待をかけていてくれたのでしょう。
このときになってはじめて、私は(職場を辞めるというのは、こういうことなのか)と知りました。

続いて苦労したのは、妻の説得でした。

子どもの保育園が見つかって、妻もパートを始めた矢先のことでした。
家業を継ぐとなれば、まず引っ越さないといけませんし、そうなれば妻はパートを辞めなくてはなりません。子どもの保育園もまた新しく選ぶ必要があります。

妻とは、「どちらかがヒートアップしたらいったん次回に持ち越そう」というルールで、何日間もかけて話し合いました。

そしてようやく、実家は二世帯住宅に改築すること(その費用は親が負担してくれました)、そして子どもの面倒は私の両親も診てくれるという条件で、妻のほうも納得してくれました。

──余談ですが、Uターン転職が決まってからは、私よりも妻の方がテキパキと準備を進めてくれました。
こういうとき、男は本当にダメですね。
決めた後も「本当にこれで良かったのか」とぐずぐず悩むのは大抵男(つまり私)の方で、妻の行動力には大いに助けられました。

4転職後

Uターン転職して、新しい生活が始まって。

二世帯住宅

慣れ親しんだ地元、そして実家に戻って、新しい生活が始まりました。

先述したように両親は私たち家族のために二世帯住宅のリフォームしてくれて、私と妻と子どもはそこに住まわしてもらうことになりました。

そして毎朝、父とともに移動スーパーの仕事をはじめます。
実際に働いてみると、想像以上に大変な仕事だということを感じました。

当然、ホテルのフロントスタッフとは全く異なる仕事内容です。

ただ、仕事内容を教えてくれるのは父親でしたので、遠慮せずにどんどん分からないことを聞けましたし、父も丁寧に教えてくれました。

たまに両親がご飯を用意してくれたり、子供の面倒を診るのも手伝ってもらったりもあったので、私生活の面でも非常に助かりました。

5その後、どうなったか。

今回の転職を振りかえって、今思うこと。そして、これから目指したいこと。

これから目指していきたいこと

転職する数か月前に、友人から「コロナ禍の大変さも、環境によって変わる」と言われましたが、実際にその通りでした。

移動スーパーは、コロナ禍で自粛を余儀なくされている人にとって、大きな需要の追い風になっていたのです。
売り上げはコロナ禍前と比べてものすごく伸びていて、私の給料もホテルフロントの時よりも高くなりました。

またそうした時候もあってか、お客様から感謝されることも多かったです。──「こんな辺鄙(へんぴ)な場所まで、よく商品を届けてくれた」と。

転職をして良いことづくめであったように感じますが、ただ、今のこのストレスフリーな生活が、果たして自分の成長にどれだけ関わっているかについて、若干の不安もあります。

ホテルフロントでは厳しい上司がいて、そしてミス一つ許されない緊張感があって、それらは私の社会人としての経験やスキルアップにも大きく寄与してくれていると感じることができました。

今は、あまりそういった手応えのようなものはありません。
まだ若い今のうちに、もっと社会の荒波に揉まれて人間としてもっと成長したほうが良かったのかもしれない──と、そんな風に思うこともあります。

◇ ◇ ◇

将来にむけて考えていることは、まず父から受け継いだ仕事を、「もっと大きくしていきたい」ということです。

父が移動スーパーを始めて15年くらい経ちますが、初めの数か月間の売り上げは一日千円程だったそうです。
つまり、その当時はごく一部の人からしか必要とされていないようなサービスだったのです。

それが現在では、非常にたくさんの人たちから必要とされるようになって、ときに休みも返上して働かないといけない程になっています。

ここまで盛況するまでどれだけの苦労があったのか、あえてなのでしょうが、父は私にそういう話を殆どしません。

ですので、私も今の状況に甘んじることなく一生懸命働き、今の市場を更に拡大していきたいと思っています。

また、そのまま父の仕事を受け継ぐのではなく、自分のアイデアも足してもっと良いものに変えていきたいです。

そして一番の願いは、自分の子供が将来仕事を継いでくれることですね。
もちろん強要はしませんが、子供が大きくなった時に自分からやってみたいというような、そんな風に仕事ができたら良いと思います。

そして家族を末永く養っていけるよう、心身の健康にも気をつけて、毎日を暮らしていきたいです。

現在 「転職しようかな…」と考えている方へ

転職活動の第一歩は、「信頼できる転職支援パートナーを見つけること」です。
現在「まだ信頼できるパートナーを見つけられていない」という方は、以下の診断ツールを使って、あなたに合ったパートナーを見つけてみてください。

転職成功の角度を一気に高める、あなたに合った転職サイトは?

こちらもあわせてチェック!「分野別おすすめ転職エージェント」紹介記事

自分の状況にあったおすすめ転職エージェントを知りたい」という方は、以下記事も併せてご覧ください。

分野 おすすめ転職エージェント紹介記事
年代別・性別 20代男性20代女性
30代男性30代女性
40代男性40代女性
50代全般全世代女性 全世代
職種・業種別 ITエンジニア全般SEプログラマー
Webプロデューサー・ディレクター
営業マスコミ金融・保険
販売員・サービス業
管理職・ハイクラスコンサルティング外資
事務職介護
地池別 北海道青森秋田宮城岩手山形福島東京神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬新潟長野富山山梨静岡岐阜愛知石川福井大阪兵庫京都滋賀三重奈良和歌山鳥取岡山広島島根山口香川徳島愛媛高知福岡佐賀大分長崎熊本宮崎鹿児島沖縄