『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:DPEショップ店長からDTPオペレーターに


15

転職前

BEFORE
職業
DPE店管理・販売
職種
店舗管理職
従業員規模
1500~2000名
年収
210万
会社名

転職後

AFTER
職業
出版編集・DTP
職種
DTPオペレーター
従業員規模
15~20名
年収
250万
会社名

目次

みりんさんの転職ストーリー

1これまでの私

DTP店での仕事は、1ヶ月に休みが取れるのは2~3日。忙しい日々でした。

私は、23歳の頃にとあるDPE店でアルバイトを始め、その2年後の25歳の頃に、同店の店舗管理者(店長)として正社員雇用されました。前店長が持病により退職するという事で、私が前店長より本社へと推薦という形で店長になったのです。

そのDPE店は全国各地にチェーン店があり、私はその内の1つの店舗にて、他のアルバイトスタッフ数名と共に、店舗での写真のプリント作業や販売接客をしていました。

アルバイトの時は時給870円で月10万程度のお給料でしたから、当初は実家で両親と共に暮らしていました。店長職に就いてからは8万程お給料が上がったので、月18万の収入となりましたので1人暮らしを始めました。

店長職に就いて最初の半年間はまだ新人店長という事で、あまり煩く言われませんでした。──しかし店長となって半年後から、最初は受け持ちが1店舗だったのが10店舗以上もの掛け持ち店長となり、更に事業所にて事務の仕事も任されるようになったのです。

1ヶ月に休みが取れるのは2~3日、それ以外の日は受け持ちの店舗を周ってアルバイトスタッフの様子や店舗の状況を確認したり、人手の不足している店舗のシフトに入って販売接客仕事をしたり、事業所で会議資料の作成や電話・来客応対、事務作業等をしなければなりませんでした。

受け持ちの店舗は大阪以外の奈良や京都、神戸と他県もありますから、1日移動に費やす事もありました。加えて、店舗の売り上げ状況が悪いと売上打開策を練らなければいけなく、更には各店舗のシフトを作成や商品棚卸等、細々した作業も沢山ありました。

そのような生活が25歳から27歳まで2年間続いた事により、精神的にも体力的にもやつれてしまいました。本当に朝から夜中まで、休む間もなく働き詰めだったのです


2転職のきっかけ

「自身の店長としての未熟さ」への絶望と、転職への意識の芽生え

店長職と言うと一見とても遣り甲斐のありそうな仕事ですし、私も最初の頃はとてもやる気に満ち溢れていました。しかし「残業代や休日出勤代が承認されない事」や、「毎日のように仕事に追われているせいで体力的にも精神的にも辛い事」に悩むようになっていきました

それでもまだ「今辞めたら周りに迷惑がかかってしまう」と無理やり仕事をしていたのですが、ある日、私の受け持ち店舗のアルバイトスタッフ4名が、

アルバイト
の後輩

私たち、アルバイトなのに仕事を任され過ぎですよね。ちょっと、あまりにも割に合わないので退職したいんですけど。

と言い出しました。

そのアルバイトスタッフ達はとてもよく働いてくれるので、私は本来であれば店長がやらなければならないシフト作成や棚卸作業等を、手伝ってもらっていたのです。

私は彼女たちを引き止めました。ですが、彼女たちは私に言っていても話が進まないと思ったのでしょう。──本社に直接、退職の意思を伝え、そして辞めていったのです。

その後、私は上司に

職場の
上司

アルバイトに頼るなんて、何を考えているんだ?──店長なんだから、もっとしっかりやれ。

と叱責されました。

私は、これ以上店長職としてやっていく自信がなくなってしまいました。そしていつの日か、退職について考えるようになっていったのです


3転職中

2ヶ月の転職で10社以上落ちて──

27歳からの転職はとても大変でした。

まず私には何の資格もありませんし、店長職をしていたと言っても特にスキルも身に就いていません。
目指したのは「事務職」でしたが、ハローワークへ行っても求人誌を見ていても、ピンとくるような仕事は見つかりませんでした。

ハローワークの職業訓練所へ通う事や実家に戻って無職生活をしながら資格取得の勉強も考えたのですが、それもちょっと、自分でも続ける気力がなかったのです。

そこでふと「私には何が出来るか」を考えた時に、昔から趣味でillustratorやPhotoshop、インデザイン等のソフトを使用してデザインをする事が好きだったなと思いました。店長職をしていた時も、店舗の展開用としてPOPやチラシを作っていたのです。

そういった職業に就きたいと思って探した結果、「マイナビ転職」という転職情報サイトにてDTPオペレーターの求人を見つけました。早速1社目へ申し込みしましたが書類選考の時点で不採用でした。そうそう上手くいかないかと次々と面接を受けたものの、しかしどこも厳しく2ヶ月で10社以上落ちてしまったのです

前職で貯めた貯金や雇用保険で何とか生活していたのですが、数か月無職というだけでとても心細く感じました。
資格の勉強をするといっても、これからではなかなか難しいものがあります。後2週間は頑張ってみて、ダメならばアルバイトをしながら他の事務等の正社員職を探そうと考えたのでした。

そんな矢先、「これで最後」と思って面接を受けたデザイン事務所から採用の連絡があり、本当に驚きました。というのも実はそのデザイン事務所に勤めている友人が、口添えしてくれて、面接を受けられたのです。
私の今まで作ったデザインを見てくださった面接官が、これなら資格がなくともうちで採用したいと言ってくれたのでした。


4転職後

転職後の新しい職場で待ち受けていた状況は──

転職後、私はDTPオペレーターとして働く事になりました
新しい職場はとてもこじんまりとしている新設のデザイン事務所でした。従業員数は20名程でしたが、まだまだ伸びしろを感じさせる会社でした。

DTPオペレーターとは簡単に言えばデザイナーの指定に従い、印刷物の紙面データを作成するという業務内容です。Photoshopやillustrator、インデザインといったソフトを使用して、デザイン作成・編集をしたり、入稿・画像チェック等をします。例えばA店の展開する飲食店に設置するメニューブックを制作したり、BスーパーのPOPやチラシデザインをするといったような仕事内容です。

勤め出した当初は何をやったらいいのか、自分には何の作業が出来るのか判りませんからとても不安でした。未経験者ですから、一々上司や同僚に「ここはどうしたらいいのか」等聞かなければ解らない状態でした。

どうやら私をその会社に誘ってくれた友人が、面接官である上司に私の事をとても過大評価した伝え方をしていたようなのです。「○○さんはDTPオペレーターとして勤めた経験はないが仕事に詳しい」等と言ったようで、上司には

職場の
上司

正直、ここまで未経験者だとは思わなかったよ。デザインはまあ使える物を作れるようだけど、こんなに経験値が低いのでは実践向きじゃないね

と言われてしまいました。・・・本当に、悔しかったです。

でも友人には誘ってもらった恩がありますし、もう採用されてしまったのですから「皆についていけないので辞めます」なんて言えません。むしろ、辞めたら折角採用されたのに勿体無いと思いました。

(このままで終わっちゃ駄目だ。──今は未経験であっても、どんどん知識を蓄えて出来るようにならないと)

──そう思って、必死に働きました。DTPオペレーターの為にあると良い資格であるDTPエキスパートの資格もとって、DTP講座も受講しました

そうして、1年経つ頃には、上司にも同僚にも認めてもらるようになりました。


5その後、どうなったか。

後悔も学びもあって。今後、Webデザイナーになろうという目標も出来ました。

転職をして気づけて良かった事は、「その職種が未経験であっても自分の努力次第で何とでもなる」という事です。職種事に講座や資格、参考書等がありますから、そういうもので勉強する事でも、十分にスキルや知識は身についていきます。

学べた事は、「未経験で採用されたとしても周りはそんなに甘くない」という事です。特に私の様に前職と転職先の職種が違う場合は、周りからも「そうやって違う職種に挑むという事は何か特別なスキルや資格があるのか」と誤解されやすいのではないでしょうか。

後悔している事は、「どうして無職期間の内にDTPオペレーターの講座受講や資格の勉強をしておかなかったのか」という事です。事前にしっかりと準備をしていれば、もっと良い雇用条件の職場に入る事ができたかもしれない、とも思っています。

とにかく私は事前準備が不足しており、その上未経験という事でしたから、あんなにも何社も不採用だったのだと、今になって判りました。

◇ ◇ ◇


私は現在DTPオペレーターとして週に5日、9時間勤務で勤めており、その年収は約250万です。未経験者だった上に2年勤めていて月収約20万ですと、結構良い方でしょう。
しかし、DTPオペレーターの仕事をしている内に、もっとデザイン関係の仕事を学びたいと言う気持ちが出てきました

私が今後スキルアップを目指したいと思っているのは、WEBデザイナーという職種です。WEBデザイナーとは企業あるいは個人クライアントのWEBサイトを制作する仕事です。

趣味のデザインをネットで誰かに見てほしくて無料サーバーを借りてHPを作っていたのですが、それが楽しくて段々とこういった職業に就いてみたい、いずれは在宅ワーカーとのWEBデザイナーとして働きたいと考えるようになったのでした。

今はまだ構想の段階ですが、暇を見つけてWEBデザイナーの講座を受けてみたり、WEBデザイナーへと転職しようと考えています。


▽みりんさんの利用された転職サービス

サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

>