『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:ホテルフロントスタッフから事務職へ。これからのキャリアを信じること。

転職前

BEFORE
職業
宿泊業
職種
ホテルフロントスタッフ
従業員規模
約6,000名
年収
330万円
会社名

転職後

AFTER
職業
宿泊業
職種
事務職
従業員規模
約4,600名
年収
380万円
会社名

目次

まいさんの転職ストーリー

1これまでの私

ホテルフロントスタッフとしてのやりがい

ホテルフロントスタッフで働く女性イメージ

2020年まで、ホテルユニバーサルポートという企業のフロントスタッフ兼コンシェルジュとして5年間働いていました。

仕事内容は、チェックイン、チェックアウトはもちろん、周辺のアトラクションやレストランの案内や予約など。そのほか、バックオフィスで電話対応や請求書作成、口コミの返信、お客様からのクレーム対応などもしていました。

英語が得意で、海外の方とお話をするのが好きだったので、旅行プランを一緒に考えたり、日本の良いところやおすすめのスポットをお伝えする機会が、とくに楽しかったです。

2転職のきっかけ

転職理由は、夜勤の大変さと新型コロナ流行

夜勤の多い職場イメージ

フロントスタッフは、私にとってやりがいのある仕事でした。
ですが、30歳を過ぎてからは週に1、2回の夜勤に辛さを感じるようになりました。

夜勤の日は大抵2日分のシフトが連続しており、たとえば17時に出勤した場合、午前1時まで休憩無しで8時間勤務し、その後午前3時まで2時間休憩、その後、また8時間通しで勤務するという過酷なものでした。

しかも、ほとんど場合は定時に退勤はできず、実際は16時間働いた後に1、2時間の残業もありました。

そして、新型コロナウイルスの流行。
海外のお客様のほとんどいらっしゃらなくなり、やりがいだった海外の方々の旅行のプランニングもできなくなってしまったのです。

こうした理由から、私は転職を考え始めるようになりました。

3転職活動中

英語力を生かした仕事に就きたい

転職活動をする30代女性イメージ

「転職しよう」と決意してから、次の職場に決まるまで3ヶ月ほどかかりました。

転職サイト「リクナビNEXT」に登録して、毎日のように求人をチェックしました。

私が目指した職種は「貿易事務」。
強みである英語を活かせる働き方ができればと思ったからです。

ですが、結果は散々たるものでした。
書類審査でほとんど落とされ、面接では事務職の経験がないことや30歳を過ぎていたことがおそらくネックになって、採用には至りませんでした。
新型コロナウイルスの影響で企業が採用控えをしていたこともあったんだと思います。

ひとつも内定を得られないまま2ヶ月が過ぎました。

もともと私は前向きな性格だったのですが、これにはさすがに落ち込みました。
世の中が私という存在を必要としていないような、そんな感覚。

転職活動自体も一旦止めてしまおうかと思っていたとき、たまたま相談した友人から「落ちたところは相手の会社が見る目がないだけ。そんな会社に入れなかったからって、落ち込む必要はない」と言ってくれて。

もちろん、友人は私を励ますために誇張して言ってくれたんだとは思います。
でも、「私は世の中から必要とされない存在だ」というマイナス思考は彼女の一言で大分払しょくされました。

そうして、また私は転職活動を再開しました。
狙う職種も全くの未経験ではなく、ある程度経験者と見てもらえそうなところに調整しながら。

それから1ヶ月経って、宿泊業の事務職(「予約事務」というバックオフィス系の仕事)を募集していた会社から、ようやく内定をいただけました。

4転職後

同じ宿泊業でも、フロントスタッフと事務では業務内容がまったく違う

宿泊業事務の仕事イメージ

転職後の会社は前職同様に宿泊業界ではありましたが、業務内容はガラッと変わりました。

これまではフロントの接客業務がメインでしたが、新しい職場ではインターネットや電話からの予約受付業務です。

具体的な仕事内容は、以前の職場でしていた電話対応やメールでのお問い合わせへの返信、それから旅行会社を通す一般団体宿泊や修学旅行の予約の対応や、個人の大型宿泊の事前準備などです。

また、旅行会社が出しているパンフレットのプラン内容の見直しや校正のチェックなども担当させてもらいました。

予約事務の担当は私のほかに5人います。フロントスタッフと同じ事務所にいるので、40人ほどの同僚が同じ部署にいます。
年齢は20代から40代で、基本的にみんないい人ばかりでしたので人間関係に悩むことが無かったのは幸いでした。

良かった点は、今までのホテルでの業務経験が活かせたこと。
それから、夜勤がないことですね。体の負担は大分軽減されました。

はじめの1年間は先輩から言われた業務をこなすことで精一杯でしたが、2年目以降は繁忙期に合わせて料金を調整する、どの代理店経由だと成約率が高いかなどわかるようになって、大分楽になりました。

前職では個人のお客様の対応が主で、かつチェックインしてからのお世話をすることが殆どでしたので、団体のお客様の対応と予約・プランニングの段階からお手伝いができることにもやりがいを感じています。

大変だと思った点はそれほどありませんでしたが、相談をするお客様への準備・対応をしていても実際に催行する確率は半分以下なので、来るかどうかわからない団体の準備を丁寧にする、モチベーションを高くキープするのに少し苦労することもありました。

5その後、どうなったか。

「自分のこれからのキャリア」を信じること

これからの働き方を考える、30代女性イメージ

本当はもっと、英語が使える仕事がしたかったです。
今の職場になって、英語を使う機会が全くなくなってしまったことは残念に思います。

ただ、またフロントスタッフとして仕事がしたいかと言われると、それはどうだろう…と悩みます。夜勤ありの立ち仕事は本当に疲れるので、今の仕事のほうが良かっただろうと思います。

今の仕事でも混雑したときはフロントに立つこともあります。 久しぶりに対面でお客様の接客をすると、接客する楽しさを思い出したりします。

◇ ◇ ◇

転職をして2年が経ちました。
今では大分気持ちの余裕も出てきて、新たに始めたいことも色々考えられるようになりました。

やはり、いずれは英語を使う仕事に再チャレンジしたいと思っています。

海外の方々がまた自由に入国し日本国内を旅行できるようになったら、また英語の需要も高まってくるでしょう。
貿易事務にもまだ興味がありますが、それ以外にも英語を使うバックオフィス業務の仕事があればチェックしていくつもりです。

それから最近考えているのは、郊外での生活。
これまでずっと大阪に住み、大阪の職場で働いてきました。今後は奈良の菖蒲池や御所市のような、都会の便利さと自然の豊かさが同居する田園都市に住めたらいいなと思っています。

今は在宅勤務・リモートワークを推奨している職場も増えてきているので、実現もしやすいでしょう。

今回の転職活動で、働き方は様々であること、そして接客と事務という異なる職種でも共通して活用できる知識・スキルがあることを知りました。

転職活動の際は多くの企業から未経験であることをマイナス評価されてしまいましたが、そうした未経験分野のうちにもいくつかはこれまでの経験を活かせる要素があることは多いと思います。

以前友人が話してくれたように、「自分のこれからのキャリア」を、まず私自身が信じてあげること。そうすれば、きっと道は開かれるんだと思います。

女性の転職におすすめの転職サイト・エージェント

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

全国の地域で対応が可能で、各都道府県の求人も豊富です。拠点も多く、オンライン・電話のサポートはもちろん対面での面談の受けやすさも強みの一つです。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。

保有求人は常時14万件以上、企業からのスカウトも活性しています。
また、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。