『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:医療事務から出版社のライターへ。目指すは編集職で年収500万円

転職前

BEFORE
職業
医療施設(クリニック)
職種
医療事務
従業員規模
約20名
年収
250万円
会社名

転職後

AFTER
職業
出版社
職種
ライター
従業員規模
4名
年収
350万円
会社名

目次

なのさんの転職ストーリー

1これまでの私

医療事務で働く毎日。楽しみは、週末のお出かけ、買い物

医療事務の職場イメージ

今から1年ほど前まで、泌尿器科のクリニックで医療事務として働いていました。

泌尿器科のほかに内科も行っており、更には透析患者さんの受け入れもしていたので、忙しいクリニックでした。

医療事務の仕事内容は、来院される患者さんの受付・案内やお会計のほか、診療報酬を請求するためのレセプト点検もあります。

とくにレセプト点検は、私のいたクリニックでは業務時間に終わらないこと多く、土曜日や祝日も出勤が必要な日もありました。

私については既婚で子供はなし、夫との2人暮らしです。
母と弟がいますが、それぞれ別々に暮らしています。

以前は出版社の編集として働いていたこともあります。
結婚してからは「より残業の少ない職場へ」と、当時のクリニックに転職しました。

特に趣味などもないので、仕事をきちんとやりきって週末を迎えることにやりがいを感じて過ごしていました。
そして、休日に夫と出かけたり、買い物をしたりするのを息抜きにしていました。

2転職のきっかけ

夫の転勤辞令。広島に行くことになった私。

広島県への移住イメージ

営業職である夫が転勤族で、3~5年に一度別の営業所への勤務となるのですが、1年前に大阪府から広島県への転勤辞令が出て。
それを期に、私は勤めていたクリニックを退職しました。

単身赴任という手もあったのですが、給与の安さ(年収250万円程度)とレセプト点検のためにGWや年末年始といった長期休暇にも出勤しなければならないことを考えて、私も夫とともに広島へと移住することを決めました。

また、当時コロナが流行しており、家族や友人からも「医療機関で働いてるみたいだけど、大丈夫?」と心配をされていたこともあって、自分自身も不安になっていたのも大きな理由の一つでした。

3転職活動中

新しい土地で助けになったのは、ハローワークの相談員

転職活動をする30代女性イメージ

転職活動は退職して広島県に移ってから約半年かけて行いました。

クリニックで働いていた際に有給をあまり使っていなかったため、引っ越し後も1ヶ月ほど有給があり、その後も失業手当がコロナの影響から延長されて5ヶ月出たことでゆっくりと次の職場を探すことができました。

転職に使ったのはハローワークです。
気になる求人を窓口に持っていくと、ハローワークの方から電話してくれるので進めやすかったです。

ただ、スピード感のある対応かというと、(すべてのハローワークが同じではないでしょうが)には欠けていたかもしれません。
応募して大分経ってから、選考についての連絡が来ることが何度かありました。

良かったことは、ハローワークに進捗状況を報告する際に履歴書や職歴の効果的な書き方を指導してもらう機会もあったことです。

新しい土地で相談できる友人もいなく、何から何まで自分でしないとという想いでいましたので、サポートしてくれる人の存在はとても大きかったです。

私の通ったハローワークではキャリアコンサルティングのサービスもあって、そこで私は初めて「キャリアの棚卸し」というものをやりました。

応募した企業は10社ほど。
そのうち6社は書類選考で落とされました。

これまでの経歴から目指す業界を定めて、医療事務か出版かのどちらかにしようと考えており、最終的には東京に本社を置く出版社の支部(3名ほどのこじんまりした事業所)から内定を頂くことができました。

4転職後

私含めて4人しか社員がいない、出版社の職場

出版社ライターとして働く女性イメージ

新しい職場の私の主な業務は、ライティングです。
編集は本社で行われるため、私のいる支部では純粋に記事を書く(企業に取材へ行って、内容を記事化する)のがメインの仕事です。

ただ、私の勤めている支社には事務員さんが1人しかいないため、事務作業の手伝いをすることも多かったです。
取材・ライティング業務と事務業を上手なバランスで並行して行うのが難しかったです。

私を含めて4人しかいない小さな職場でしたので、最初は「こんな小さな職場で人間関係が悪かったらどうしよう」と非常に不安でした。

また、記者は私含めて2人しかいませんでしたので、それもかなり大きなプレッシャーでした。

◇ ◇ ◇

入社当時は不安の多い日々でしたが、半年ほど経った今の段階では、職場の人間関係は良好です。

一ヶ月もする頃には職場の雰囲気に馴染むことが出来るようになり、半年ほど経った現在では仕事中に雑談をしたり、仕事終わりに飲みに行ったりするほどの仲になりました。

出版業ということから記事の締め切り(校了日)に向けてライティング業務を行っていくため、毎月の校了日を無事に乗り切れた時にやりがいを感じます。
──というか、私はこういう納期のある仕事がきっと好きなんでしょうね。

5その後、どうなったか。

目指すは、出版の編集業務。そして、年収500万円まで上げること

広島県の夕日イメージ

編集の仕事は初めてではありませんでしたが、職場が変わればやり方も変われば、やったことのない新しい業務も出てくるものだな、とつくづく思いました。

転職後の職場の人間関係を円満にすることの秘訣は、そうした新しい業務に対して一生懸命に取り組んで学んでいこうとする姿勢だと思います(私の場合は、そうでした)。

また、人数の少ない職場の方が、人に相談することや助けてもらうことの大切さにも気付きやすいような気がします。
お互いに協力しあっていると、自然と連帯感が生まれます。

人の少ない職場は、その少なさなりのメリットがあるのでしょう。

たまに、「以前の職場でもこうやって他の社員と協力しながら仕事を進めれば、もう少し楽だったかもしれない」と思うこともあります。

◇ ◇ ◇

これからの働き方で考えていること。

夫の次の転勤は当分ないらしく、しばらくは広島での生活が続きそうです。
ですので、今の職場でもう一段階、キャリアアップができるといいな、と。

具体的には、いつか編集業務も行ってみたいと思っています。

現段階では校正作業なども本社が一括で行っているため、私の書いた記事がそのまま紙面に掲載されることはありません。

まずは自分で書いた記事を自分で完璧に見直すところから始め、次に支社内で書き上げた記事を支社内で校了、完結させることができれば良いと考えています。

また、現在指導をしてくれている先輩社員は記事作成の他にも広告活動(取引先に広告出稿をお願いする営業業務)も行っています。

獲得した広告はその支社の売上・業績に大きく反映されます。
私も今の仕事をできるだけ早く仕事を覚えて、広告活動にもチャレンジしたいと思っています。

今の私の年収はおおよそ300~400万円。
これを500万円まで引き上げていくことを、目標にしています。

女性の転職におすすめの転職サイト・エージェント

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

全国の地域で対応が可能で、各都道府県の求人も豊富です。拠点も多く、オンライン・電話のサポートはもちろん対面での面談の受けやすさも強みの一つです。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。

保有求人は常時14万件以上、企業からのスカウトも活性しています。
また、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。
目次[ 閉じる ]