『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:農業から、「Webスク」経由で未経験プログラマーに転職成功!

転職前

BEFORE
職業
農業
職種
部門責任者
従業員規模
51~100名
年収
300万~350万
会社名

転職後

AFTER
職業
IT・コンピューター
職種
Webプログラマー
従業員規模
10~20名
年収
300万~350万
会社名

目次

たかしさんの転職ストーリー

1これまでの私

農業の出荷を担当。与えられた仕事を真面目にこなす日々。

イメージ図:農農業の出荷を担当。与えられた仕事を真面目にこなす日々



当時、私は作物の出荷系の仕事をしていました。いわゆる、「農業」としての仕事です。


自分で言うのもなんですが、周りからは「真面目で責任をちゃんと背負ってやり遂げる人間」という評判を受けていましたね。


家族構成は、父・母・兄・そして自分の4人家族。


もともと人前に立って何かを進めていくのは苦手な性質なんですが、職場に矢面に立たずにヘラヘラ笑ってた上司がいて、そういうのを見ててとても「嫌だな」って思ってて。少なくとも、自分は人にそう思われないようにしようと。

とにかく「与えられた仕事をこなす」ことを真面目にやって、無茶ぶりのような大変な仕事も、きちんと毎回やり遂げました。
給料には反映されませんでしたが笑


やりがいを感じることは、「お金を稼ぐこと」、「仕事で実績を積むこと」、そして「自分と関わる人はちゃんと幸せにしたいという思い」です。


当時の、「普段の楽しみ」はというと、・・・あまりこれといったことはなかったですね。
あまり酒は飲まないし、タバコもそこまで吸わず、ギャンブルにも特に好きでなかったし。。


それよりも、「自分のプラスになることをやろう」という気持ちが強かったと思います。


2転職のきっかけ

前職での経験から、プログラミングに興味を持って。

イメージ図:前職での経験から、プログラミングに興味を持って。

「転職のきっかけ」ですか?

──「新しい分野で挑戦したい」という気持ちがとても強くなったからです。



ある時、急に通常の何倍もの追加発注があって、発注の前日までは現場には言われなかったのですが、上の人達はずっと前から知っていたみたいで。

…にもかかわらず、私たち現場にはそれが伝わってこなくて、連絡手段がアナログすぎることが問題だと感じました。

非常に作業効率が悪かったですし、以前も同じようなミスが何回か続いていたのです。

(…でも、これって連絡をもっとスムーズに伝えられるシステムがあれば解決できるんじゃないだろうか・・・)

私はそう考えて、上長にアイデアの提案をしましたが、あえなく却下されました。

そこで、じゃあ自分でそのシステムを作ろう」と思ったのが、プログラミングに興味を持つきっかけになって。
そしてそれが、結果的に「IT業界」への転職の、最初の動機付けにもなりました。



それから少しして、私は「webスク」という転職サポートのあるスクールに半年間通って、プログラミングの知識を深めていきました。

Webスクに通う際に、転職するという覚悟を持ってあえて会社をやめて退路を絶ったのも良い思い出です。

たかしさんが利用されたIT系スクール▽


webスク

3転職中

半年間プログラミングの勉強した後、転職活動を開始しました。

イメージ図:半年間プログラミングの勉強した後、転職活動を開始しました。

スクールには転職をサポートしてくれるキャリアエージェントの人たちがいて。その方の紹介で、未経験の職種ながらなんとか転職を決めることができました。

「転職で苦労したこと」ですか?

・・・31歳という年齢、かつ未経験という条件での「採用枠の少なさ」ですね。

31歳という年齢は実際厳しいと転職エージェントの方から言われることも多かったです。

自分で案件を探すとマッチするのはSIerの案件が実際多く、まずはそこでスキルを磨くのがいいという話もあったのですが、あまり気乗りはしてなかったです。

SIerとは SIとは、System Integration(システムインテグレーション)の略のことです。

システムインテグレーションとは、言わば「システム開発や運用などを請け負う事業またはサービス」を指す言葉で、顧客(クライアント)の要望に応じて、ソフトウェアの設計や運用、コンサルティングに至るまで様々な仕事を請け負うことです。
この事業やサービスを請け負う企業のことを「System Integrator(システムインテグレーター)」、または縮めて「SIer(エスアイヤー)」と呼びます。

SIer(エスアイヤー)とは?基礎知識から仕事内容まで詳しく紹介

しかし、オリジナルポートフォリオが評されて、プログラマーとして転職することができました。

たぶん20代だったらサクッといったのかなと思うのですが。


そういう状況ではありましたが、その分、周囲の人達からの助けも沢山感じた時期でもありました。

ツイッターで繋がった人から「転職、頑張ってください」という声をいただいたり、スクールのキャリアエージェントの方も、絶えず励ましてくれたり。

その繋がりから、幸運にも今回転職が決まった会社さんも紹介していただきました。

転職サービスも沢山利用しました。マイナビリクナビdodaワークポートインターノース、、、。

サポートは電話のみのところから、対面で百枚くらいの応募資料を持ってくるエージェントさん、自分にあったところだけチョイスして持ってきていただけるエージェントさんなど、様々ありました。


そんなこんなで転職活動中はとても忙しかったです。
毎日応募書類を書いて、応募して、状況を確認して、プログラミングを覚える時間は殆ど確保できませんでした。


自分の希望職種としては、「プログラマー」だったんですが、転職エージェントの方からは、

転職
エージェント

「なかなか厳しいと思います」

と言われていて。
求人情報は合計で会社は100社くらいは見ました。

…で、そこから面接に至った会社数は、10社ぐらいですね。


最終的に、その会社のいくつかから内定をいただくことができました。



4転職後

エンジニアとして、とても良い環境で仕事ができています。

イメージ図:エンジニアとして、とても良い環境で仕事ができています。

幸運だっとことは、職場の先輩が良い人であったことです。
・・・というか、良い人すぎてましたね(笑)

実務未経験の私を、本当に親身にサポートしてくれました。


ですので、新しい職場での人間関係は問題ないです。…ただ、技術的な面ではとても苦労しています。

先輩たちも忙しいから一から十まで丁寧に教えるってことはできないですし。

「やってみてください」って言われて全然やれなくて、調べたけど全然わからない──そんなこともしょっちゅうで。

(先輩たちが頑張っているから、自分ももっと頑張らなくちゃいけない)

いつも、そんな意識でいました。


あと、技術系の会社ということもあって、エンジニアの待遇が良いのは良かったです。

代表の方もエンジニア側に対して寛大ですし、かつ全部任せてくれるので、皆自由にやれています。
たとえば、音楽聴きながら仕事できますし、お腹空いたらご飯行ったりしてオフィスの出入りも自由ですし。


また、つい最近は超凄腕のプログラマーが入ってきて、色々技術的なことを教えてもらったりしていて。
学ぶにも、エンジニアとしてのパフォーマンスを発揮するにも、とても良い環境に居れていると思っています。


5その後、どうなったか。

ゼロから開発する能力を。

イメージ図:ゼロから開発する能力を

「転職して、心残りなこと」ですか?

そうですね・・・、「もっといろいろ勉強しておけば良かった」とは感じていますね。

スクールで習ったことだけじゃなくて、もっと自分から幅広く勉強しておくことが大事だったんだなあって思います。


今も、もっと勉強のスピードも上げないと。


悩むのではなく、自分からどんどんPDCAを回していかないとまずいなと感じています。

調べ物をするにも、先輩にすぐ聞くのではなく、自分で制限時間を設けるようにし、その時間内でどんどん試していく。
そこでわからないことは先輩に聞くけど、自分で解決する能力がどんどん高くなっていけるように。

そういうPDCAサイクルを回しています。


あとはタイピングをもっと早くしたい笑
周りの人、すごく早いんですよね。

負けずにスピードを早くしようと頑張ってたら、腱鞘炎になってしまいました笑


◇ ◇ ◇


取り組んでみたいことは、やはりアプリ開発の会社なので、Androidアプリもiosアプリも両方作りたいですね。

先輩たちも言ってたんですけど、やっぱり出来上がっているものにただ追加していくだけの開発ってつまらないんですよね。
1から開発する経験はつけたいですね。


あとは、(少し先の話ではありますが、)もっと条件の良くて技術力の高い会社でやっていきたいなぁっていうのと、それでいて、いままで一緒にやってきた気の合う人たちと一緒に挑戦していけたらなあと思っています。


でも直近はとにかく業務で必要な技術を身につけていくことですね。


先輩たちを追いつかないとですし、そして追い越していきたい。


勝てるとはまだ思わないけど、目指していかないとダメですよね。

トップを走り続けるようなハイスキルな人がいて、そんな人と知り合うと、「自分のちっぽけさ」を思い知ることになるじゃないですか?
そうすると、「自分はそんな風になれない」って思って努力を放棄してしまい、量産型プログラマーみたいなのに成り下がったりする──そういう人も、多いと思うんですよね。


自分はそういうのは嫌ですね。だから、ちゃんと自分の人生を良くするために、食らいついて努力していきたい。

そして、周りから頼られるような人間になりたいですね。



たかしさんが利用されたIT系スクール▽


webスク

現在 「転職しようかな…」と考えている方へ

転職活動の第一歩は、「信頼できる転職支援パートナーを見つけること」です。
現在「まだ信頼できるパートナーを見つけられていない」という方は、以下の診断ツールを使って、あなたに合ったパートナーを見つけてみてください。

転職成功の角度を一気に高める、あなたに合った転職サイトは?

こちらもあわせてチェック!「分野別おすすめ転職エージェント」紹介記事

自分の状況にあったおすすめ転職エージェントを知りたい」という方は、以下記事も併せてご覧ください。

分野 おすすめ転職エージェント紹介記事
年代別・性別 20代男性20代女性
30代男性30代女性
40代男性40代女性
50代全般全世代女性 全世代
職種・業種別 ITエンジニア全般SEプログラマー
Webプロデューサー・ディレクター
営業マスコミ金融・保険
管理職・ハイクラスコンサルティング外資
事務職介護
地池別 北海道青森秋田宮城、岩手、山形福島東京神奈川千葉埼玉茨城栃木群馬新潟長野、富山、山梨、静岡岐阜愛知、石川、福井、大阪兵庫、京都、滋賀、三重、奈良和歌山、鳥取、岡山広島、島根、山口、香川、徳島愛媛、高知、福岡、佐賀、大分、長崎熊本、宮崎、鹿児島沖縄

※一部制作中の都道府県があります(リンクのついていない箇所)。順次公開していますので、恐れ入りますがご了承ください。

<>