『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:精神保健福祉士の資格を取り、障害者施設で自立支援を。

psycolo さん(男性 39歳 北海道)
まあまあ成功、
ちょっと失敗

転職前

BEFORE
職業
旅館業および地域活性化事業
職種
地域活性化事業
従業員規模
5人
年収
200万円

転職後

AFTER
職業
社会福祉法人
職種
精神保健福祉士、職業指導員
従業員規模
30人
年収
300万円

目次

psycoloさんの転職ストーリー

1これまでの私

湯治に通いながら、その旅館で働いて──

湯治に通いながら、その旅館で働いて──

現在の職場に転職する、さらにその前の職業は、教育系NPOの職員でした。
宮城県で働いていましたが、わけあって北海道に移住しました。

移住先はある温泉街です。
ここは慢性皮膚病の方が全国から湯治をしに集まる湯治場で、私自身も慢性皮膚病を抱えており、以前から湯治に通っていました。

その温泉街にある老舗旅館に、湯治を兼ねて仕事をしないかと誘われ、その時の体調が悪かったこともあり、移住を決意しました。
今から4年前の36歳の時です。当時私は独身でした。

以前から教育や福祉の分野に興味があり、特に手助けがあれば自立に向かっていける方を応援するような仕事に非常に魅力を感じておりましたので、NPOを辞める時は後ろ髪を引かれる思いもありました。

しかし、自らの健康のことを考えたのと、移住先でも十分自立支援ができそうだと感じたので思い切って移住しました。
移住してからは、旅館業を手伝いながら、地域活性化の担当となり、湯治に来る方と町との橋渡しのような役目も負っていました。

そこから今の職場に転職することになるのですが、それは更に2年後の38歳の時でした。

2転職のきっかけ

給与面の改善と、そしてやりがいを更に感じられるために「転職」を決意

給与面の改善と、そしてやりがいを更に感じられるために「転職」を決意

その旅館から、転職しようと思った理由は、主に2つあります。

まず、給与面です。

交通の便の非常に悪い田舎ですので、自動車が必須です。維持費を含めた生活費に困ることはなかったですが、ボーナスもありませんし、正直なところ、もう少し給与を上げてほしかったです。
交渉しましたが、残念ながら昇給はありませんでした。

次に、精神保健福祉士という資格を取得したことです。
NPO時代に通信制の大学に入学し、資格取得を目指していました。資格を取得したことにより、より専門性を生かした職場で、やりがいを感じながら仕事をしたいという思いが募ってきました。

旅館では2年目に緊急雇用創出事業の補助金をいただいて、そこから人件費を出していただいていました。
そして、その雇用期間が丁度切れることになり、そのタイミングで私は転職することを決めました。

3転職中

せっかく取得した資格を活かせる職場が、街に2つしかない!

せっかく取得した資格を活かせる職場が、街に2つしかない!

辞意を表明してからの転職活動でしたので、雇用保険をもらえる期間はあるとはいえ、年齢的なこともありますし、焦る気持ちもありました。

ここからまた地元へ戻ることや、東京等の大都市への移住も視野に入れました。

なぜなら、せっかく取得した資格も、(なにぶん田舎でしたので)それを生かせる職場は、町に2つしかなかったからです。

ですが、その2つの職場どちらも以前ご挨拶させていただいており、面識があったのです。

どちらも募集はありませんでしたが、そのうちのひとつの事業所に電話をかけて、雇ってもらえないかと交渉してみたところ、幸運なことに、少し前に一人退職したところで、男性職員の募集をかけようかと思っていたところだと。

すぐに面接をしてくださることになって、そして採用を決めていただけました。

4転職後

一年間は何も言わずに、相手のことを受け入れよう。

一年間は何も言わずに、相手のことを受け入れよう。

新しい職場がどうだったかというと──、良くも悪くも大変でした。

閉鎖的な田舎の職場でありがちな、とても保守的な部分が多くありまして…。

最初の一年間は臨時職員としての雇用ということもあり、意見を言いづらく、言ってもまともに聞いてもらえない日々が続きました。

本気で辞めようと思うことはありませんでしたが、もっと良い職場にしたいという思いと、なかなかそれができない自分に、日々もどかしさを感じました。

(せっかく入れた職場だ。臨時職員の一年間は何も言わずに、相手の言うことを受け入れて働こう)

──そう私は決めました。
忍耐のいることでしたが、その一年でおかしい、改善したいと思ったことをまとめて、どうすれば改善するのか、その解決策を練る期間にしたのです。

次の年、晴れて正職員として採用が決まりました。

今は自分の意見をはっきりと、かつ「穏やか」に(笑)伝えるようにしています。
相手も話を聞いてくれるようになりました。

そして、少しずつですが、職場の環境も変わってきているように感じています。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。そして、障害者施設での自立支援。

転職を振り返って、今思うこと。

転職をするということは、とても勇気のいることです。

そのリスクは、年齢を重ねれば重ねるほど大きくなるでしょう。
ご家族のいる方、特に小さなお子さんがいる方はなおさらです。しかし、本気で動けば、40代の転職でもなんとかなるものだなと感じました。

あまり魅力を感じない仕事でも、そこにやりがいを見出して働くことはできるでしょう。
しかし、本気でやりたいことがあるのならば、「臆せず転職活動をするべきだ」と思いました。

私の場合、以前の職場の、賃金も含めた待遇があまりよくありませんでしたので、転職して残念だったり後悔したりということはほとんどありません。

もちろん、転職後に苦労することはたくさんありましたが、それさえも楽しんでしまうバイタリティーが身についている40代、50代ならば、むしろ若い方よりも転職に適しているのではないかとさえ考えています。

◇ ◇ ◇

現在、障害者施設で自立支援をしています。

職場改革も含めて、非常にやりがいを感じています。

ただ、今の職場は、利用されている方の一般就労への移行を手助けする部門がありません。

自立には、「日常生活自立」、「社会生活自立」「経済的自立」という三つの側面があります。

経済的自立を目指したい方のために、就労移行支援の体制を作りたいと考えています。

そのためには法人に新しい事業をおこしてもらうことと、自分自身のスキルアップが必要です。

法人にはこれからも継続的に発破をかけて、新しいことに挑戦し続ける雰囲気と体制を作っていただくよう努めますが、自分自身は、少し前に国家資格化されたキャリアコンサルタントの資格を取得することや、もっと利用される方の就労意欲を喚起させる関わりをするためのアプローチを学ぶ等にチャレンジしたいと思っています。

目次[ 閉じる ]