『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:札幌にUターン、そしてリストラ。その後義父の紹介で入った職場では──。


46

転職前

BEFORE
職業
冠婚葬祭業者
職種
冠婚葬祭の飛び込み営業
従業員規模
10人前後(営業所内)
年収
150万円
会社名

転職後

AFTER
職業
ゴミ処理施設
職種
事務職
従業員規模
100名前後
年収
450万円
会社名

目次

カズキさんの転職ストーリー

1これまでの私

自動車業界の不況。そして、妻に子供が出来て。

高校卒業後の数年間は、ミュージシャンになる夢を叶えるためにバイトをしながらバンド活動をしていました。

しかしその夢は、叶うことなくすぐに挫折しました。


そして私は、地元札幌を離れ愛知県の大手自動車メーカーでエンジンを作る期間工として働くことにしました。

そして昼夜2交代の仕事を6年間頑張り、その努力が認められ正社員として採用されました。


しかしその数年後、サブプライムローン問題が直撃し、自動車業界が不況になって──。


そんな時に結婚して間もない妻に子供ができました。

初めての子供だったのでとても嬉しかったのを覚えています。

そして妻が

「地元で産みたい、札幌に帰ろう」

とお願いしてきました。


そこで私達は、北海道に生活の拠点を移すことにしました。


2転職のきっかけ

ようやく転職して入った会社で、待ち受けていた状況は──

地元に帰ったものの、職探しは難航しました。

札幌は私が思っていた以上に不景気で、魅力的な求人は皆無でした。

しかし妻や生まれてくる子供のために働かなくてはならないので、私は条件を下げてでも手当たり次第に、面接を受けていきました。


そして採用されたのが、冠婚葬祭の飛び込み営業の仕事でした。


入社後、すぐにおかしいと思いました。

募集に書かれていた内容と全然違っていたからです。

1ヶ月10口の営業ノルマ、実は正社員ではなくボーナスもないなど、ブラック企業そのものだったのです。


なによりも大変だったのが、会社側が私や妻にも契約することを強要してきたことです。

1ヶ月のノルマを達成するために親戚や友達にも加入してもらいました。


そして加入してもらう友人、知人が尽きた時、私はクビ勧告を受けました。


3転職中

失業保険を受けながらの職業訓練と、再就職。

精神的にも肉体的にもどん底に叩き落とされたので、すぐに就職する気にはなれませんでした。


そこで私は、失業手当てを貰いながら6ヶ月間の職業訓練を受講することにしました。

受講内容は、IT系の仕事がしたいなと思いプログラミングの基礎を学びました。


受講生は、20人前後いました。

私より年上もいましたがほとんどが私より年下でした。

授業内容もわかりやすく、他の受講生とワイワイやりながら学生の頃のように楽しかったです。


この充実した6ヶ月間で心も体もリフレッシュでき、仕事をするための1歩を踏み出す勇気をもらいました。


その後、職業訓練を終了して、私はまた仕事探しを始めました。そんな折に、妻の父親が仕事を紹介してくれたのです。

その仕事内容は、ゴミ処理施設の仕事でした。


4転職後

腫れ物に触れられるような扱いの日々

義父が紹介してくれたゴミ処理施設への転職が決まり、それから入社して数ヶ月が経ちました。

──正直なところ、冠婚葬祭のブラックで働くよりも今の方が精神的に辛かったです。


ゴミ処理施設の仕事は、給料、ボーナス、福利厚生など不満は1つもありません。

しかし会社の人間関係が複雑で精神的に参ってしまいそうです。


入社してすぐから何かが違っていました。

紹介入社ということもあり腫れ物に触るような扱いを社員全員からされています。


何かわからないことがあっても

同僚A

「〇〇さんは、そこに居てくれるだけでいいから」

同僚B

「私がやっておくから、タバコ休憩して来てください」

など、よそよそしい対応しかしてくれませんでした。


最近では、仕事がほとんど回ってこなく暇つぶしにネットサーフィンをする有様です。

しかも妻の父親の紹介で始めた仕事なので、簡単に辞めるとは言えない状況で、──それがとても苦しいです。


5その後、どうなったか。

2度の転職を行って、今振り返って思うことは──

あらためて当事を振り返って感じたことは、「働きなから転職、移住の準備をすれば良かった」ということです。

仕事があってこそ生活が成り立つのものです。仕事を決めてから次の行動を起こすべきでした。


いくら愛する妻の願いだとはいえ、ノープランで地元に帰ってきたことは、私の人生において最大のエラーでした。

しかし後悔をしても時間は巻き戻せないので、「過去を負の感情で思い出す」のは辞めにしようと思います。

今は、仕事中も時間があるので副業を何かできないかなと考えています。

副業で今の仕事の収入を超えたら、一旦仕事を辞めて、もう一度ライフプランを見直していきたい──そう考えています。