『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:妊娠6ヶ月のタイミングで、会社の業績が悪化して──。その後の転職で、気付けたことは。

転職前

BEFORE
職業
ソフトウエア制作
職種
事務
従業員規模
35人
年収
350万円
会社名

転職後

AFTER
職業
WEB制作
職種
Webエンジニア
従業員規模
5人
年収
150万円
会社名

目次

ASさんの転職ストーリー

1これまでの私

社内結婚、倒産、そして再就職をして──の、30代前半。

これまでは、ずっと都内で暮らしていました。

当時務めてた会社で夫と出会い、社内結婚をしました。

ですが、その1年後に務めていた会社が倒産して、その後、夫とは別々の会社に転職をしました。


以前はとにかく忙しい会社でした。ですので、

(これからは、年収どうこうよりも、少しゆったりと勤められる会社が良いな)

と思い、転職先を選びました。


新しい会社は小さいソフトウェアハウス(パソコンのソフトウェアの開発を行う会社)で、事務のポジションがなく、今までは社長が兼任していました。
少し業績が伸びてきたから、事務を新しく雇うということで私が採用されたのです。


少しゆったりと勤められる会社を…」と選んだはずの会社でしたが、仕事内容は本当に多種多様で、かなり雑多でした。


注文の受けから請求書を出す営業事務、社員の勤怠管理、労務や福利厚生の手続きもする一般事務、切手も買いに行くし、法務省へお使いに行き、植木に水やり、接待や飲み会のお店予約まで。する庶務の本当になんでも屋さんでした。

鍵を持たされ、会社に一番に出社し、開店の準備まで。──それでも、仕事は楽しかったです。

信頼を置いてもらって、良い人たちに恵まれ、そんな「お母さん的なポジション」がとても居心地が良かったりして、とても気に入っていました。


2転職のきっかけ

社長から「休職をしてほしい」と言われて。

2年ほど勤めていた頃、私は初めての妊娠をしました。

あまり経過が良くなく、初期は1週間ほど切迫流産でお休みすることがありました。


その後、安定期に入った6か月頃、今度は会社の業績がどんどん悪化していったのです。

常駐に出ていたエンジニア達がことごとく契約満了になって継続案件を取れずに社内に戻っていたり、営業企画で外部から取ったお気に入りだった人材が、成果が出せなかったという理由で解雇されたりしていたり──。


ほどなくして私も社長に呼ばれ、

社長

「(丁度出産の時期でもあるし、)翌年4月まで休職をして欲しい」

と言われました。

更には、復職後は「月10日程、それも2時間程の出社」に勤怠を変更してほしい、と。
それで給与は10万円の提示。
それが嫌だったら、退職も認めるとのことでした。


結局は今まで社長で出来ていた事務処理ですから、業績の悪い今、もう人員を雇ってはいられないということだと理解できました。

育児休暇制度もなく、出産後の勤務ビジョンが私にも、社長にも見えていなかったのでしょう。


仕方のないことだと受け入れ、私は退職となりました。


3転職中

出産間近での、転職活動。

退職後まだ出産まで時間があったので、転職活動を始めようとしたのですが、身重な時期でしたので、さすがにどこも面接すらしてもらえませんでした。

(最悪のタイミングの転職活動になってしまった・・・)

そんな風に思っていた矢先、前の会社で一緒に勤めていたwebデザイナーの女性が、知り合いの会社でweb制作のポストを募集しているのを紹介してくれたのです。

当時、私はweb制作にも興味があって、時間が空いた時に彼女にフォトショップの使い方やHTTPを教わっていました。

私自身も学校でプログラミングを習っていましたし、

「実務経験はないけれど、きっと役に立てるはず!」

──と考え、面接に行きました。

そして、「見習いで」ということで採用して頂けたのです。
紹介していただいた彼女(公私ともに親しくさせていただいていた方でした)には、感謝しかなかったですね。


4転職後

転職後の新しい職場で、待ち受けていた環境は。

新しい職場は、たった数人の小さな会社でした。

産休の前後では、勤務時間等について大変融通をきかせてくれました。とてもありがたかったです。

その代わり、自分の生産と給与が直接結びつくシビアな面もありまして。

まず、福利厚生は整っているとはいいがたい状態でした。
収入面ではかなり不安定で、100万円すら切ることもあります。


ですが、出勤の時間はかなりフレキシブルに決められ、仕事内容によっては在宅でも可能ですので、気持ちはかなり楽にはなりました。
自分のペースで仕事を進められますし。

今は、「もっともっとスキルを上げて、働きやすくチャレンジしていきたい」という向上心も芽生えています。

それでも最初の頃は、正直本当に「使えない社員」でしたし、わからないことだらけ、子供のことでも本当に迷惑をかけたし、自分の情けなさに涙が出たこともあります。

ですが、紹介してくれた彼女への信頼を裏切ることは絶対に出来ないと思い、気持ちを奮い立たせて続けました。


5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。そして、これから目指していきたいこと。

正直、リストラを言い渡されたときはショックでした。

社員のみんなとも、フレンドリーすぎる社長とも本当に仲が良いと感じていたからです。

裏切られたような気持ちになったのも確かです。


しかし、そんな小さな会社だからこそ、無駄な人員を雇えないという実情も理解できました。


今思えば前職の社長も、大変悩み、苦渋の選択だったのでしょう。
それまでは、本当に色々な仕事内容を社長自ら私に教えていただきました。

今回の職場を紹介していただいた彼女ともまた、前職で出会えたわけですし。
そう思うと、リストラされた職場ではありますが、感謝の気持ちのほうが強いです。

無下にされたわけでもなく、とても丁寧に扱って頂いたことが実感できましたし、最終的には不信感は一切なく、感謝の気持ちで退職することができました。


身重な体でハローワーク通いは辛かったですが、今思えば良い経験だったと思います。運動不足解消にもなったでしょう。

あそこでキャリアチェンジをしていなかったら、今でも私は事務員にこだわっていたと思うし、復職も難しかったと思います。


◇ ◇ ◇


──今回の転職をして、早4年が経ちました。


新しいキャリアを見つけ、スキル習得しつつある今、私のこれからの目標は「独立」です。

家庭と仕事を両立していけるフリーとしての働き方が出来て、かつ多くの方に価値を提供していける──そんな状態を、目指していきたいですね。



「ASさんと境遇が近い…」という方にオススメの転職サービス

女性向けの転職サービスで定評!キャリアアドバイザーの親身な対応が評判の【マイナビエージェント】

サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

質の高いサービスが評判!未経験業界へのキャリアチェンジもしっかりサポートしてくれる──WORKPROT(ワークポート)

サービス名 WORKPORT(ワークポート)
特徴 「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。
企業名 株式会社ワークポート(2003年3月)

業界大手の転職サービス 全国、全業界にわたる情報の網羅性が高く、IT求人にも強い!──DODA(デューダ)

サービス名 DODA(デューダ)
特徴 全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
企業名 パーソルキャリア株式会社(1989年6月)
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均4.50
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

>