『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

公務員の嘱託での事務職から、民間企業の営業事務に転職!──そして、そこで学んだこと。


15

転職前

BEFORE
職業
公的機関・市民サービス
職種
事務職
従業員規模
1,000人程度
年収
200万円
会社名

転職後

AFTER
職業
卸売業
職種
営業事務
従業員規模
4人
年収
280万円
会社名

目次

くじらさんの転職ストーリー

1これまでの私

公務員の嘱託職員と子育ての、両立の日々

今から16年前に離婚をし、シングルマザーとして3歳の娘と二人で暮らしていました。

周囲に頼る人もそんなにはいなかったこともあり、仕事を探すにあたって、「残業がほとんどなく、子供の急病などのお休みにも対処できるような仕事」を探した結果、公的機関で短時間の事務の仕事(嘱託職員)を行うことになりました。


結婚していた時は、専業主婦だったこともあり、私自身にはそんなにスキルや社会経験もなかったため、嘱託職員の中でも、割とスキルが必要ではない事務職の仕事を選びました。


私の性格──ですか?

わりと、計画的な性格だと思います。


子供が保育園にいる間は割り切って嘱託の仕事をして、子供の将来に備え準備をしようと、様々なスクールに通って資格取得に励みました。



2転職のきっかけ

私が「転職をしよう」と思ったわけは。

転職をしようと思った一番の理由は「給与面」です。

公的機関の嘱託職員は、残業がなく休みが取りやすいという意味では、子育てをしながらでも非常に働きやすい環境でした。

ですが、1日の労働時間も5時間ほどしかなかっかったので当然ながら給与は低く、尚且つ、私は期限付きの仕事で最長でも4年しか働けないという環境でした。

つまり、公務員勤務と言えども、私の立場はとても不安定なものでした。


家庭ではちょうど娘が小学校に入学する時期で、生活や教育にかかる必要なお金も増えてくることも予想できたので、もっと待遇の良い「正社員」の仕事への転職を考えたのです。


あとは、公的機関でのお仕事というのはやはり「役所」的な考えが根付いているなと感じていました。

私のような「嘱託員」に求められていることは、とても限定的で、責任もありません。
もちろん、楽ではあるのですが、

(ずっとここで仕事をしていたら、自分は普通の職場では適応できなくなってしまうんじゃないだろうか・・・?)

という漠然とした不安も、少なくありませんでした。


それら理由から、私は「転職しよう」と決断したのです。


3転職活動中

ハローワークの担当の方に助けられて。

転職活動は困難を極めました。

当時は就職氷河期でしたし、「小さな子供がいて、残業があまりできない」ということを伝えると、そのことが理由で不採用となるようなケースがたくさんありました。


幸運だったのは、当時ハローワークの「重点支援」の枠に入れたことです。

これは、ハローワークのサービスの一つなのですが、私専属のハローワークの就職支援の担当者とマンツーマンで就職についての相談ができるというサービスでした。


たまたま担当になってくださった方が女性の方で、とても親身になって相談に応じてくださったので心強かったです。

そちらで履歴書などの書き方や面接の応対方法など、就職についてのノウハウを教えていただいただけでなく、求人情報をFAXで直接送っていただいたり、うまくいかなかった面接の話を聞いていただいて次につながる対処方法を相談させてもらったりとかなり心の支えになりました。


4転職後

転職後の新しい職場で、待ち受けていた環境は。

なかなか転職活動がうまくいかない中で、ハローワークである求人を見つけました。

それは、卸業者の営業事務の仕事でした。


もともと希望していた職種ではなかったのですが、もう何件も「面接を受けて、落ちる」を繰り返していたので、焦りもあったのです。

私はその求人を見つけて、すぐに面接を受けに行きました。


面接官との面接は5分ほどでした。最後に面接官から

面接官

「いつから来れる?」

と聞かれ、即採用といわれました。

当時の私はとにかく早く就職を決めたい気持ちでいっぱいだったので、あまり深く考えずに、それをその場で受けました。


次の日から出勤しましたが、そこで私が目にしたのは、まさに「壮絶」という形容が似合うくらいの、荒れた職場でした。


まず、私の同僚となる総務兼事務の方は、バツ4の女性の方でした。
そして、入ってきて初日から、私に対してかなりパワハラな態度を取ってきました。

毎日、私のちょっとした行動に怒鳴りつけてくるのです。


(なんで今のところで怒られるんだろう…)という疑問を何十回も繰り返して、ようやく、

(この人は、私に対して感情をぶつけたいんだ。私のことを、快く思っていないんだ)

ということに気が付きました。


そのくせ、その女性は無駄に色気があるんです。男性客が来ると、急に態度が変わるような方でした。

それで、私が来客の男性とあいさつでもしようものなら大変です。あとでものすごい剣幕でした。


営業の男性は、とにかくいつも機嫌が悪かったです。

私が取引先からの伝言を伝えるために携帯に電話すると

営業社員

「お前、俺がこんなに忙しいのに、電話してきやがって!」

と、電話口でものすごい勢いで怒鳴りつけてきました。


責任者である私の上司は、そういうことをわかっていても素知らぬ顔でした。


全員がすごく仲が悪く、ギスギスとした雰囲気だった上に、小さな職場だったため逃げる場所もなく本当につらかったです。

以前の営業事務の方は1週間で辞めたとのことだったので、もちろん引き継ぎもなく、マニュアルなどもありませんでした。


そんな中で3か月間勤めましたが、体重が6キロ落ちたこともあり、体力的にも精神的に限界を感じ、結局辞めました。


辞めると伝えたときも、上司に怒鳴りつけられました。

そして、最後の月の給料は払ってもらえませんでした。


5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うことは。そして、これから目指したいこと。

私はこの時の転職で、「面接では、焦らずしっかりと話を聞いて、仕事内容や職場の雰囲気がどういうものなのかを見極めなければならない」ということを学びました。


また、ろくに話もしていないのに「即採用、明日からきて!」と言われる場合は、少し疑ったほうがいいとも思いました。


仮に内定をもらっても、こちらにも断る権利もあるということをもっとしっかりと認識したほうがよかったと、振り返って反省をしました。


それ以降、私は別の会社に転職をしました。

その際はこれらの学びを生かして、しっかりと面接のときに、質問をしたりコミュニケーションをとったりしました。

今は、きちんと「自分のやりたい仕事」かつ「譲れない条件を満たした仕事」に就くことができたので、大変快適です。


◇ ◇ ◇


転職活動を行う中で非常に苦労した」ということと「ハローワークの重点支援の担当の方に親身になっていただいたことで救われたということ」から、「転職活動を行っていく人たちの支えとなるようなの仕事をやってみたい」と考えるようになりました。

そして、私は最近「キャリア・コンサルタント」の資格をとりました。


今はこの資格を生かして、就職支援の仕事をしています。

まだまだ経験不足な面もあるので、もっともっとカウンセリングのスキルを磨いていきたいです。

今後は、特に子育て世代のママさんに対しての支援を重点的に行っていくことを目標としています。


ママさんたちが、生き生きと仕事をしていけるような、そんな支援をしていけるように、日々努力しています。



「くじらさんと境遇が近い…」という方にオススメの転職サービス

正社員から短時間勤務まで、様々な勤務形態の希望を柔軟にサポート!女性の転職にも強い【パソナキャリア】

サービス名 パソナキャリア
特徴 手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア!幅広い業界に向けての求人案内数と、更には関東・関西・東海を中心に全国に拠点を持っているので、地方転職者含め多くの方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。更に 面談にお越しの方には、転職活動のノウハウがつまったガイドブックをプレゼント中!
企業名 株式会社パソナキャリア(1976年)

「Type女性の転職」で、きめ細かいサポートが女性転職者から評判の【Type転職エージェント】

サービス名 Type転職エージェント
特徴 Type転職エージェントは、1994年から人材紹介事業を行っている業界では大手のベテラン老舗エージェント。転職活動者への親身なOne To Oneサービスが非常に好評です。
Type転職エージェントを利用した転職者の、約71%が年収アップという驚異の数値も。
転職市場に精通した、領域別の専任アドバイザー」として活動するキャリアコンサルタントは、転職活動者の目指す業種や職種に合わせて、まさに「専任体制」の手厚いサポートを受けられます。
企業名 株式会社キャリアデザインセンター(平成5年7月8日)

女性向けの転職サービスで定評!キャリアアドバイザーの親身な対応が評判の【マイナビエージェント】

サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>