『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:仕事に忙殺されて、彼女とも別れ、そして転職した先では人間関係が最悪で。


15

転職前

BEFORE
職業
食品流通
職種
販売・営業
従業員規模
2500~3000人
年収
500~600万
会社名

転職後

AFTER
職業
製造業
職種
電子機器製造
従業員規模
200~300人
年収
300~350万
会社名

目次

マサさんの転職ストーリー

1これまでの私

ひとりで業務を抱え込んでしまうような、不器用な性格でした。

転職をしたのは、私が33歳の春の頃です。

それまでは、ずっと同じ会社で働いていました。

22歳で入社して、1年で課長補佐に任命されて、30歳からは役職は課長となり、食品販売部門で勤務しました。

「販売」と一言でいっても、その業務範囲は幅広くありました。
直接お客様を接客したり、営業に出たりとそれらを統括しながら、また自分自身も現場に出たりしていました。


任される仕事は、全て自分で受けるようにしてました。

なんというか、人の手を煩わせるのが苦手だったんですよね。

どちらかというと「何でも一人で全て片付けよう」として、結果業務を抱え込んでしまうような、不器用な性格でした。…まあ、今もそうですが。


よほど困らない限り自分でやろうとしてしまっていました。

家族構成は、両親と姉が一人います。
ですが、社会に出てからはずっと一人身で相談する事もなく一人で暮らしています。

仕事をする事に意義のようなものは見出していたつもりでしたが、そこにやりがいがあったかというと、無かったですね。

ただ、自分の納得できる仕事ができること、そして手に入れたい物を獲得する事に努力していくこと、つまりはしっかり仕事をして賃金を得る中で「妥協しないこと」を信条に日々取り組んでいました。



2転職のきっかけ

「将来のイメージが持てない」と彼女に言われて。

転職を思い立ったのは、労働時間が異常に長かったことが大きな理由です。

平均16時間ほどの拘束時間で、かつ残業代は2時間までしか出ませんでした。
無償の休日出勤も度々ありました。


自分の抱え込む仕事量にも問題はあったかもしれないですが、部下たちが同じように仕事をしていたかというと、そんなことはなくて。

部下たちは、任された仕事を適当にこなしながら就業時間になれば仕事を残したまま即退社する、そんな環境でした。

部下

「結婚してますし、家庭がありますんで…」

彼らはそう言って、そして山積み状態の仕事の責任を持つのは自分でした。

辛かったですね。
どんなに自身のスキルを熟練していっても、一向に仕事は楽になりませんでした。

そんな折、プライベートで結婚を前提として付き合っていた彼女とも別れることになって。

彼女

「将来のイメージが持てない」

彼女はそう言いました。

たしかに、そうだなと私も思いました。

そして、その「将来のイメージ」を創れなかったのは、仕事に忙殺されて、ろくに彼女との時間を取れなかった私のせいでした。

(俺は、いったい何の為に仕事をしていたのだろう)

そんな風に思うようになりました。そして、私は転職を真剣に考えはじめました。



3転職活動中

友人に助けられての、転職活動。

転職活動は、営業のアポイントの間を見つけてはハローワークに通いながら行いました。


正直、どんな仕事がしたいのかも分からなかったので、職を選定する事自体が苦労でした。


今までやってきた仕事には嫌悪感がありました。

だから、「自分のできる事」をやるよりも「新しい世界に飛び込みたい」という願望が強かったのですが、とはいえ「じゃあ何がやりたいか」と考えても、その答えが思い付かない。その辺りが一番の悩みどころでした。


そんな状況下で、助けてくれたのは一人の友人でした。

彼は他府県で働いていて、

友人

「知り合いの企業で、新しい事業所が発足するのでそこの部署担当を探して募集をかけているよ」

と教えてくれて。結果、そこが転職先に決定しました。


運が良かったですね。タイミングもそうですが、何より、友人が助けてくれたことが一番の幸運でした。

その友人は、私の知らないところで色んな人脈から仕事先を探してくれていたのです。


──本当に、嬉しかったですし、ありがたかったです。



4転職後

転職先の新しい職場で、待ち受けていた環境は。

知らない土地で知らない事をする事で、なんだか「新しく人生をやり直す」──そんな新鮮さに、私の心が癒されていきました。

仕事内容は一人で一つの製品を作り上げていく業務で、その中で予期せぬ不具合や改善点を自分なりに検討し打開していく作業でした。
自分のような「やれることは一人でやりとげよう」とする性格の人間にはピッタリな仕事でした。

給料面では前職には及ばないものの、仕事の楽しさも感じらえて。

(これが、自分にとっての天職なのかもしれない)

──とさえ思えていました。


ですが、良いことばかりではありませんでした。

職場が少し田舎町にあったためか、他府県から来た人間はあまり歓迎されないような、そんな内向的な雰囲気があって。

既存の従業員さん達からすれば、私は「突然やって来たよそ者の上司」です。
それは私だけでなく、新規参入した人間の多くが何かしら後ろ指を指されるような状況がありました。

特に同期入社の女性社員は色々とあらぬ噂を会社中に流して、例えば

女性社員

「あの人(私のことです)、借金をして地元から逃げてきたらしいよ」

というような噂がまことしやかに語られていていたり。


一時期、そのことで精神的に参ってしまい、そのまま会社に行けなくなってしまった時期もありました。


「いじめで人を追いやる」ということを、身をもって体験されたのはこれが人生で初めてでした。正直、とても不快で気分が悪かったです。

それを知りながら放置している上層部にも、不信感を感じるようになりました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って思うこと。そして、これから目指したいこと。

転職後に感じた事は、「転職活動を始める前に、キチンと自分の進む方向性を筋道立てて考えておくこと」が大切だと思い知りました。


私の場合、転職活動中も焦る気持ちばかりで具体的なビジョンなど皆無でしたから。

当たり前の話なのでしょうが、「事前準備が重要」だと再認識しました。


また職を変更して気付いたことで、「自分が知っている会社や世界が全てではない」ということです。

新しい会社では人間関係で大変苦労して、まるで異次元に放りこまれたような感覚でしたが、同時に、とても勉強になりました。

どういうところで勉強になったのかというと、「見識の狭さ」に気付かされた、ということです。

これまで私が過ごしてきた環境が、世間一般的なのだろうと思っていましたが、全然そんなことはない。

きっと、会社の数だけ、様々な環境・風土があるのでしょう。


◇ ◇ ◇


結局、私は転職後の職場環境に馴染めず、辞めてしまいました。


今はまた別の会社で働いています。

その職場では、人間関係も悪くなく、まあまあうまくやれています。

そして、最近は「ゆくゆくは、自分の個人経営の会社を興したい」と考えるようになりました。

その際には、当時の私と同じように職場環境で酷く悩んでいる人や、不器用で上手く仕事が出来ない人、年齢や時間が問題で働きたくても働けない人達、──そんな社会で弾かれてしまいそうな人を集めて、仕事が出来ればと考えています。

具体的な内容というのはまだまだ練り込めてはいませんが、ジャンルに囚われず、そして小さくても社会貢献できるような、そんな会社を創って行きたいです。



30代転職者に、オススメの転職サービス

1位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。

2位JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)

JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

3位DODAエグゼクティブ

DODAエグゼクティブ
国内求人数TOPクラス、かつ全国展開の「DODA」が展開する、ハイクラス・エグゼクティブに特化した転職支援サービス

次のステージにステップアップしたい」30代~50代の方に、熟練のキャリアアドバイザーが「満足いく転職」を共に目指してくれます。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>
>