『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:「起業したい!」仕事にやりがいのなかった私が、障害福祉サービスを立ち上げて

転職前

BEFORE
職業
障害福祉サービス
職種
職業指導員
従業員規模
5名程度
年収
230万

転職後

AFTER
職業
障害福祉サービス
職種
経営・職業指導員
従業員規模
4名
年収
400万円

目次

第一さんの転職ストーリー

1これまでの私

やりがいは特に感じることはなく、ただ質問に答えるだけ

やりがいは特に感じることはなく、ただ質問に答えるだけ

2017年5月まで5年間、ごく普通の会社員でした。

ごく普通の判断がどのようなものなのか検討がつきませんが、年収を考えると収入の低い会社員と言ったほうが適切でしょうか。

当時の職は「職業指導員」と言って、障害をお持ちの方へ就労に向けての支援を行うというものでした。

当時の自分は、自分のことだけを考え、周りの人に対してはあまり関心がなく、当たり障りの対応をする人物だったと思います。

家族構成は、入社時は独身で、2年目に結婚をして、3年目に長男を授かりました。
退職前には妻は長女を身籠っていました。

やりがいは特に感じることはなく、ただ質問に答えるだけでした。
生きがいは仕事が終わった後のお酒、そして趣味のスポーツ鑑賞でした。

2転職のきっかけ

この職場にいても、自分自身の成長がない・・・

この職場にいても、自分自身の成長がない・・・

当時の職場でのやりがいを感じることが出来ず、同じような毎日が過ぎていくだけでした。

そして、ある特定の同僚とも良い関係が築けていなくて、会話も挨拶や必要最低限のコミュニケーションのみでした。

上司に関しては、仕事に対する姿勢が問題だらけで、とても尊敬できるような存在ではありませんでした。

仕事はほぼ部下に丸投げ状態でした。

この職場にいても、自分自身の成長がないのと、支援されている方たちにとっても申し訳ないという気持ちがわいてきました。

このままこの職場にいても正直、未来はないと感じていて、ネットサーフィンをしていると「起業」というワードが目に飛び込んできました。

それまで起業は選択肢になく、転職=他の職場への雇用と考えていましたが、自分でやってみたほうが人生充実するのではないかと思い決断しました。

3転職活動中

起業したい。でも、何から手を付けて良いかわからない。

起業したい。でも、何から手を付けて良いかわからない。

『起業』という言葉は知っていても、やり方は全くわかりませんでした。

苦労したことは、まず何から手を付けていいのかわからなかったこと。
今のご時世インターネットが普及しているので、調査から始めました。

そして、この調査が結構時間がかかりました。

まずは起業の仕方、福祉サービスの許認可取得方法、資金が乏しかったので融資の方法等…。

起業の仕方は、自分でもできるとネットに掲載されていたのですが、知り合いのつてで行政書士を安く紹介してもらいました。

同じく、福祉サービスの許認可方法も行政書士に依頼しました。

融資に関しては、何度も銀行に相談に行き資金シュミレーションを行い、なんとか融資実行してくれました。

これらすべて、知り合いの方が力を貸してくれなければうまくいってなかったでしょう。

4転職後

会社の物件すらままならない状況で、多くの人に助けられて。

会社の物件すらままならない状況で、多くの人に助けられて。

すべてが初めてで、すべての責任が自分にのしかかるわけです。

まずは、利用者さんの募集に力を入れるのと同時に、物件探しに奔走しました。

利用者さんの募集に関しては、3か月後の開所に向け数名確保できましたが、何しろ物件が決まりませんでした。

物件が見つからない限り開所もできないし、許認可もおりません。

そこで、また知り合いの不動産屋さんに協力を得て、なんとかよさそうな物件を契約することが出来ました。

ここでも人に助けられていると実感しました。

物件が決まった後は、ほぼスケルトン物件だったので、内装や設備の搬入に時間がかかりました。

1から掃除をしてピカピカにしないと利用者に迷惑をかけてしまうので、内装には力を入れ、夜遅くまでかかることも何日もありました。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うことは。

気づけてよかったことは、人の大切さ。

気づけてよかったことは、人の大切さ。

自分一人では何もできないこと。

周りの助けがあったからこそ、起業を決意できました。

それは、知人の紹介の行政書士、不動産屋、従業員、家族です。

みんながいなければ決してスムーズにはいかなかったと思います。

利用者さんに対する接し方も、各利用者さん一人ひとりへの支援について本当に考えることも出来ました。

後悔していることは、もっと勉強をたくさんしておけばよかったことです。

時間もなかったのですが、ないなりに色んなことを調べる必要があり、今でも苦労しています。

例えば、経理に関しても、経営していくうえで最低限の知識は必要です。
お金回りに関しても、起業前にきちんと調べたり聞いたりしておけば、月末にあたふたすることはなかったでしょう。

◇ ◇ ◇

今後は、収益を上げていくことをメインに考えなければなりません。

その為には、利用者さんたちがより効率な受注と収益アップを目指さなければなりません。

開所したばかりで収益はあまりないため、徐々に取り組んでいかなければならないと感じてます。

人脈も広げるためには、色々な企業交流会にも参加する予定です。

これから実現させたいことは、少しでも利用者さんが就労等のステップに進んでもらえるようサービスの充実を図りたいと考えています。

そして、事業所数も徐々に増やしていければと考えています。

障害をお持ちの方が安心して、作業していただける場所をたくさん作り、一人でも救っていきたいです。

もちろん、従業員も大切に、いつかはボーナスを出せる企業に成長したいです。

目次[ 閉じる ]