『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:「クリエイティブな仕事に就きたい!」──はずが、四国に引っ越して、事務職になって。

転職前

BEFORE
職業
DTPオペレーター
職種
クリエイティブ
従業員規模
30人規模
年収
控えさせていただきます
会社名

転職後

AFTER
職業
不動産事務
職種
不動産関係
従業員規模
4人
年収
控えさせていただきますが、前よりは上がりました
会社名

目次

四国の主婦さんの転職ストーリー

1これまでの私

親の願うような仕事とはかけ離れた仕事に就いて。

前職を辞めたのは2013年末で、首都圏でクリエイティブ系企業に勤めていました。

私は書籍のデータを作成するDTPオペレーター兼、校正をしていました。

昔からデザインなどに興味がありクリエイティブ系企業を目指しており、とにかく残業でも何でもやってできるだけ仕事を覚え、仕事では早くクリエイティブ性の高い仕事ををさせてもらいたいという一心で人より仕事を早くこなすよう心がけていました。



私は4人家族の長女でしたので、あまり堅い仕事につきなさいというような厳しいことは言われてきませんでしたが、残業が多かったり職場が遠いのを両親は嫌がっていて。

つまり、親が願うような働き方とはかなりかけ離れた仕事をしていました。



2転職のきっかけ

「あの人、もうすぐ辞めそうよ」と噂されて。

転職のはっきりしたきっかけは結婚でした。

ただ私自身は「クリエイティブな仕事」に固執していて。

正直、

(辞めたくない・・・!)

と思っていました。

一方で連日23時まで残業し終電でなんとか家に帰る毎日を過ごしていましたので、両親からも現在の夫からも当時の仕事を続けるのは、

「ちょっと反対かな・・・」

父親

「もうちょっと、違う職場にだな、・・・」

「反対だよ」

──といった状況でした。


更には、夫が四国在住だったため、首都圏の仕事自体が続けられない状況だったのです。

そうこうするうちに結婚の話が出て、家族からの「そろそろ辞めたら」ムードも一層高まってきて。
それでも私は粘ってその仕事を1年続けました。

けれど職場で時々結婚することになるという話題を同僚と話していたところ、徐々に

職場の同僚

「あの人(私のことです)はもうすぐ辞めそうよ」

といったうわさ話が広がっていき、会社の方でも次の人を考えている雰囲気が伝わってきて。(人員確保を意識してのことですので、しょうがないとは思いましたが)

(さすがに、もう辞めどきなのかな・・・)

そんな思いで、私は退職に踏み切りました。



ただ正直、そのときはかなり未練がありましたね。



3転職活動中

新しい仕事を始めようにも、仕事自体が見つからない。

四国に来てから1年ほどはその土地に慣れるので精一杯でした。

とりあえず退職後の給付金を受け取りながらハローワークで求人を見ているような状態でした。

実際に相談員の方と前職の話をして同じような業種の職場があるか相談したのですが、そもそもクリエイティブ企業の絶対数がとてつもなく少ないという状況です。

当然ハローワークにそういった求人はありません。

もっと言ってしまうと、私の嫁いだ先はそもそも仕事の数が全国平均よりかなり少ない地域でした。

そのため国から仕事が少ない地域認定を受けてるため、給付金を受けるための求職活動の実績判定も緩和されている状況でした。


元々私もハローワークで求職しようと考えていた訳ではありませんでしたが、どの分野に関しても、仕事そのものがあまりない場所ということで頭を抱えたのを覚えています。


最終的には「宅建士」の資格を取得して、私は地元の不動産会社に就職しました。

住宅需要自体は全国的には小さくなっていますが、地方に関して言えば必要な人は必要だという実感があり、比較的安定した職業だと感じていたからです。



4転職後

DTP業界から不動産業界という、まったく畑の違う業界に転職して

転職先は地元の小さな不動産会社でした。

こちらの地域では県民性だと思いますが、どの方も比較的穏やかで優しく仕事に厳しすぎるということがありません。

職場内のどの人も比較的のんびりしてる印象です。


お客さまも失敗しても寛容な方が多く、こちらが申し訳ないぐらいの気持ちになったりしたものでした。

逆にこちらがトラブルがあった時に厳しく対応すると、少し周囲から浮いてしまうぐらいのところもありました。


仕事をするにはやりやすい地域でありますし、現在の職場は前職に比べれば非常にクリーンです。

失敗しても取り戻す努力をすればきちんとフォローしてくれる人がいます。

前職では仕事の出来不出来で、いじめもひそかにありましたが、今では他企業の方と接してもあまり厳しすぎる印象はありません。

私自身も、

(もっと人に優しくならなければな・・・)

とよく感じました。



逆に言えばバリバリ仕事をするような雰囲気がこの地域全体にあまりなく、たまに物足りない感じがすることもあります。──まあ、ぜいたくな悩みなのかもしれません。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

今の時代で言えばブラック企業がはびこり、就職できても苦労が絶えない風潮を感じていますが、地方に行けば、地域によっては必ずしもそんな場所ばかりではないのだなと思いました。



結果的に私はクリエイティブな職業からは離れましたが、こちらではクリエイティブ活動をしている人(特に若い人)はとても重宝されていますし、自分で何かしようとしている人は一目置かれています。

ただし全部自分でやっていかなければならいところがあります。

一方で「仕事そのものが無い」という土地では、自分のやりたい仕事をするために「雇ってもらう」という考えそのものが成立しないケースが多いのだと思い知りました。

職業の分野を変えて転職したことも大きく自分に影響を与えていると思いますが、過去の自分は「いまの会社の中で色々なことをやれるようになりたい。認めてもらいたい」と思っていて、今思えばそれは頭が固く視野が狭かったのだなと反省しています。



◇ ◇ ◇



今になっては、「どうしてもやりたいことは、趣味でやるのでもいいのかな」と思うようになりました。

職種を変えての転職は、未知の領域に対する恐怖心がありました。

けれど私はそれ以上に、「今までの自分を捨てなければならない」という気持ちが強く、それはそれまで努力してきた自分を否定するようで、なかなか踏ん切りがつきませんでした。


昔は職業柄そういった思いがつのりやすかったのかもしれませんが、イメージだけで考えるのではなく、実際体験してみないと仕事の世界はわからない ものだなと今は思います。
結婚して仕事もしたら、きっと自分の時間なんてほとんど無くなるだろうなと当時思っていましたが、意外に今の方が前よりも毎日充実しているように思います。

残業時間が減ったぶん、夜に自分で自由に使える時間が増えました。

何よりも精神的に追い立てられる環境から解放されたので、家に帰ってから「あれをやろう、これをやろう」という気持ちが湧いてくるようになりました。


これからは仕事一本の自分ではなく、仕事と家庭と自分の時間をバランスよく使うことを大切にしていこうと思います。

もしも結婚せず前職にしがみついていたら、きっと私は仕事以外からっぽの人間だったと思うので、結果的には転職は成功したのかなと思っています。


女性にお薦めの転職サービス

1位DODA(デューダ)

DODA(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

2位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。

3位パソナキャリア

パソナキャリア
手厚く、そして親身な転職者支援で定評のあるパソナキャリア幅広い業界に向けての求人案内数と、地方転職者含めた全国の方々がサービスを利用できる体制を整えています。
はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、丁寧にサポートしています。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均3.50
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>