『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:彼女と別れて、「そうだ、転職しよう」と思って。


15

転職前

BEFORE
職業
会社員
職種
カスタマーサポート
従業員規模
約5,000人
年収
300万円弱
会社名

転職後

AFTER
職業
会社員
職種
カスタマーサポート
従業員規模
約3,000人
年収
350万円ほど
会社名

目次

ぽん太さんの転職ストーリー

1これまでの私

飽きっぽい性格で、無類のアウトドア好き。

転職前は年齢も30代に突入し、当時付き合っていた彼女との結婚を視野に入れて生活をしていました。

飽きっぽい性格の為、これまでにも複数回転職を繰り返し、ようやく通信業界の最大手企業に契約社員を通して正社員へとなることが出来ました。


仕事内容は主に電話でのお客様対応を請け負い、クレーム対応などのストレスの溜まる生活を過ごしていました。


家族構成は自分自身のほかには、両親と姉2人がいて、姉はそれぞれ結婚し過程を持っています。

自身は実家を離れて、職場付近で彼女と同棲をしながら、趣味であるドライブを生きがいにしていました。

時間に少しでも余裕が生まれると、一人旅や彼女・友人たちと旅行をするといった、アウトドアな生活をしていました。



2転職のきっかけ

大好きだった彼女と別れて。

転職をしようと思ったきっかけはいくつかありますが、一番の理由は付き合っていた彼女と別れたことでした。

──辛かったですね。最初の内は何も手につきませんでした。


更には一人になると自分の時間が増えます。

一人の時って、何すれば良いんだっけ・・・?




最初はそんな戸惑いもありました。


ですが、そんな風に腐っていては本当にダメ人間になってしまいます。
私は、そんな一人の時間で段々と将来のことを考え始めるようになりました。

そうだ、これまでに得た業務知識やスキルを活かして、違った業界で自分自身がどれだけ通用するのかを試してみようか




──そう思い始め、その気持ちはだんだんと強くなっていきました。


ちょうどその頃、職場からは昇進の話が出て、一方で知人を通してヘッドハンティングの話も舞い込んできて。

その紹介された職場が異業種で新規立ち上げの企画だったために、「自分自身への新たな可能性にチャレンジしてみたい」という気持ちを大きく刺激しました。

また、直前に仲の良かった同期の人間が転職を成功させていたのも、「自分も転職しよう」と決心するきっかけだったかなと思います。



3転職活動中

ヘッドハンティングのうまい話は、立ち消えになって。

知人を通してお話を戴いたヘッドハンティングに関しては、最後の契約のところで幾つか問題が浮き上がり、実際にはその企業へは転職しませんでした。

──要は、当初話していた条件や業務内容が若干違っていたのです。
その違いは、私にとって看過できないレベルのものでした。


ただ、職場へは退職の意思をすでに伝えていたので、何にしても転職先は決めなくてはいけませんでした。

そこから私は急遽、転職サイト(リクナビネクストやen転職・マイナビ転職)などの転職サイトを利用して転職活動を始めました。


幸運だったのは、当時サイトに登録をしたタイミングで大手企業が複数、求人募集をかけていたので、今までの職歴を生かすことが出来ると思った企業へ数多くのエントリーすることが出来たことです。

またその中でも、4社ほど内定をいただき、どこにお世話になるかを自分自身が選べる立場にあったということも、とても幸運だったと思います。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

新しい職場は、食品製造業で世界的にも有名な大企業でした。


大企業ということもあり入社する前は、そこでの人間関係はとても殺伐としている人情味のない冷たい企業だろうな勝手ながら想像をして、それなりに身構えていました。

ですが、実際に入社し配属部署に通されると、とても人間関係が良い、温かい職場だったのです。その日のうちに私の臨戦モードは解かれました笑。──本当に、良かったと思います。ホッとしました。


研修担当の人や、実業務の先輩や上司などはとてもやさしく、高圧的な態度をとられることも無く、困ったことがあるとすぐに気づいて声をかけてくれるようなとても居心地のいい部署でした。


こちらから質問や疑問を投げかけても、きちんと正面から向き合って答えてくれるような人たちです。

今現在も、一緒に悩んでくれる素敵な上司と先輩に囲まれて仕事ができています。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

今回の転職では、ヘッドハンティングという甘い誘いに飛びつこうとしていたので、契約する直前ではありましたが入社を決めなくてよかったと思いました。


たとえ信頼をしている知人で会ったとしても、疑う部分があるということを今回は身をもって体感しました。


前職の職場では高い評価を受けていたので、信頼し昇進の話を持ち出してくださった当時の上司の方へは申し訳ないことをしてしまったなということが少し心残りな部分です。



◇ ◇ ◇



今後は今の自分の仕事内容や成果に満足することなく、より成果を上げれるように幅広い視野を持ちたいと考えています。

今の職場は、昨年から人工知能をつかった新しいサービスに取り組んでいるので、そちらの部署への異動を実現させて「時代の最先端の事業にかかわっていきたい」というのが私の目下狙っていることです。

少しでも早く希望の部署への異動が叶うように、人工知能に関連している資格の取得や勉強にも積極的にチャレンジしていきたいと思います。


そういえば、一時期停滞していたアウトドアの活動も復活してきました。

福利厚生がとてもしっかりとしていて有給取得も推奨されている職場なので、未だに訪れたことのないヨーロッパ地方へ旅行をしてみたいなと考えて、少しずつ貯金もしていこうかなと考えているところです。



30代で転職をご検討の方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

<スポンサーリンク>