『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:「広い世界を知りたい!」不動産業から未経験の貿易会社へ。


10

転職前

BEFORE
職業
不動産業
職種
総務
従業員規模
100名
年収
400万円
会社名

転職後

AFTER
職業
貿易会社
職種
営業
従業員規模
30人
年収
450万円
会社名

目次

タンジェントさんの転職ストーリー

1これまでの私

その仕事のエキスパートを目指したい性格の私。

私が転職を決意したのは、今からおよそ2年前です。

当時、私は不動産会社の総務として、給与計算や資料作成、来客対応等を行っていました。

不動産業界を選んだのには、主に学生時代に学んだことを活かしたいと思ったからです。
大学は法学部に在籍し、

「卒業したら法律を活かした業界に勤めたいなあ」

と思っていました。

家族構成は、両親と私の3人家族です。
両親も私の進路を応援してくれていました。

大学時代に宅建の資格を取って以来、資格を取ることにやりがいを感じていました。不動産の業務にもとても役に立ちます。

測量士補やマンション管理士など、色々な資格を取得しましたね。

不動産業は様々な人と出会えるので、色々な経験や職業を有する方とお話しできることはとても楽しかったです。



2転職のきっかけ

「この狭い業界の中で働き続けていいのだろうか?」から始まって。

不動産業の仕事は安定していることがよい点ですが、その一方で、業務は同じような作業がほとんどです

特に総務という仕事は内勤ですので、ずっとオフィスで働き続けることに次第に飽きを感じてきてしまったのです。

また、日本だけでなく海外も見据えて働きたいという気持ちも出てきました。


そんな中でも転職への意欲が湧いたきっかけが、東京オリンピックが決まったことです。

おそらく世界中で日本が注目されるでしょうし、日本の商品や魅力を海外に発信できるチャンスかなと思ったのです。

これから外国人観光客もどんどん増えていくと思います。浅草あたりに行ってみると、外国人観光客が非常に多く感じられます。

日本の魅力はまだまだ海外には充分に知られていないと思います。

「もっともっと、日本の魅力を知ってほしい!」

そう思ったのがきっかけでした。
今こそ、世界に羽ばたくチャンスだと思いましたね。



3転職活動中

より広いステージへ羽ばたくために。

転職サイトは、リクナビ、マイナビ、doda、エンなど使いました。
エージェントはリクナビマイナビパソナキャリアdodaなどを使いました。

貿易関係は未経験なので、求人の際には苦労しましたね。

エージェントの方から、

エージェント

「貿易関係には英語が不可欠ですよ」

と言われたので、TOEICを勉強し、764点を取りました。
このことは転職に際してもかなりの強みになったと感じています。

今の会社もエージェント経由で紹介していただいたので、エージェントの方にはとても感謝しています。

友人からは、

友人

「そんなに急いで転職しなくてもいいと思うよ。考え直したほうがいいんじゃない?」

と何度も言われました。

それでも転職に踏み切ったのは、世界を舞台に働きたいという気持ちと、不動産の仕事に窮屈さを感じていたのかもしれません



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

新しい職場は貿易会社です。そこで営業職を担っています。

未経験の業種だったので、何もかもが新鮮でした。
といっても、そんなに劇的に世界が変わるわけではありません。

今まで総務をやっていたので、最初は総務の仕事を任されました。
総務の仕事はどの会社でもそんなに大きく変わりませんので、経験があって非常に助かりました。

総務の仕事を通して会社全体を見ることができたり、様々な部署のメンバーと関われたのでよかったです。

職場の仲間にも恵まれ、私の仕事をきちんと評価してくれる上司に出会えてよかったです。


新しい職場での印象的な出来事は、海外出張ができたことでしょうか。

不動産業では海外出張はまずありえません。
海外に出張すると決まったときには、本当に嬉しかったですね。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

少し後悔していることは、学生時代にもっと英語を学んでおけばよかった、ということです。

海外出張など、外国の方と話す機会が多々ありますが、英会話は未だに苦手です。
若いうちに英会話を身に着けておくことは、海外で仕事をする上で大きな武器になると思います。

英語を勉強するにあたって英会話教室に行こうと思ったのですが、学費が高額なのでまだ行けていません。
そんなこともあり、学生のうちに身に着けておけばよかったな、と思っています。


新しく学んだことは、業種未経験者の転職は非常に不利であること。

未経験者歓迎」という求人をよく見かけますが、やっぱり経験者が優遇されることに変わりありません。
企業にとっては、間違いなくその方が有益ですしね。

ただ私のように、たとえ未経験でも今までの職務経験から関連している事項や資格などをアピールしていけば、十分にチャンスはあると思います



◇ ◇ ◇



今後は英会話を身に着けて、バイリンガルを目指したいです。

貿易の会社ですと、中南米やアフリカの会社の関係者と接点があります。

英語だけでなく、スペイン語、ポルトガル語やフランス語が主言語の国もたくさんあります。

また、日本は中国との貿易が欠かせませんから、中国語を身に着ける必要もあります。

いずれにしろ、貿易に関する仕事をする方(目指される方)は、英語以外の言語も求められるため、語学を勉強されておくことをお勧めします
私も中国語とスペイン語を猛勉強中です。

仕事を通じて、世界中の方と話せる機会があったらいいですね。

日本だけに限らず、グローバルな視野や視点で世界を見ることができることは、貿易会社で勤める者の特権だと思っています。



30代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

<スポンサーリンク>

Warning: file_get_contents(/home/artience02/www/minten/wp/wp-content/themes/min-ten/html_inc/ranking_.html): failed to open stream: No such file or directory in /home/artience02/www/minten/wp/wp-content/themes/min-ten/functions.php on line 768