『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:地図に載り、記録に残る仕事。地方で働くということ。

転職前

BEFORE
職業
土木会社
職種
現場監督・施工管理
従業員規模
200人
年収
550万円
会社名

転職後

AFTER
職業
鉄道会社
職種
保守管理
従業員規模
80人
年収
450万円
会社名

目次

かんさんの転職ストーリー

1これまでの私

自分の作ったものが、地図に載り。

当時私は、都内の土木会社に勤めていました。

主な仕事内容は土木施工管理・監督業で、拘束時間も長く体力的にも辛いものでした。
それでも、苦労してできあがった建物を見た時の達成感というものは、ほかの仕事ではなかなか味わえないんじゃないかと思いますね。

ある時バイパス道路を新設する機会があったんですけど、工区は10km!地図に載るレベルです。
プレッシャーも大きかったですが、「やってやるぞ!」という思いも強かったですね。

妻と2人の息子がいるんですが、私が仕事でそんな状況なものですから、妻には苦労をかけていたと思います。

両親は実家の栃木に暮らしています。たまに顔見せに帰ったりしていました。

家族の支えがあったから、ものづくりに邁進できたんだと思います。



2転職のきっかけ

父が倒れ、世話をするために帰郷。

そんな私が転職をしようと思ったきっかけが、父の病気でした
母は運転免許を持っていないので、病院へ連れていくのにも一苦労で。

(これは俺がこっちに戻ってくるしかないか)

と思うようになりました。

これから2人の息子が小学校に上がるというタイミングだったので、地元に戻るのもいいかもなって気持ちもあって。

妻の地元も栃木なので、反対はされませんでした。
ただやっぱり大きな決断です。なかなか踏ん切りはつきませんでした。

でも最終的には「両親を助けないと!」という思いで、転職と引っ越しを決めましたね。



3転職活動中

鉄道会社の保守管理部門に転職。

仕事はギリギリまで続けつつ、転職活動の時には栃木まで行くという生活でしたので、まあ辛かったですね。

ネットである程度の情報は集められますが、実際にどういう会社なのかってことは、やっぱり自分の目で確かめないと分からないので。

当時私はすでに35歳でした。
結構、転職市場的にもギリギリですよね。

求人自体はやっぱり少なかったです。
地方ってこともあるんでしょうけど、一番は年齢の部分でしたね。

前職の経験から「1級土木施工管理技士」「測量士」の資格は持っていたので、これを活かせる仕事はなんだろうと考えました。

そこで見つけたのが、ある鉄道会社の保守管理の仕事でした。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

そして今、その鉄道会社の保守管理の仕事をしています。

具体的には線路の保守や修繕・点検であったり、踏切を拡張する際の施工管理、運輸局への申請など、まあたくさんあります。

「鉄道」を扱う仕事なので、やっぱり安全管理が第一です。
前職も危険と隣り合わせではあったんですが、その時とは比べ物にならないくらい安全対策には徹底していましたね。

覚えることは、そういうわけでたくさんありました。
新しいことを学ぶのは楽しいですが、調べながら仕事を進めていくのは大変でした。

5年に一度のスパンで国土交通省の立ち入り検査があるのですが、それが入社のタイミングと重なったので、早々に大忙しの日々でした。

でも、入社してから仕事に対する「視野」がぐっと広がった気がしますね。
その感覚が自分でも楽しいので、これからも頑張っていきたいです。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

転職前に比べたら年収は下がりました。Uターンなので多少は仕方ないと思います。
実家で両親と家族と暮らしているので、家賃が発生しない分、まあなんとかなっています。

一方で、家族との時間は前よりも増えました。
残業時間がぐんと減ったんですよね。

これまでは、

「家族のために俺は働いてる!」

だったのが、過ごす時間が増えるとともに、

「あ、これまで家族に助けられてたんだな」

という思いに変わりました。

地元は地域の付き合いが深いので、よく行事にも参加したりします。
東京ではなかなか味わえない人との繋がりを感じています。



◇ ◇ ◇



国からの補助金を受け、今度私を中心にレールと枕木の更新工事をすることになりました。

予算が決まり次第工事計画を立て、事業費の1/3ずつを国、地方自治体、鉄道事業者でそれぞれ負担します。
5年にわたる長い工事になります。

中途入社ですから、責任ある仕事を任せてもらえるのはまだまだ先だと思っていました。
やりがいを感じています。

この工事は会社としても初めての取り組みらしいです。
かけられた期待の分だけ、結果を出せるように頑張りたいです!



30代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績も多数の、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。
良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

<スポンサーリンク>