『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:「新しい世界を見たい」。転職した先で、様々な”未体験”に出会って。


10

転職前

BEFORE
職業
スポーツインストラクター
職種
インストラクター
従業員規模
200人
年収
300万円
会社名

転職後

AFTER
職業
スポーツインストラクター
職種
インストラクター
従業員規模
60人
年収
300万円
会社名

目次

のすけさんの転職ストーリー

1これまでの私

インストラクターとして、人々の健康を支える喜び。

当時私はスポーツインストラクターとして、会員数管理、店舗売り上げの管理を主に行っていました。

大学卒業と共に就いた仕事でした。

学生時代からスポーツに明け暮れる若者でしたので、将来も「スポーツに携わる仕事」に就くこと以外考えていませんでした。
インストラクターの仕事は、お客様の健康で溌剌とした毎日を過ごすためのお手伝いをしていることに強いやりがいを感じていました。

お客様

「あなたのおかげで息切れがしなくなった」

お客様

「ずっと不調だったけど、少しずつ良くなってきたよ」

などというお客様の声に、随分と助けられてもいました。



2転職のきっかけ

まだ見たことのない世界を見たくなって。

私が転職したのは今から2年ほど前になります。

理由は、自分がまだ体験したことのない、新しいことをしたいと思うようになったからです。

お客様の身体の健康を保つ、促進するという経験は十分に積んできましたが、
0から新しいことをしていく経験には、あまり恵まれてはいませんでしたので。

今後の将来を考えた時に、

「このまま安定して与えられた仕事をこなしていくことが、果たして本当の幸せなのだろうか」

そんな考えも湧いてきました。

そんな折に、アメリカで流行っているグループレッスンを日本に持ち込むためのオープニングメンバーを募集する求人を目にしました
その呼びかけは、まさに私の抱えている将来への不安を解消してくれるほどの魅力を放っていたのです。

これまでの会社にもとても恩を感じてはいましたが、「真に自分のやりたいこと」それを追求するために、私は転職を決意しました。



3転職活動中

自分の気持ちに正直に。

私が退職し、新しくできるスポーツジムのオープニングメンバーに応募すると言うと、
周囲の家族や友人、同じ職場の先輩からは反対されました。

先輩

「ウチは大手だし、このまま働いていればキャリアアップも見込めて安泰だぞ?」

先輩には何度も引き止められました。
それだけ私を頼りにしていただけていることはとても光栄でしたが、私の意志は揺るぎませんでした。

自分のことを思って言葉をかけてくれる方々の思いを無下にしてしまったかたちで、当時は申し訳なさも多分に感じていました。
今でこそ以前と同じ良好な関係になっていますが、転職前後はどこかギスギスしていたような気がします。

同業他社への転職はとても心苦しいものだと痛感しました。
とはいえこれで正しかったのだと、今では思っています。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

私のこれまでの経歴も加味していただき、オープニングメンバーへはすんなりと受け入れてもらうことができました。

驚いたのは、転職後いきなり航空券を渡され、

上司

「ニューヨークへ1か月行って、本場のトレーニングを学んで来い」

と言われたことです。
フィットネスの本場で、どのようなグループレッスンが行われているのか調査を行うためです。

ちなみに私は英語が全く話せません。
ですが実際に行ってみると、そこまで言葉は重要ではありませんでした。

アメリカでのグループレッスンは言葉を聞いて動くのではなく、インストラクターの動きを見て真似るというスタイルでした。

また、インストラクターの動きを真似ず、好き勝手に動いている会員も多くいたことが印象的でした。
さすが自由の国だな」と思いましたね。

日本人は協調性が高いので、インストラクターの動きに合わせて動く方がほとんどですが、アメリカ人は個々人の個性も尊重している。
貴重な体験をしました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

今回の転職で、自分が心から「これだ!」と思えるようなことがあれば、迷わず飛び込むべきだと学びました。

大手のスポーツジムから、先行きの分からない新規事業に飛び込むにあたって、思い返してみれば不安みたいなものは一切ありませんでした。
それだけ私は、純粋に「ワクワク」していたのだと思います。
この歳になって、仕事にそこまで情熱を注げることをありがたく思います。

実際に飛び込んでみてからは、ニューヨークでの経験に始まり、転職をしなければ知らなかった様々な興奮を味わっています。

「0から新しいことをしたい!」という私の目標は、十分に達成されたと思っています。

今ではお店もうまく軌道に乗り、複数店を構えるほどに成長しました。


強いて後悔していることは、やはり引き留めてくれ方々の言葉をないがしろにしてしまったことです。
自分の気持ちに正直に行動しましたが、当時は大変心苦しい思いもしました。



◇ ◇ ◇



今後はさらに店舗を増やし、より多くの方々に、私が手掛けているグループレッスンの良さを知っていただきたいです。

またインストラクターも、初期メンバーの5人から60人前後まで増えましたので、育成の方にも力を入れていけたらと考えています。

具体的には、まだ東京都にしか出店していないので、大阪や仙台、札幌や福岡といった地方主要都市への出店。
育成面では、今あるインストラクター用マニュアルをさらに誰にでも分かりやすいものにし、トップダウン方式で下の代に伝えられるようにできたらと考えています。

最終的には「全都道府県に出店、インストラクターも1,000人以上」という大きな目標のもと、邁進していきたいと思います。



30代で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位JACリクルートメント

JACリクルートメント
ミドル世代の転職者へのサポートに強く、かつグローバル企業、海外勤務の求人情報も多数
実績豊富なキャリアコンサルタントに対するサービス満足度も高い、「ステップアップの転職」を目指す際はぜひ登録しておきたい転職サービス!

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)
国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービス

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、ミドル世代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。