『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代ビジネスマン男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

私の転職体験談:今回転職をして思ったのは、正社員がいいというこだわりやプライドは本当に無駄だった、ということ。


15

転職前

BEFORE
職業
小売店(化粧品販売)
職種
販売
従業員規模
2,001~5,000名
年収
350
会社名

転職後

AFTER
職業
総合商社
職種
営業事務
従業員規模
300
年収
250万~300万
会社名

目次

ぐぅさんの転職ストーリー

1これまでの私

接客は私の天職。お客様に喜んでもらえることがやりがいでした。

わたしは人と接することが大好きな性分です。

休みの日に家にいるなんてもったいない、だれか誘って遊びに行こう!というのがわたしの性格です。大学卒業後もすぐには就職せず、一年間バイトでお金をためて、バックパックの世界旅行にいきました。

帰国後、最初に正社員として働いたのは美容部員のお仕事でした。
人と接し、お客様からありがとうという言葉を直接聞くことができ、大好きなお化粧品に囲まれた毎日。お給料もくなかったので大変満足して働きました。
小売業のため、昼から出勤して終わるのが夜10時ということもよくありましたが、年齢も若かったためそれが苦になることはありませんでした。

その後、夢だった留学のために5年働いた同社を退社、2年間の留学を経て日本に戻ります。その時年齢は30歳でした。
もちろん留学から帰ってきたばかりで恋人もおらず、ふとした思いつきで実家を出て東京に仕事を探しに来ました。
せっかくの留学経験をいかせる英語使用の仕事を探しましたが、職歴は美容部員のみのためなかなか見つかりません。

そんな中で採用されたのが、高級カーディーラーのレセプション兼営業アシスタントのお仕事でした。お客様と接する機会の多い職種で、接客好きのわたしにはぴったりだと思いました。

ちょっとした気遣いに対してお礼の言葉をいただけたり、とても喜んでくれるお客様を見ると充実感を得られていました


2転職のきっかけ

日々の疲れが、段々と表情の暗さや、心の余裕のなさに繋がっていって──

自分の仕事にやりがいとプライドを持って働いておりましたが、生活の変化により転職を考えるようになりました。

体力的にハードな職場で、朝8時半から夜の8時まで昼休憩も休むことなく常に走り回っているような日もよくありました。(労働基準法が…というのは承知しておりますが、とても言い出せる雰囲気で社ありませんでした)

土日は必ず出勤、仕事のある平日に自分の時間を持つことはほぼ不可能。休みの日も、仕事の疲れからずっと家にいて休むだけ、という日々。

本来家にじっとしているのが嫌いなわたしのそんな様子をみて、その当時お付き合いをしていた彼(現在の夫)がとても心配をしてくれました。
彼に心配され言葉をかけられてはじめて、好きな仕事とはいえ現状に疑問を持つようになります。

さらにショックだったのが、お客様から

お客様

最近、顔色悪いけど大丈夫?

    

・・・と、心配の言葉をかけられたことでした。見た目に疲れが出てしまっていたのです。
これではいけないと、転職を考えるようになりました。


3転職中

転職は、書類審査の時点でことごとく落とされました。

転職活動は、働きながらということもあって、インターネットの転職サービスを使用して転職活動をしました。
主に女性向けの「女の転職」や「マイナビ転職女性のお仕事」などです。

その時の年齢は32歳。30歳で転職活動していた時よりも選べる仕事が狭まっていることを体感しました。

今後長く続けていくなら、正社員で事務で英語を生かせる仕事を、と思い仕事を探しましたが、32歳で事務経験がほとんどない私。
エントリーの登録情報審査の時点でつぎつぎ落とされました

すっかり諦めかけていた時に、留学先で知り合った年上の友人から助言をいただきました。

年上の
友人

たとえどんなに優れた人だったとしても、32歳で事務未経験の人が正社員として最初から採用されるなんて期待できない。それよりも、2年後、3年後を見据えて派遣で経験を積んだほうが良いんじゃない?。正社員にこだわる気持ちもわかるけど、可能性がないものを求めるより確実に自分のしたいことに近づけるよう努力すべきだよ。

    

その友達も、同じように派遣で経験を積んだ後、正社員として働いていました。それ以降、私は紹介予定派遣や派遣の案件からも探すようになりました。
そしてその時に現在の仕事の求人を見つけ応募し、転職が決まったのです


4転職後

派遣先の会社では、新しい仲間を迎え入れるように接してくださりました。

現在の雇用形態は派遣です。
新しい職場はとても仕事のしやすい所でした。派遣ですので就労条件は自分の望んで選択したとおりですし、派遣先の会社では新しい仲間を迎え入れるように接してくださり、歓迎会まで開いていただきました。

知人から「派遣社員の女性は、誰が入っても誰がいなくなっても社員の人はほとんど知らない」と聞かされていましたが、派遣という就業形態も派遣先の企業次第なのだと体感しました。

仕事内容はといえば、希望していた以上の内容の仕事に就くことができました。英語使用の事務作業はもちろん、未経験ながら技術文書の翻訳も積極的にさせていただくことができたのです。

今では、ここでの経験は後にステップアップする際に大きな力となると確信しています。(実際、派遣先から社員への誘いもありました。現状は派遣という雇用形態のほうがわたしの希望に合っておりますのでひとまずお断りしました。)

また、無理のない生活リズムで仕事できるようになって「心のゆとり」ができ、私生活も以前のように充実したものとなりました
仕事後に夜ごはんを作り、翌日のお弁当まで作っても自分の時間を持つことができるという生活に、とても満足しています。
いらいらしてケンカが絶えなかった彼との生活も、おかげで穏やかになりました


5転職を振り返って

ビジョンがあるなら実現する為のことだけ考える!──それが一番大事

今回転職をして思ったのは、正社員がいいというこだわりやプライドは本当に無駄だった、ということです。

派遣が素晴らしい!と言いたいのではありません。選択肢として利用しないのは逆に可能性を狭めていたな、と感じたのです。

性別も年齢も状況も人それぞれですので、絶対に良いと言える方法などひと通りではありません。自分の希望を叶えるため、様々な方法・手段をつかい、2年後、3年後を見据えて道を選ぶことが大事だと思います。

今回の転職は、自分にとって納得のいくものでした。
ただ、ひとつ後悔しているとしたら、最初から将来を見据えた職業の選択をしてこなかったことです。留学から帰国し求職活動をした際も、英語を使った事務で働いていきたいというビジョンがあったにもかかわらず、なかなか採用されないのですぐに諦め、経験があったため採用されやすかった接客業についたこと。
その時に、今回のように選択肢を広げていたら、そのころから私の新たな職務経験が蓄積されていたでしょう。
もちろん前職も貴重な経験になりましたが、明確なビジョンがあるのであれば、それを実現するためにどうしたらよいかをしっかり考えることが大事だと思いました。

現在は派遣で就業中ですが、翻訳の力を磨いていずれは正社員として就業したいと考えています。難しいかもしれませんが、そのは先にフリーで仕事を受けられるような翻訳者になりたいという気持ちもあります。

──5年前にはこんな夢のようなことを思いつきもしませんでした。このようなことを現実に考えられるようになったのは、今回の転職のおかげです。
就業形態にこだわっていた理由は、安定やプライドといったものがあげられますが、それでとりあえず正社員として就職しても自分の望まない職場である限りは結局ふたたび転職することになったでしょう。

新しい職種にチャレンジするのはとても難しく、時に運も必要です。体力も使いますし、プライドもズタズタになることもあります。けれど、先を見据えて行動すれば、得られるものも、たくさんあります

わたしは翻訳を仕事としてゆく、と決めることができたので、それを見据えて今を頑張ろうと毎日を過ごしています。






▽ぐぅさんの利用された転職サービス

サービス名 マイナビエージェント
特徴 全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。
企業名 株式会社マイナビ(1973年8月)

良かったら、評価のご協力をお願いします!
この記事が参考になったら、
にチェックしてください!
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
(平均5.00
Loading...

その他の転職ストーリーを見る

オススメ転職ストーリー

関連する転職ストーリーを探す

>