『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:接客業から派遣として事務職へ転職。翻訳家という夢を叶えるために。

転職前

BEFORE
職業
小売店(化粧品販売)
職種
販売
従業員規模
2,001~5,000名
年収
350
会社名

転職後

AFTER
職業
総合商社
職種
営業事務
従業員規模
300
年収
250万~300万
会社名

目次

ぐぅさんの転職ストーリー

1これまでの私

留学を終えた後に、接客業へと就職。

イメージ図:留学を終えた後に、接客業へと就職

学生時代から海外への関心が強く、大学の長期休みを利用して短期の海外旅行に行っていました。

そうした背景もあり、大学卒業後もすぐには就職しませんでした。かねてから一度経験したいと思っていた「バックパッカーとして世界を周る」ことを、まだ実現できていなかったからです。
学生時代は長くても2ケ月ほどの休みだったので、より長く海外にいるためには一旦卒業する必要がありました。
そして卒業後に一年間バイトでお金を貯めた後、ようやく色々な国を長い時間かけて周ることができました。


帰国後、最初に正社員として働いたのは美容部員のお仕事でした。

もともと化粧品をはじめとする美容関係に興味を持っていたことから、この仕事に就きました。実際に仕事をしてみると、お客様から「ありがとう」という言葉を直接聞くことができるので、非常にモチベーション高く仕事ができていたと思います。

またお給料に関しても、同年代に比べれば多くいただいていたので、その点でも満足していました。

ただしサービス業ということで、店舗の閉店後も仕事が残っています。帰宅時間が22時を過ぎることも珍しくなかったので、体力的にきついと感じることも。ですが年齢も若かったため、それが苦になることはなかったです。


その後、夢だった海外留学のために5年働いた同社を退社
2年間の留学を経て日本に戻ります。その時の年齢は30歳でした。

日本に帰ってきてから考えることは、やはり就職。
私はふとした思いつきで、実家を出て東京に仕事を探しに行くことにしました。

留学経験から英語を流ちょうに話すことができるので、それを活かした仕事に就きたいと思っていました。けれども、職歴は美容部員のみです。社会人としての経歴は浅いと言わざるを得ません。 そのため、なかなか就職先を見つけられずに苦労しました。


そんな状況の中で採用していただいたのが、高級カーディーラーのレセプション兼営業アシスタントのお仕事でした。お客様とのやり取りが多い職種で、接客好きの私にはぴったりだと思いました。

ちょっとした気遣いに対してお客様からお礼の言葉をいただけたり、喜んでくれたりと、充実感を得られる仕事に出会えたのです。

2転職のきっかけ

やりがいはあるものの、体力的・精神的にしんどくなってきて。

イメージ図:やりがいはあるものの、体力的・精神的にしんどくなってきて

前職では自分の仕事にやりがいとプライドを持って働いていましたが、仕事の忙しさによる生活の変化から転職を考えるようになって

というのも先のように、受付と営業を兼務していたことから体力的にハードな日々を過ごしていました。時には朝8時半から夜の8時まで昼休憩もなく、常に走り回っているような日も珍しくありませんでした。

法的にはアウトな働き方だったと思いますが、私の職場ではそれを主張できるような雰囲気ではありませんでした。

土日は必ず出勤で、なかなか連休も取れない状況だったので、休日でも以前のようにアクティブに過ごすこともできない状況です。

そんな私の様子を見た彼は、とても心配をしてくれました。
普段はあまり優しい言葉をかけない人だったので、私の置かれている状況がよほど心配だったのでしょう。そこから好きな仕事ではあるものの、現状の働き方に疑問を持つようになったのです。

さらにショックだったのが、お客様から

お客様

最近、顔色悪いけど大丈夫?

    

・・・と、心配の言葉をかけられたことでした。見た目に疲れが出てしまっていたのです。
これではいけないと、転職を考えるようになりました。






3転職中

将来を見据えた上で、派遣社員として転職することに。

イメージ図:将来を見据えた上で、派遣社員として転職することに

転職活動は、仕事を続けながら行いました。
主に「女の転職type」など、インターネットの転職サービスを利用して求人を探しました。

その時の年齢は32歳。
探していた職種は事務職で、かつ英語力を活かせるような企業の求人を探していました。ただ事務職としての経験やスキルがほとんどない私は、「応募したい」と思った仕事でも条件を満たせないことが多かったです。

応募できる企業を見つけてエントリーしても、書類選考の時点でつぎつぎに落とされました。


すっかり諦めかけていた時に、私に助言をしてくれたのが留学先で知り合った年上の友人です。

年上の
友人

たとえどんなに優れた人だったとしても、32歳で事務未経験の人が正社員として最初から採用されるなんて期待できない。それよりも、2年後、3年後を見据えて派遣で経験を積んだほうが良いんじゃない?。正社員にこだわる気持ちもわかるけど、可能性がないものを求めるより確実に自分のしたいことに近づけるよう努力すべきだよ。

    

その友人も同じように派遣で経験を積んだ後、正社員として働いていました。
私は友人のアドバイスを元に、紹介予定派遣や派遣の案件からも探すことに。

そしてようやく、派遣として事務職への転職が決まったのです。





4転職後

将来ステップアップを図れる環境で仕事ができて。

イメージ図:将来ステップアップを図れる環境で仕事ができて

新しい職場は労働環境が整っていて、就労条件も自分の望んでいたとおりに対応していただけました。
また、配属された部署の皆さんも新人の私を快く受け入れてくださって、歓迎会まで開いてくれたのです。

知人からは、「派遣社員の女性は、誰が入っても誰がいなくなっても社員の人はほとんど知らないし、関心もない」と聞かされていました。ですがそれは、派遣先の企業次第なのだと体感しましたね。


仕事内容に関しては、自分が希望していた以上の内容の仕事に就くことができています。
英語使用の事務作業はもちろん、技術文書の翻訳も任されているので、非常に満足しています。

ここでの経験は、後に正社員という選択肢を含めたステップアップをはかる際に大きな力になると確信しています。

また、無理のない生活リズムで仕事ができるようになって「心のゆとり」も生まれてきました。その影響からか、私生活も以前のように充実したものになっていて。
仕事後に夜ごはん、さらには翌日のお弁当を作っても自分の時間を持つことができる生活に、とても満足しています。

いらいらしてケンカが絶えなかった彼との生活も、おかげで穏やかになりました。





5転職を振り返って

ビジョンがあるなら実現する為のことだけ考える!──それが一番大事。

イメージ図:ビジョンがあるなら実現する為のことだけ考える!──それが一番大事

今回転職をして思ったのは、「正社員として就職したいというこだわりやプライドは本当に無駄だった」ということです。

これは今後、正社員を目指さないということではありません。
目指すものがあるなら一時的に派遣社員を選択するのもあり」と感じたのです。

性別や年齢、状況は人それぞれです。
自分の希望を叶えるため、様々な方法・手段をつかい、2年後、3年後を見据えた上で「今の自分が取るべき選択は何か」を考えることが大事だと思います。

その点今回の転職は、自分にとって納得のいくものでした。

ただ、ひとつ後悔していることがあります。それは最初から将来を見据えた職業の選択をしてこなかったことです。
留学から帰国し求職活動をした際も、もともとは「英語を使う機会がある事務で働きたい」というビジョンがありました。
接客業は好きなものの、内心では「経験があるので採用されすい」という気持ちがあったのも事実です。

その時に自分のやりたいことに忠実になって選択肢を広げていたら、自分のビジョン実現に向けて貴重な職務経験を積めていたのではないかと思います。


現在は派遣で就業中ですが、翻訳の力を磨いていずれは正社員として就業したいと考えています。ゆくゆくは「フリーで仕事を受けられる翻訳者になりたい」という気持ちも持っています。


──5年前にはこんな夢のようなことを思いつきもしませんでした。
しかし、その夢が現実的な目標として考えられるようになったのは、今回の転職のおかげです。

新しい職種にチャレンジするのはとても難しく、時に運も必要です。体力も使いますし、プライドもズタズタになることもあります。けれど、目標を見据えて行動すれば、得られるものもたくさんあることを学びました。


少し遠回りになりましたが、今では「翻訳家として今後のキャリアを積んでいく」と心に決めることができました。それを見据えながら毎日を過ごしています。

1これまでの私

不動産営業に就くも、ストレスが溜まる毎日。

イメージ図:不動産営業に就くも、ストレスが溜まる毎日

5年前、まだ社会というものがわからない頃でした。
大学在学中は、営業に憧れを持っていたので、卒業後は不動産営業をやろうと心に決めておりました。

営業に憧れを持っていたのは、兄が営業をやっていたからです。兄はとても優秀な人だったので、劣等感から「何とか同じ土台で勝負したい」という気持ちがあったと思います。
それに加えて、自分にはコミュニケーション能力があると感じていたのも、営業に仕事に就いた理由の一つです。

そして念願かなって、不動産営業ができる企業に入社しました。

仕事内容は、行きたい物件にお客様を案内する。あるいは、お客様の希望にマッチする物件をこちらで提案しご案内する。お客様がいないときは、車で外回りをしながらオーナーなどに交渉をして物件を管理するなど、多岐に渡る仕事をしておりました。

とにかく忙しくて、精神的にもストレスを感じる毎日で。「人と話すごとにストレスが溜まっていく」――、そんな感じでした





2転職のきっかけ

職業適性テストで「あなたは営業に向いていない」と判定されて。

イメージ図:職業適性テストで「あなたは営業に向いていない」と判定されて

就職して数年がたち、仕事で日に日に溜まっていったストレスは、段々と「何も感じない」、無感覚なまでの状態になってきていました
ある日、仲のいい友達が、仕事で音信不通気味になっていた自分を、

友達

飲みに行こう!おごるからさ!

    

と誘ってくれ、いろいろと話を聞いてくれました。そこで私は、今の仕事の、

・休みがないこと。
・難癖をつけて給料が引かれること。
・残業が当たり前ということ

──といったことを話したところ、友達はそれを聴いてしばらく黙った後、

友達

それはブラックだから、転職した方がいい

──と、私に言いました。

転職を考え始めるようになったのは、その時からです。
しかし、この時点で漠然と転職と言う言葉が頭に入っただけで、具体的にどの業界に行くかは全く考えていませんでした。


その後、「転職しよう」という確信に変わったのは、職業適性テストで自分の仕事の適性を調べた時です。
そもそも「自分には、営業は向いていない」ということを初めて言われてしまったのです。

大学の頃から、営業が自分に向いていると信じてここまでやってきたのに…

「営業は向いていない」と言われたときのショックは計り知れないものでした。
一週間ぐらい悩みながら、知恵熱まで出てしまって。 ちょうど会社の繁忙期が過ぎていたので、会社に断りを入れて休ませてもらい、自分を見つめなおしました。


考えた結果、転職活動を始めることに。
幸い、仕事漬けだったことで貯えもあったので、退職後に仕事探しをしても大丈夫だと判断しました。





3転職中

無自覚のうちに「感情が死んでいる状態」に。

イメージ図:無自覚のうちに「感情が死んでいる状態」に

転職活動中は正直・・不安との戦いでした。

自分は根性がないのではないか」「本当は普通の人はこんなことで転職しないのではないか」など、いらないことを考え毎日が過ぎていきました。
初めは面接に行くのも怖くてできませんでした。その理由は、「何故、転職をしようと考えたか」について、必ず面接の場で聞かれると思ったからです。
通常の精神であれば、嫌な理由をはっきりと面接の場で言えばいいと考えるでしょう。
しかし、長く営業をやっていると人のご機嫌をうかがうことに過敏になりすぎてしまうのです。つまり、私は他人に「嫌な理由」を話すことが出来ない状態でした。

そんな、「感情が死んでいる状態」になっている自分に気づくのに、3ヶ月ほどかかりました。

以前から、友達にも「顔が死んでる」と言われていたのですが、相当ストレスが溜まっていたのでしょう。休養する時間が必要だったんだろうと思い、思い切って少し何もしない期間を数日設けました。

そして、感情が回復し自分自身を見つめなおした時に、目の前にあったものがパソコンでした。

人とはあまり関わりたくないし、あまり動きたくない…。パソコン…そうだ、IT関係ならやり直せるかもしれない!

──そう思い、すぐにIT関係の会社に手あたり次第面接を受けました。でも、ことごとく落とされました

それでも、「まずはIT関係の会社で、どんな仕事をしているのかを経験したい」という想いで、必死に調べながら転職活動を続けました。そしてようやく採用されたのがソーシャルゲームの運営をする会社でした。





4転職後

ソーシャルゲームの運用を任されて。

イメージ図:ソーシャルゲームの運用を任されて

もともとゲームや漫画などは好きだったことと、ここで頑張らなくてはという想いが合わさり、最初は何もわからず、ただがむしゃらに仕事をしました。
ですが、転職先の会社で携わったソーシャルゲームの運営業務は、とても過酷なものでした。
今度は対人でなく、仮想世界にいる人を相手にしないといけない仕事で、そのほとんどが「クレーム処理」だったのです。

しかし、「自分が今まで携わっていた仕事では、一生経験できなかったであろうことをやれている」と感じた場面も多かったです。
考えることもたくさんあって。
「ゲーム内のイベント企画はどうすれば盛り上がるか」「ゲームごとのユーザーの違い」「ユーザーの不満やフラストレーションに対してどのように対処していくべきか」など。更には、飽きさせない工夫や、新しいゲームの企画など目まぐるしいほどにいろんなことが同時進行していました。

自分も毎日新しい仕事を覚え、時間の空いたところでプログラミング言語の勉強などをしていました。

その後、部署内のコミュニケーションでちょっとしたいざこざがありました。私は部署への変更希望をして、サーバー管理の部署に配属されることに。
この異動が私にとっては非常に良いきっかけとなりました。
そこでは一人の人がサーバー管理をしてまして、その人が指導してくれます。私は有り難くそちらで勉強させていただいて。ここでやっとITの会社がどういったものなのかを一から学んでいくことができましたね





5転職を振り返って

営業の頃には想像もできなかった、充実した日々。

イメージ図:営業の頃には想像もできなかった、充実した日々

転職を始めてみてこれまでの間で、思うことは転職してよかったということですね。

もし営業にずっといた場合、今の自分はなかったと思います。営業を続けていた自分はきっと今の自分と完全に別人になっていたと思います。

新しい環境では、最初は辛いことも多かったのですが、それを乗り越えることができた今はとても充実しています
初めはIT関係に転職など無理だと思いましたが、全然そんなことはなかったです。

今ではコンピュータがとても好きになりましたね。
営業の時は触るのも苦手で、「できるだけなにも変更せず動けばいい」という思って使っていたのですが。

今ではもっと効率よく早く、そしてコストは安くなどと、あれこれ考えるようになりました。
器用な方には必要ないかもしれませんが、自分は追い詰められないと良い成果が出せない気質なんだと思います
ですので、なるべく自分にとってプレッシャーをかけてきついと思うことをするようにしています。

もちろん、前職で経験したような精神状態になっては元も子もないので、適度にやっていきます。

ただ、あのまま営業を続けていたら自分の見える世界が狭くなっていたと思いますし、もしかしたら精神が壊れていたかもしれません。
そういうことも考えると、改めて転職してよかったと思います。
新しいことがチャレンジできる環境が用意されてるのであれば、躊躇せずに飛び込んだ方が良いと実感しました。

[PR]現在 「転職しようかな…」と考えている方へ

転職活動の第一歩は、「信頼できる転職支援パートナーを見つけること」です。
現在「まだ信頼できるパートナーを見つけられていない」という方は、以下の診断ツールを使って、あなたに合ったパートナーを見つけてみてください。

転職成功の角度を一気に高める、あなたに合った転職サイトは?
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
<>