『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

活躍していたと思っていたのに。まさかの派遣切りにあった私は、正社員を目指した。|転職体験談

転職前

BEFORE
職業
流通会社
職種
派遣営業
従業員規模
130名
年収
200万円

転職後

AFTER
職業
医療会社
職種
営業
従業員規模
1500名
年収
300万円

目次

カスタムさんの転職ストーリー

1これまでの私

派遣社員のルート営業。

イメージ図:派遣社員のルート営業。

当時、私は派遣社員として働いていました。

大手の流通会社で、ルート営業をしていました。

派遣先の営業社員の取りこぼした営業先を、代わりに回る、といった役回りです。

仮に契約に漕ぎつけましたら、派遣社員の営業部員に引き継ぎます。

派遣という立場ではあるものの、そういった営業活動を任せてもらえること、また、人間関係にも困っていませんでしたので、それなりにやりがいを持って日々を過ごしていました。

2転職のきっかけ

「正社員になれるよ」と言われていたのに。

イメージ図:契約更新できなかった派遣社員

そんな私が転職をしなければならなかったのは、単純にそうせざるをえなかったからです。

契約が更新できなかったのです。
理由は、会社の業績不振でした。

周囲の営業社員からは、よく

営業

「いやあ、〇〇さん{私のこと}は優秀だから、そのうち社員登用されるんじゃない?」

と言われていました。──それが、この顛末です。

ひどく落ち込みました。

ですが、そのときに初めて、自分の働き方の危うさにも気づいたのです。

派遣社員でずっといたら、こうした事態はまた起きるかもしれません。

不安定な働き方よりも、ある程度会社に守られた環境で、正社員として働いた方がいいだろう──、そう思いました。

3転職活動中

転職エージェントから言われたひとこと。

イメージ図:転職エージェントとの面談風景

無職となった際に、偶然近所で自治体による就職セミナーが開催されていたので足を運びました。

そこで紹介していただいたのが、JACリクルートメントのサービスです。

当初はハローワークにでも通おうかと思っていたため、転職エージェントに登録する気は無かったのですが、無料だしいいか、と軽い気持ちで登録しました。

すぐに担当の方から折り返しの連絡が来て、そこからはトントン拍子で面談の日程まで決まって。
正直、予想以上のペースに驚きました。

面談ではこれまでの経歴、希望職種、年収などを尋ねられました。

特にこれといった大きな理由も無く、漠然と考えていた職種を答えると、間髪入れずに

アドバイザー

「どうしてその職種がいいんですか? きちんと理由を説明できますか?」

と厳しい口調で言われ、思わずひるんでしましました。

ただ、それで気づけました。

私は仕事をいつも「なんとなく」で選び、なるようになる任せでしか考えていなかったのです。

JACリクルートメントの担当さんは、それを私に諭したかったのでしょう。

正直、面白くない気持ちもありましたが、働くことに対する心構えを教えてもらったような、印象的な出来事でもありました。

──そこから、私の本当の転職活動が始まりました。

キャリアプランを考えたり、どんな業界や職種があるか調べたり、企業研究をしたり──。
正社員の採用面接に臨んだことがなかったため、履歴書の書き方や面接時の受け答えなども、担当さんからはたくさんアドバイスをもらいました。

4転職活動中2

それからの転職活動。

イメージ図:転職活動風景

営業の仕事はやりがいがあったので、できればその分野で就職したいという思いが強かったです。

JACリクルートメントの担当さんきあらは営業方面の求人を数多く紹介してもらい、履歴書・職務経歴書も、派遣の営業経験を前面に押し出した内容にしました。

プロのアドバイザーの方のおかげだと思いますが、書類審査で落とされたことはほぼありませんでした。

事前の、細かなところまで志望理由を掘り下げるようなヒアリングが功を奏したと思っています。

転職活動を始めて3ヶ月が経ったころ、ようやく一社から内定の通知を頂きました。

5その後、どうなったか。

私の現在。

イメージ図:30代営業マンの後ろ姿

現在は正社員として、医療法人への人材派遣・業務請負を行う会社の営業です。

派遣社員のルート営業とは違う、新規開拓が主の業務です。

JACリクルートメントの担当さんから、「あなたはもしかしたらこっちの働き方の方が合ってるかもしれない」と言ってくれて。

実際、その通りでした。とてもやりがいを感じています。

とくに新規開拓の営業で求められるのは、「交渉力」。

これが結構奥深く、うまく行かなかったときも「あのとき、ああいうことを提案すればよかったかもしれない」であったり、「まだ今は提案するフェーズではなかったのかも」であったりと、勉強になります。

仮に派遣を続けていたら、決して得られなかった経験でしょう。

また、年収も前職より格段に上がりました。

◇ ◇ ◇

転職して2年が経って、今では仕事にも慣れて部署内でも申し分ない個人成績を出せるようになっています。

人材派遣の営業では、扱う商材は派遣社員、つまり以前の私のような境遇の人たちです。

そこで働く人たちを見ていると、派遣としての働き方も人によってはフィットするのなだな、ということを感じることもあります。

派遣だから、正社員だから、に関わらず大切なのは、やはり「主体的に活動する」こと。

ただ与えられた業務を受け身でこなしているだけでは、誰でもいつかは手詰まりになります。

どれだけ自分の仕事・人生に、主体的に立ち回れるかが大事。
そのことを、今回の転職で学べたと思います。

目次[ 閉じる ]