『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:33歳、転職するなら最後のチャンスかな…。地方から転職活動で都内へ。

転職前

BEFORE
職業
通信
職種
事務職
従業員規模
年収
会社名

転職後

AFTER
職業
通信
職種
事務職管理
従業員規模
年収
350万円
会社名

目次

ぱるさんの転職ストーリー

1これまでの私

携帯電話販売代理店で契約社員から正社員へ。

携帯電話販売代理店(docomo・au・ソフトバンクなど)の窓口で契約社員として勤めてから、正社員になりました。

正社員になってからは役職がついたり、更に責任のある仕事を任されたりすることも。

正社員登用に関しては、会社にとってもメリットだったのかもしれません。

私が一人暮らしのために転勤も対応できたことに加え、「女性が活躍する職場」というアピールもできるので。

そして、当時私を含めた数人の女性社員が、一斉に店長や課長、部長に就任しました。


窓口での仕事は終業時刻が遅く、毎日21時まで。

その後も、終電までは仕事をしていました。


なので、友達と飲みに行ったりは難しい環境でしたが、職場の人たちと仕事終わりにご飯だけ食べて帰るのが楽しみでした。


休みも固定ではなくシフト制の為、土日休みの友達と休みを合わせるのはなかなか難しかったです。

その代わり、平日休みなのでショッピングなどは空いている時にできるメリットはありました。



2転職のきっかけ

就業時間の長さや人間関係に耐えられず。

転職をしようと思った理由はいくつかあります。

主な理由は、やはり拘束時間が長かったこと。

店舗にもよると思いますが、かなり体育会系の会社でした。 そのため、就業時間が終わっても、飲みに行って気に入られれば昇進できる。気に入られなければ給与などにひびく。

などの社風があり、私は飲みに行けるタイプの人間でしたが、仕事の在り方に疑問を持ち、転職しようと思いました。


他にも自然と穏やかな性格の方は辞めてしまう事が多かったので、クセのある人や気が強い人しか長続きしませんでした。

その結果、職場の人間関係は常にピリピリすることに。


女性が多い職場ということもあり、派閥争いや噂話など面倒な事も多かったです。


そのようなことが重なり、一生この会社にいたくないという気持ちが強くなっていきました。

(今33かあ・・・。35歳過ぎると転職しづらいって聞くし、転職するなら最後のチャンスかな。)





3転職活動中

地方から転職活動のために都内に通って。

当時、転勤で田舎の方に行っていました。

なので、地元である都心近くに転職しようと思うと、どうしても面接に行く時間が限られてしまって調節が大変でした。

有給を使い平日1日動けるようにして、何社か同じ日に面接をやってもらうことも。

でも、これはかなり神経を使うので、とても疲れました。


1社目と2社目の面接時間が微妙に空いてしまったりもします。

カフェなどでひたすら時間を潰し、転職サイトを見て仕事を探しての繰り返しでした。

幸い、都内に住んでいる友人に泊めてもらうことができたので、面接時刻が遅めでも大丈夫でした。


何社か同時進行で面接などできたこともあり、最終的には1ヶ月以内で転職先が見つけることができました。



4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

大手企業からベンチャー企業へ転職したこともあり、部署分けや仕事内容の振り分けができていないことに最初は戸惑いました。


また、これまでの経験を活かせるということで最初から事務所を一つを任されました。

(経験を活かせるって言われたけど、大分勝手が違うな…。)

会社のやり方や社長の好みなど、何も分からない状態でした。

そのため、既存社員との認識の相違が多々あり、孤立状態に…。


そして、上層部との連絡手段は主にメールと電話。

正直、この環境にも問題はあると思います。

王道の手段が通用せず「この業界のやり方は。。」と後から聞かされる事も多く、日々戸惑い、悩みました。

当時、一緒に事務所を任されていた社員の方は全く一般常識が無い人でした。

仕事を進めるにしても、一から何をどうしたらいいか説明しなければならないのもストレス。


20人ほどいたスタッフの方々が、とてもよく働いてくれる良い人たちばかりだったので、そこに救われていました。

これでスタッフ同士の揉め事などあれば本当に地獄でした。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

年収や職種的には、転職前の会社の方が安定はしていました。

今思うと、前職の方が仕事も遥かに進めやすかったのですが、転職したことで自分自身のスキルを見つめ直すことが出来ました。


自分の強み、弱みが分かり、新しい会社では強みを活かしながら弱い部分も成長できるよう意識して取り組めました。

自分がどうゆうキャリアを歩むのか不透明だからこそ、資格など幅広い視野を持って日々勉強していくことが大切なのだと感じました。

今までに取った資格は役に立ちましたが、「もっとこういう分野での資格を取ったり勉強しておけばなあ」と思うこともしばしば。


ベンチャー企業(の中でも小企業)に転職という形になりましたが、同じ環境にいては見えないことも多くあるので、今回の転職に後悔はありません。


◇◇◇


仕事というのは専門職でもない限り、幅広いスキルを求められるのだと改めて知りました。

コミュニケーションスキルは勿論のこと、PCスキルや営業知識、自分が出来る事を上手にアピールする事もとても重要だと感じました。


今後は、もっと他分野で活躍できる人間になる為に、Excel関連の検定や、TOEICも毎年受けてみようと思います。

せっかく転職したのに自分のスキルが何も変わっていなというがっかり感を無くしたいです。


まずは、前職と同じ年収になること。

それから、せっかく小さい企業にいるので、前職より上の役職になること。

この目標を胸にモチベーションを上げていこうと思います。





女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー