『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

結婚を機に、晴れて退職できた私。でも、なぜか物足りなかった。|私の転職体験談

転職前

BEFORE
職業
IT企業サポートセンター
職種
カスタマーサポート
従業員規模
1502人
年収
400万円

転職後

AFTER
職業
派遣社員
職種
事務
従業員規模
534人
年収
200万円

目次

あいさんの転職ストーリー

1これまでの私

カスタマーサポート管理職。忙しかったけれど、「これでいい」と思ってた。

イメージ図:コールセンターSVとして働く女性

転職する3年ほど前まで、カスタマーサポートセンターで管理職をしていました。

30人ほどのチームを任されており、スタッフ管理、サービスリリース調整、カスタマーサポートの二次対応などがメイン業務でした。

当時は独身で母と2人で暮らしていました。周りに独身の友達もたくさんいたので、旅行や趣味を生きがいに仕事を頑張っていました。

また、趣味でハンドメイド アクセサリーを作って販売したり、ネイルスクールへ通ったり、スノボを始めたりと―、プライベートは充実していたと思います。

同僚

「プライベートでは抜けてるけど、仕事は真面目でしっかりしてるね」

と周りに言われて、私は仕事とプライベートで分けているつもりはなかったので、少し意外だったのをおぼえています。

2転職のきっかけ

結婚したら、これまでとは違う生き方をしよう。

イメージ図:30代のカップル

30代半ばに差し掛かり、結婚を考え始めるようになりました。
残業の多さや出張の多さ、精神面でのストレスを考えると「結婚したら今の仕事は続けられないだろう」と考えるようになりました。

ですので、自分の後を引き継げるようなリーダーを育成しつつ、ゆくゆくはもっと負担の軽い職場へと転職しようと思っていました。

ちょうど少し前に良いパートナーに巡り合え、そして結婚が決まって

そのタイミングで、丁度リーダー育成も良いところまで進められ、他の業務の区切りもついて。引き継ぎ先も万全にした状態で上長に退職の意向を伝えました。

新しいサービスリリースも予定されていましたが、そのメイン担当からもはずしてもらいスムーズに仕事から抜けていくことができました。

いろいろタイミングが良かったこともありますが、私がこれほど周到に退職までの準備を進めた理由は、「結婚して子供を産んで、その後はゆっくりできる仕事に就いて、家族との時間を大切にしたい」という気持ちが、とても強くあったからです。

3転職活動中

思い描いていた生活は手に入れた。でも、なぜか物足りない。

イメージ図:専業主婦として家事をする30代女性

退職することについて、周りからは「もったいない」という声もありましたが、以前から私の多忙な状況を心配していた両親やパートナーは賛成してくれました。

退職してからは、自分の条件に合う仕事があるまでは気長にゆっくり休もうと、派遣会社に登録だけしておきました。

せっかくなので、これまで仕事で休めなくてなかなかに行けなかった旅行に行ったり、家の中を大掃除したり、とにかくゆっくりすることを目的に働かずに休んでいました。

ですが、3ヶ月くらい仕事をしない期間が続くと、なんとなく気持ちが落ち着かなくなって。

何だか、自分が社会不適合者のような気がしてきたのです。

仕事をしないで家にいては、当然誰からも感謝されることも、褒められることも、そして必要とされることもありません。
段々と、仕事が恋しく感じるようになりました

そんな折、派遣会社から自分の条件に合った仕事の紹介があり、私はひとつ返事でその会社で働くことにしました。

実際の仕事をしていなかった期間は半年ほどでしたが、新しい仕事が決まったときは少しホッとしました

4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

イメージ図:事務職として働く30代女性

新しい職場は未経験の「事務職」で、更には派遣社員としての勤務も初めてでしたので、色々勝手がわからずあたふたしました。

事務の仕事自体は単純なのですが、私の方で業界に関する知識が全くありませんでしたので、作業内容を覚えてもこれが何のためにあるのかといった業務全体の把握がほとんどできず、そのためにとても苦労しました。

ただそれも、2~3ヶ月経ってくるとさすがに慣れてきて。

繁忙期はあるものの普段の業務はあまり忙しくないことが分かってくると、

(けっこう暇な時間が多い仕事だな)

と感じるようになり、空いた時間で何をしたらいいか何をしようかなど、そんなことを考えながら過ごすことも多くなりました。

掃除から業務整理などいろいろ手をつけましたが、それでも毎日やることが見つけられるわけでもなく―、暇なことを悩むとは思ってもいなかったです。

前職では忙しくてストレスを溜めていたので落差も激しく、「世の中丁度良い仕事はないものなのかな」と思ったり。

ただ、残業や出張はなく、責任のある仕事もほぼないので精神的に体調を崩すことはなくなって、その点は良かったです。

5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

イメージ図:女性のデスク

前職では管理職で責任も大きく、残業しないと終わらない仕事量に毎日追われていました。

ただ、その反面、必要とされることも多く、達成するやりがいなどもあったり、新しい事を覚えたり自己成長も感じられたので、前職は前職で辛かったたけではなく得たものは大きかったんだなと気付きました

その時の経験は現在の仕事にも役立っています。

どんな仕事でも辛いことは必ずあって、何に重点を置いて仕事を選ぶのかが大事なのかなと思いました。

退職したことは後悔していませんが、当時の仕事にやりがいを感じられていたことを今は少し羨ましく思います。

ただ、今は仕事でのやりがいよりも子供を育てることに重点を置いているので、休みなど都合も付けやすい職場で働きやすいです。

◇ ◇ ◇

おそらく、以前のような「仕事中心の生活」に戻ることはないでしょう。

ですが、子育てが落ち着いた頃には、また自己成長できるような仕事に就いたり、資格を取ったり、趣味を仕事にできるようにしたいと思っています。

人生は一度きりなので、なるべく変化のある人生を送りたいと思っています。また、これまでの経験を活かして活躍したい、夢を描いて向かっていけるような働き方をしたいという気持ちもあります。

大きな野望ではありませんが、家族中心ながらも少しでも自分の為になるような、楽しめるような仕事にチャレンジしてみたいなと。

それまでは、まずは子供を第一に考えて仕事はセーブしながら、今後自分が何をできるか色々計画したり想像して、そしてそれらが実現できるように、少しずつ準備できれば良いなと思っています。

女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
専門知識を持つキャリアアドバイザーが一人ひとりの転職者に対して丁寧に向きあい、きめ細かなサポートをしてくれることで知られる転職エージェントです。

とくに20代〜30代前半の転職サポートを得意としており、志望動機のブラッシュアップや面接指導を的確に行ってくれます。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの強みは全業種・職種に対して豊富な求人数を持つこと、そして長年の実績で培われたノウハウ・転職支援ツールの充実さにあります。

全国の地域で対応が可能で、各都道府県の求人も豊富です。拠点も多く、オンライン・電話のサポートはもちろん対面での面談の受けやすさも強みの一つです。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
国内トップレベルの求人数と、担当アドバイザーから積極的な提案が評判の転職エージェントです。

保有求人は常時14万件以上、企業からのスカウトも活性しています。
また、都市部だけでなく地方での転職支援にも強いです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー
目次[ 閉じる ]