『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:キャリア15年目の転機。正当に評価がもらえる会社へ。

転職前

BEFORE
職業
会計事務所
職種
事務職
従業員規模
20人
年収
400万円
会社名

転職後

AFTER
職業
不動産会社
職種
事務職
従業員規模
50人
年収
350万円
会社名

目次

さっちんさんの転職ストーリー

1これまでの私

「効率」よりも「残業」が美徳とされていた職場。

転職は、今から約2年ほど前です。

当時は会計事務所に勤務する事務員でした。
主な業務は、顧問先の経理処理業務を確認して、きちんとした決算書を作成する手助けをすることでした。

それから、お客様の事業計画書の作成と計画書の進捗状況、どのようにしたら会社の業績がよくなるかを検討するのが主な仕事でした。

週5日の週休2日で、朝8時半から17時半までが通常勤務でした。

しかし、入社当初は今のように働き方改革も活発ではなく、残業は当たり前、会社に残って仕事をするというのが美徳とされる時代でした。

効率よく仕事をするというより、いかに長い時間会社にいて働いているかが評価される時代でした。
なので定時後は税務の勉強、雑務処理をするため、毎日21時ごろまで残って仕事をしていました。

入社から10年目くらいまではほぼそのような働き方をしていました。

仕事にはやりがいがあり、それでも恵まれている環境だと感じていましたが、結婚してからは会社の裏方のような、ほとんど雑務(資料整理など)をこなすだけの内勤の勤務にかわりました。



2転職のきっかけ

キャリア15年目に「雑用係」へ。

私はその時、キャリア15年目の、ある程度「ベテラン」と呼ばれる人間でした。

しかし先述したように、結婚を機に家事もこなしながらとなった時に、メインの業務からは外されてしまい、仕事に以前のようなやりがいを求めるのが難しくなってきていました。

それまで私が働いていたポジションには、私よりもはるかにキャリアも年齢も若い社員が配属され、そのことも私を悲しくさせました。

社歴もあり、それなりに皆気を遣って接してくれてはいたのですが、言ってしまえば当時の私は「フォローという名の雑用係」といった状態で。

今まで大変なこともたくさんあった中で、誰よりも頑張ったつもりですが、自分が思っていたほど周りへ必要とされていないということが分かり、転職をしようと考えました。



3転職活動中

書類審査で落ちてばかり、でも妥協はしたくない。

転職エージェントはビズリーチリクルートエージェントに登録し、サポートを受けていました。

それなりにキャリアもあるし、転職は苦労しないだろうと双方のエージェントの方は言ってくれたので、安心して臨んだのですが、結果は事前の書類選考で何十社と落とされ続ける日々。

書類審査が通ったのは2社だけです。

他にもハローワークに通ったり、indeedで求人を検索したりなどもしていたのですが、希望である事務職の仕事は、私が想像していたよりはるかに求人件数が少なかったように感じました。

しかし、今までの経験を無駄にはしたくなかったので、条件を変えずに粘り強く活動を続けました。

思った以上に活動期間は長引いてしまいましたが、そのおかげで妥協せず希望する会社に内定をいただくことができました。





4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

新しく入社した会社は不動産会社の事務職です。

会社側も、15年というキャリアに期待したのか、業務に関する説明はほとんど受けないまま仕事に就くことになりました。

社員

「ベテランなんだから当然知ってて当たり前でしょ?」

そんな言い方もされました。

しかし、会社が変わればそこでの仕事のやり方も当然変わってきます。
実際は、いろんなことを教えていただかないとわからないことばかりでした。

だから、恥ずかしがらず知らないことは「知らない」とはっきり言うこと。それを心がけました。

始めは感じていた他の社員との壁も、こちらが歩み寄ることで徐々に感じなくなっていきました。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

前職場では理不尽に扱われ、自分の実力を過少評価されていると感じていましたが、新しい職場でも結局聞かなければ分からないこともたくさんあり、少し自分に驕っている部分もあったと反省しました。

キャリアが長かろうが、これからも学ぶべきことはたくさんあるのだろうなと、今回の転職活動で実感しました。

これからは、資格取得に向けて勉強したいと思っています。

不動産の仕事なので「宅地建物取引士」という国家資格を目指しています。

土地や建物の売買、賃貸物件の斡旋などを行うため、知識がないことでお客様に迷惑をかけてしまうこともあり得ます。
そのようなことがないように知識を蓄え、適切なアドバイスができるようになりたいと考えています。

前の職場では役職がないまま退職しましたが、きちんと働いて評価を受けて、役職をもらえるまでになりたいとも考えています。

「誰かに必要とされている」という実感こそが、私が仕事に求めるやりがいです。
これからも誰かの役に立てるように、日々取り組んでいきます。





女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

2位リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職後の利用者満足度によると、99%の方が「満足」!20代~40代まで幅広い利用者の方からの高い満足を実現する、業界最大手の転職エージェント。

3位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー