『みんなの転職「体験談」。』
『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:老舗アパレルブランドから、大手アパレルEC会社に転職。

97

転職前

BEFORE
職業
アパレル
職種
販売、Webプロデューサー
従業員規模
101~200名
年収
非公開
会社名

転職後

AFTER
職業
アパレル
職種
Webマーケター
従業員規模
2,001~5,000名
年収
非公開
会社名

目次

ペガKさんの転職ストーリー

1これまでの私

アパレル業界でカリスマ的存在の社長に憧れて、入社。

イメージ図:アパレル業界でカリスマ的存在の社長に憧れて、入社

私が転職したのは2年前です。それまでは都内のアパレル系の会社で13年間、勤務していました。

地元の親友の紹介で入ったのがきっかけですが、最初はお店での販売を4年間、その後は本社に移って9年ほど続けてきました。

社長が業界ではカリスマ的存在の人で、とても尊敬してましたね。社長が「これやろう」っていうプロジェクトがいつも、刺激的で魅力があって。それに携われるのが楽しかったです。
そういうこともあって、仕事にはとても意欲的に取り組めていました。
その間、子供も二人生まれて。軸足は家族に向けつつ…でしたが、仕事もやりがいがすごくあって。

最初の4年間の販売のときは、とても忙しかったです。平日でも200~300人くらい来店して。楽しむ余裕は殆どないくらいでした。ですが、その間に店長も経験できたりと、経験値をすごく積むことが出来ましたし、いまだに、仕事で何かあったときの「判断基準」の取り方はこのときに形成されたと思っています

その後は本社に移って営業になります。そして親友が推薦してたこともあり、EC事業部を立ち上げる際のメンバーにも選ばれたのです。
とにかく、面白かった。社内の誰もまだ知らない領域だったので、「とにかく試そう、やってみよう」という想いを持っていたので、非常に刺激敵でしたね。

大変だったけど、その沢山のチャレンジの中でいくつかがハマって。そしたら、売り上げもどんどん上がって。本当に良い経験ができたなあと実感しています





2転職のきっかけ

海外の企業に買収され、チャレンジングな風土が消えてきて。

イメージ図:海外の企業に買収され、チャレンジングな風土が消えてきて

会社が変わり始めたのは、海外の企業に買収されて、社長が変わってから──ですね。

M&Aは当時の会社の状況から見ても現実的で、今のマーケティングに沿った考え方でした。ですが、そのタイミングで人がバッと辞めていってしまったのです。おそらく、前の社長だからこそ付いてきているという人が多かったんだろうと思います。もちろん、私もその一人でした。

更に、会社の方針も一気に変わりました。セールスの戦略も結構強引な手法になって。例えて言うなら、「お客さんを前提としない売り方」というか。一気につまらなくなりましたね。またこの会社はモノを創る上ではプロでしたが、マーケティングに関しては弱みだったと思います。だからなおさら苦労しました。

また、新しい役員たちには「新規の取り組み」がほぼ通らなかったですね。珍しく通っても、1~2ヶ月経って効果が見えなければ即停止、みたいな。前は「まずチャレンジしよう」っていう風土だったのに。──それで私も、

俺もそろそろ、辞め時かもしれない・・・

と思うようになりました。

それに私自身も、「このままじゃマズイ」と思っていました。新しい役員たちは、社内のスタッフにもプレゼン力を求めてきてて。私はそのとき、プレゼン能力もなかったし、資料も作れなかったし、人前で話すことも得意ではありませんでした。

とにかく、自分自身の成長のためにも、もっとたくさん経験出来て、チャレンジ出来る職場に行こうと思い、転職を考え始めたのです。





3転職中

アパレル専門の転職エージェントを利用。

イメージ図:アパレル専門の転職エージェントを利用

活動期間は3ヶ月くらいですね。比較的順調にいきました。

転職エージェントは3社活用しました。最初はリクルートエージェントに登録。その後、アパレル専門のエージェントA社と、あともう一つはクリエイター専門のエージェントB社に。

リクルートエージェントは、担当の転職エージェントがせっかちで、途中で利用を辞めてしまいました。担当者との相性はあるのかもしれませんが、当時は悠長に選んでいる暇がなかったので他のエージェントに切り替えることに。

また別の友人からも、そこで働かないかと誘われていました。ただ転職エージェントA社経由の求人も、志望度が高い企業の選考が進んでいる状況で。結局、エージェントに紹介していただいたアパレル企業のWebマーケティング担当として働くことになりました。

A社の良かったところは、給料交渉してくれたことです。後で知ったのですが、担当の転職エージェントと求人企業の人事部長が友達だったみたいで。やっぱり転職エージェントの人脈は重要なんだなと実感しました。





4転職後

入社早々の歓迎会で「社長がパワハラ気質」と聞かされ。

イメージ図:入社早々の歓迎会で「社長がパワハラ気質」と聞かされ

転職後は、かなり大変でした。

転職先は前職と同じくアパレル系だったのですが、前職はメンズブランドで、今回はレディスブランド。当然、スタッフは女性ばかりです。

入って初日に歓迎ランチしてくれたのですが、なんと私一人と、女性10人で。そんな初めてのランチのときに、女性社員みんなが私の前任者の悪口で盛り上がり始めたのです。
更には、一人の方が、

同僚の
女子社員

社長とどんだけうまくやれるかが、この会社でうまくやれる一番のコツだから(笑)

と言ってきて。社長は少しパワハラ気質なところがあるらしく。また柄も悪く、たびたび怒鳴る感じの人でした。そんな話から「もしかしたら前任者の方もそのせいで…。」と思い、「前任者はなんで辞めたんですか?」と聞いきました。 すると、「うつ病で休職中です」と聞いて、これは覚悟しなければいけないと思いました。

かつ、私には部下がすでに5~6人いました。彼女らに成果を出してもらうためにもしっかりと指導しなくてはいけません。知らなかったりわからなかったりすると、チーフとして指揮を執れないので。だから、勉強はすごくしました。とりあえず、自分で調べられることはちゃんと調べようと。

転職は今回が初めてでしたが、やっぱり転職中よりも、入ってからが大変だなと実感しました。





5転職を振り返って

マーケティングは大事だが、アパレルの本質は「コンテンツ(商品)」。

イメージ図:マーケティングは大事。でも、アパレルの根本は「コンテンツ(商品)への想い」

いままでの職場は、言ってしまえば「カンと度胸とどんぶり勘定」。この業界ではよく、頭文字を取って「KDD」とい表現します。おそらく業界外の人であれば、一度は聞いたことあるはずです。

でも新しい職場は「合理思考で何事もロジカルに考えること」を大事にしているので、今はそういった考え方もできるように学んでいる途中です。

入社後からECを担当していて、Webの奥深さも学びました。ターゲティング、プロモーション、コンバージョン、CPAなど、マーケティングの知識も段々と増やしています。
ボードメンバーと一緒に資料を作る機会も持てて。大変でしたが、自然とプレゼン能力も上がりました。

残念に思えることは、今の会社はマーケティングはとてもしっかりしているけれど、コンテンツ(商品)への想いがそれ程強くないこと。

アパレルは、コンテンツ(商品)が命です。いくらマーケティングが優れていても、コンテンツが半端なものでは売れません。前職では、コンテンツは少なかったけど、それこそ魂の籠った、中身のある商品を作っていました。

今の会社は、Web上で1つのコンテンツを紹介することで、他の商品も関連付けてPRできます。顧客へのリーチも広がるし、いろんなニーズに応えられるので、売り方がうまいです。
──でも中身があるかというと、正直言って、あまりない。

もちろん、中身がないものをマーケットに拡散して売ることは出来るけど、「それが本質なのか?」と、私自身は疑問を持っています。

結局は老舗ブランドには敵わないところがあって。老舗ブランドにはコアなファン層がいます。twitterのフォロワーの質も、全然違う。マーケティングのうまいアパレルブランドがどんなに宣伝したとしても、老舗ブランドのコアファンが書いてくれる、魂の籠った口コミには、やっぱり敵わない。


そんな状況の中で今考えているのは、「前職のブランド系企業に戻ってもう一度チャレンジしたい」ということ。
ここで得た知識を、古巣で活かしてみたい。当時やろうとしてできなくて、悔しい思いをしたので。見返してやりたいっていう気持ちもありますね。

とはいえ当面は、今の職場で頑張る必要があります。アパレル業界も淘汰が始まってきてるし、大きな変化もすでに出はじめてきています。自分のの能力を将来的に古巣に活かすためにも、粛々と準備していきたいですね。




レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー