『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:新型コロナの影響を受けての転職と、そこで得た気づき。


19

転職前

BEFORE
職業
ITサービス
職種
ネットワークエンジニア
従業員規模
約50名
年収
400万円
会社名

転職後

AFTER
職業
ITサービス
職種
ネットワークエンジニア
従業員規模
約80名
年収
450万円
会社名

目次

ぷんしゅさんの転職ストーリー

1これまでの私

ネットワークの知識とスキルを極めて行こう

転職前はネットワークエンジニアとして、サーバやネットワーク監視業務を行っていました。

システム正常な状態が保たれているのかを日々確認し、トラブルが起きた時は「迅速な復旧」が求められ、たまにトラブルが続いて忙しくなるときもあります。

一方で、サーバ・ネットワークに関わる知識・経験を積んでいけているという実感もあって、当時はよく──、

「ネットワークの知識とスキルを極めて行こう」

そんなことを考えていたりしたものです。

もちろん今も技術を高めようという意識はありますが、なんというか、転職を経て「(大切なのは)技術だけじゃないな」という感覚を持つようになって。


家族構成は妻との2人暮らしです。

休みの日はのんびりと動画を視聴したり、テレビを通じてスポーツ観戦するのが趣味です──これは、当時も今も変わらずですね。
またお酒を飲みのが好きなので、仕事が終わった後の晩酌をいつも楽しみにしています。





2転職のきっかけ

新型コロナウイルス感染拡大の影響が、うちの会社にもやってきた。

とにかく、ネットワークエンジニアとしてのスキルを高めていけば、自ずと道は開けるだろう、──そう思っていました。

ですので、前々から所属していた会社の経営が危ないことは知っていましたが、あまり自分事とは捉えておらず「まあ、なんとかなるだろう」くらいにしか感じていませんでした。


ところが、2020年になって新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大して、ただでさえ減少していた案件が更に減ってしまったのです。

いつしか、任される担当案件もほとんどなくなってしまい、時間を持て余すような日が続くようになりました。

「さすがにこのままだと、会社はもうヤバいんじゃないだろうか」と思っていた矢先、上長に呼ばれて。

上司

「残念ながら、これ以上雇うことができない」

上長からはそう言われました。つまり、事実上解雇の処分を受けたということです。


2020年6月中旬のことでした。





3転職活動中

転職活動をしなくてはいけないのに、なかなかその気になれない。

退職して、まず不安に感じたのが、

(コロナ禍の今、果たして転職できるのだろうか…)

ということでした。
景気の問題──というよりは、私のメンタル的な問題が大きかったように感じます。


世の中は新型コロナウイルスによる感染者がまた増え始めていた時期で、常に暗い不安なムードが漂っていて。
更に私に至っては、そこにリストラという事態が加わったのです。

一日も早く次の職場を見つけなくてはならないのに、どうしても気持ちが落ち込んで。
なかなか活動しようという気になれませんでした。

きっと、私と同じような境遇になった人もたくさんいたことでしょう。



そんなとき、以前から交流がある専門学校の友人から、

友人

「うちの会社に来ないか?」

と、友人が在籍している会社を勧めてきてくれたのです。


その会社はネットワーク監視やサーバ構築の他にシステム運用なども行っており、前々から強い興味を持っていた会社でした。

まさに「地獄に仏」に出会った気持ちでしたね。
友人には「ぜひ行きたい」と言って、転職の手続きを確認してもらいました。


大変だったのは、履歴書や職務経歴書の作成、そして採用面接です。
…いや、転職活動では当たり前のことなんですが、「友人から誘ってもらった」ということもあって、そのあたりは軽く流す程度かなと期待していたのです。

まあそんなことはなく、他の応募者同様、選考プロセスはしっかり踏んでいくということでした。


ただ、そこでも友人が色々とフォローをしてくれて。

例えば、履歴書や職務経歴書については、内容に問題ないか友人がチェックしてくれて、更には面接対策も予行演習をしてくれたのです。

実際に面接官として対応する人の性格や特徴なども分かりやすく教えてくれたので、本番でも非常にスムーズに進めることが出来ました。


結果、約2週間で速やかに内定を獲得することができ、7月頭から働けることとなりました。

友人には本当に、感謝しかありません。





4転職後

転職後の新しい環境で、待ち受けていた状況は。

新しい職場に通い始めて、まず苦労したのが「同僚の社員への挨拶」でした。

どういうことかというと、コロナ禍の影響で社員のほとんどはリモート勤務だったんですよね。

ですので、在宅で勤務している社員には、Webミーティング形式で挨拶しなければなりません。
何度もディスプレイ越しに入社の挨拶をしているうちに慣れてきましたが、はじめのうちはぎこちなくて大変でした。


また、新しい会社では、以前の会社にはなかったシステム運用ツールが多く、それらの使用把握や操作を覚えるのにもかなり苦労しています。


良かった点は、会社を紹介してくれた友人と同じ部署に配属されたことですね。

わからないことはいつも友人が教えてくれて、業務サポートまでしてくれて、とても助かっています。


ですが、転職でもかなり世話になったので、いつまでも頼りっきりでは良くないでしょう。
1日でも早く独り立ちできるようにしようと、気合を入れて頑張っています。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

新型コロナウイルスの影響は、飲食店やサービス業だけではなく、IT企業にも大きな影響を及ぼしています。

2020年の2~3月くらいの頃は、「自分の業界は、まあ大丈夫だろう」と勝手ながらに思っていました。
です実際は、そんな甘いものではなかった。

私の周囲の人達にも、大幅減給や解雇などされたという話を何度となく聴きました。


私は運よく友人に会社を紹介してもらえましたが、もしそれがなければ今頃もまだ無職・無収入で悩んでいたことでしょう。

職を得るうえで知識やスキルはとても大切ですが、「人間関係」はそれ以上に大切だろう──今回の転職は、私にそう感じさせました。


◇ ◇ ◇


新しい職場で、これから先の人生どうしていくか──、まだそんな大層な目標は立てられていないのですが、まずは私を雇ってくれた会社に対し、どんな形でもいいので貢献したいと考えています。

そして貴重な人材として成長できるように、とにかく一生懸命仕事をしていたいですね。


スキル面で言うと、ネットワークやサーバ関連は自信があるのですが、システム運用に関する知識・経験はまだ乏しいので、応用情報技術者試験やそれ以上の資格を取得しようかと検討しています。

でも、会社を成長していく為には、知識や技術だけではありませんよね。
並行して、コミュニケーション能力や管理職として必要な能力も高めていこうと考えています。


やりたいことはいくつもあります。
まずは仕事に慣れることを最優先に、目先の仕事を一つ一つ丁寧に、一方で未来への挑戦をしっかりできるように、精力的に活動していこうと思っています。



ITエンジニアで転職をお考えの方に、おすすめの転職サービス

1位レバテックキャリア

レバテックキャリア
IT・Web系のエンジニア経験者に特化した転職支援サービス! 業界最大級の非公開求人数と、業界情報や技術に精通したキャリアコンサルタントが、転職者に対して、キャリア相談から企業のご提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。

2位WORKPORT(ワークポート)

WORKPORT(ワークポート)
「WORKPORT」は、IT・インターネット業界をはじめ、様々なジャンルの転職サービスを提供している総合人材転職エージェントサービスです。
「ひとつでも多くの可能性を追求できる、専門性の高い転職支援サービスを提供する」というポリシーを掲げ、書類の添削から面接サポート、年収交渉までトータルでサポートしてくれる、心強い転職サービスです。

3位マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT
マイナビIT AGENT」は、国内有数の転職サービス「マイナビ」が、IT・Web業界の転職にターゲットを絞った転職エージェント。

数多くの独占求人非公開求人を掲げ、登録からアフターフォローまで一貫した手厚いサポートが人気です。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー