『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』

『みんなの転職「体験談」。』は、20~50代社会人男女の、 「転職したいけれど、迷いや不安で行動を踏み出せない」を 解決し、
より良い将来を目指した一歩を踏み出していける為の、 生々しい体験談情報やナレッジを提供するWebサービスです。

MENU

転職体験談:営業への自信をなくし事務職へ転職。しかし、前職での経験も無駄じゃなかったと気づく。

転職前

BEFORE
職業
ブライダルプランナー
職種
営業
従業員規模
80人
年収
250万円
会社名

転職後

AFTER
職業
事務職
職種
サービス業
従業員規模
5人
年収
150万円
会社名

目次

みっちさんの転職ストーリー

1これまでの私

転職まではブライダルプランナー。

転職前、私はブライダルプランナーの仕事をしていました。

お客様のご希望を正確に汲み取り、できるだけお客様の理想に近いかたちで式を執り行えるよう手配するのが私の仕事でした。

式を控えた夫婦は皆輝きを放っていて、その笑顔を守るためにも、決して不具合があってはならないと自分を律し、業務にあたっていました。

子供の頃から決められたルールに則り、つましく生きてきた私には、ブライダルプランナーの仕事は性に合っていたと思います。

学生の頃は一人暮らしをしていましたが、実家で両親と同居していた姉の結婚に伴い、私が入れ替わるかたちで実家暮らしを始めました。

こんな仕事をしていながらも、私自身は独身でした。

休日は同じく独身仲間たちを誘って気ままにドライブをするのが楽しみでした。





2転職のきっかけ

忙しさの中で失った「祝福の言葉」。

6月は「ジューン・ブライド」という言葉があるように、一年の中でも特に式の予約が多く、とても忙しくなります。

その年も例外ではなく、次から次へと訪れる夫婦たちへの営業活動を続けていくうちに、きっと気が緩んだ瞬間があったのかもしれません。

後になって、「ご結婚おめでとうございます」という言葉を言い忘れていたことに気づきました。

忙しさと疲れから、表情も明るくなかったと思います。
人生に一度の晴れの舞台を、そのような人間に任せるのは心許ないと思います。

案の定、支配人を通じて「お客様から担当替えを希望するご連絡がありました」と報告がありました。

支配人に相談し、仕事の持ち回りを減らしてもらえるよう交渉しました。
このままでは、義務的な態度でお客様と接し続けてしまうだろう自分を恐れてのことでした。

しかし、結果として私はその日からうまく笑えなくなった。

「この仕事って、私がここで働く意味って何だろう?」と考えるうちに、自然と気持ちが「転職」へと傾いていったのでした。



3転職活動中

接客を離れ、一人でできる静かな仕事を探す。

私が転職活動を始めたのは4月の初旬でした。
新入社員が入社し、企業は育成・研修に力を入れている時期です。

そんな中での転職活動は、はっきり言ってタイミングが悪かったです。
求人を探しても、目ぼしい企業はほとんど採用活動を行っていませんでしたから。

年齢も30を越え、特別な資格を有しているわけでもない私は、とりあえず藁にもすがる思いでハローワークへと通い詰めました。

できれば接客業よりは、デスクワークなど一人で作業がこなせる仕事に就きたいと思ったのです。

けれどデスクワーク、中でも事務職は人気の仕事らしく、募集が始まってもすぐに人が集まってしまうとのこと。

担当者

「まずは未経験として、アルバイトから始めてみてはいかがでしょう?」

ハローワークの職員さんの言葉に従い、私はあるイベント会社の事務職アルバイトの求人に応募しました。





4転職後

新しい職場で、待ち受けていた状況は。

満を持しての内定だったものの、本当に右も左も分からないような状態で、はたして私に業務がこなせるのだろうかと不安でした。

幸い、はじめのうちは簡単なデータ入力や電話対応が主だったので、すぐに慣れることはできました。

ただし、イベントは大抵休日を狙って開催されることが多く、休みが不規則になってしまったのは少し残念なところ。

友人たちは大抵土日休みの仕事をしているので、以前のように気軽に会うことが難しくなってしまいました。

イベント当日は社員総出で手伝いに回ることも多く、大型トラックに荷物を積み込んだり、会場設営に駆り出されたりと、体力面でもなかなかハードな仕事でした。



5その後、どうなったか。

転職を振り返って、今思うこと。これから、目指したいこと。

接客・営業として働くことの意義を見出せなくなっての転職でしたが、こうして思うのは、私はやはり「人と話す」ことが好きなんだなということ。

事務所で淡々と作業をこなすのも、それはそれで気持ち穏やかに仕事ができていいものです。

しかしそれ以上に、クライアントとの打ち合わせや、イベントスタッフとして来場していただいたお客様と接したりする方が、はるかに胸が躍ります。

会社の方にも、「事務より営業の方が向いてるんじゃない?」なんてよく言われます。
一時期は暗く塞ぎがちだったのですが、前職での経験が確かに糧になっていることを思うと、悩んでいたあの時期も決して無駄じゃなかったなと思えます。



◇ ◇ ◇



今は、サポート業務がほとんどですが、今後は自分でイベントを企画してみたいと思っています。

昔は見えなかった地元の良いところをたくさん発見できるようになってきました。

地元は今、少子高齢化や地域の魅力不足などの問題があるので、それを解決するために地元の良いところをアピールできるようなイベントの開催を企画したいです。

今のイベント会社は小さい事務所ですが、横のつながりが太いので、たくさんの人脈が広がりつつあります。

また、県外のイベントなどにも勉強のために足を運んでみようと思います。

老若男女が集えて楽しめるイベントを企画し、他県からも注目される地元を作り上げていきたいです。





女性で転職をお考えの方に、お薦めの転職サービス

1位マイナビエージェント

マイナビエージェント
全国約60か所にわたる拠点ネットワークで、地方でも転職者とのOne to Oneのコミュニケーションが可能!

転職エージェントのきめ細やかなサポート」で定評の、満足度も抜群に高い転職エージェントサービスです。

2位doda(デューダ)

doda(デューダ)
全国対応、かつ国内トップレベルの膨大な求人数!

すべての業種・職種を網羅した求人情報だけでなく、キャリアアドバイザーの良質なサポートで、転職成功者の実績・評判が共に高い、初めに登録しておきたい鉄板の転職サービスです。

3位type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
女性の活躍をサポートすることに特化したサービス! キャリアアドバイザーは女性が中心サービス・販売系の職種を中心に、女性が活躍しやすい職種や業種の求人を多数保有。女性ならではの視点でのカウンセリングは、多くの方から好評です。
レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

レビューの平均:  
 0 レビュー